サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第16戦無線レビュー(2)】「もしこのペースでいけたら何位だ?」首位の座を守り切ろうとしたルクレール

ここから本文です

 2021年F1第16戦トルコGPの決勝レース。中盤には各車タイヤ交換を行ったが、シャルル・ルクレールやルイス・ハミルトンはステイアウトを選択した。他車のピットインにより首位に立ったルクレールは、なんとかその座を守り切ろうとするが、背後にはバルテリ・ボッタスらが迫っていた。トルコGP後半を無線とともに振り返る。

────────────────────

【F1第16戦無線レビュー(1)】「ミディアムで行こう!」タイヤ交換時にギャンブルに出たベッテル

マックス・フェルスタッペン:最終区間でかなり手こずってる!

 タイヤのタレに苦しんだ2番手フェルスタッペンは、首位バルテリ・ボッタス(メルセデス)との差が5秒8まで広がり、36周目にピットイン。

おすすめのニュース

サイトトップへ