現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】

ここから本文です
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
写真を全て見る(8枚)

若者に響くサービスを模索中、新サービスの反応に期待!

──前編では、Z世代の若者がクルマを欲しいと思っていることや、運転が好きだという意外な調査結果を紹介しました。また、それなのにクルマを所有しないのは、主に経済的な理由によるものだということがわかりました。
後編となる今回は、興味や関心のある若者が、どうしたらクルマに近づいてもらえるのかを考えたいと思います。KINTOの利用者の約4割が20歳代、30歳代の若い世代だとうかがっています。これまでの施策で、若者に響いた企画があればお聞かせください。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

タイヤ・ホイールはもはや「ネットショップ」で買う時代? 取り付けも心配しなくていいワケ
タイヤ・ホイールはもはや「ネットショップ」で買う時代? 取り付けも心配しなくていいワケ
Merkmal
『イタリア発 大矢アキオ ロレンツォの今日もクルマでアンディアーモ!』第48回── ITASHA(痛車)は僕の人生を変えた! イタリア版クラブのメンバーに聞く
『イタリア発 大矢アキオ ロレンツォの今日もクルマでアンディアーモ!』第48回── ITASHA(痛車)は僕の人生を変えた! イタリア版クラブのメンバーに聞く
くるくら
『イタリア発 大矢アキオ ロレンツォの今日もクルマでアンディアーモ!』第48回── ITASHA(痛車)は僕の人生を変えた! イタリア版クラブのメンバーに聞く
『イタリア発 大矢アキオ ロレンツォの今日もクルマでアンディアーモ!』第48回── ITASHA(痛車)は僕の人生を変えた! イタリア版クラブのメンバーに聞く
くるくら
中古車販売店で売れている⾞のエンジンタイプ、「ガソリン⾞」が7割、「HV」が2割、「EV」は?
中古車販売店で売れている⾞のエンジンタイプ、「ガソリン⾞」が7割、「HV」が2割、「EV」は?
@DIME
なぜ「N-BOX」は日本で一番売れるのか? 新型「N-BOXカスタム」をロングドライブして分かったこと。
なぜ「N-BOX」は日本で一番売れるのか? 新型「N-BOXカスタム」をロングドライブして分かったこと。
くるくら
WHILLがディーラーと連携し新移動習慣を提案「遠くはクルマ、近場はウィル」
WHILLがディーラーと連携し新移動習慣を提案「遠くはクルマ、近場はウィル」
レスポンス
おいおい、もはや「ライドシェア」じゃないだろ!! せっかく解禁でもタクシー会社管理? 超微妙なライドシェア解禁のなぜ
おいおい、もはや「ライドシェア」じゃないだろ!! せっかく解禁でもタクシー会社管理? 超微妙なライドシェア解禁のなぜ
ベストカーWeb
スイフトはマジで運転しやすい!! 広さで選ぶならフィットもアリ! 若者におすすめしたいクルマ6選
スイフトはマジで運転しやすい!! 広さで選ぶならフィットもアリ! 若者におすすめしたいクルマ6選
ベストカーWeb
単に価格勝負で日本市場を狙っていない! BYDの侮れないブランド戦略とは
単に価格勝負で日本市場を狙っていない! BYDの侮れないブランド戦略とは
WEB CARTOP
普通じゃない電気自動車モデル3。テスラは刺激的だ!【工藤貴宏】
普通じゃない電気自動車モデル3。テスラは刺激的だ!【工藤貴宏】
グーネット
利用者の満足度が高い中古車販売店ランキング、3位アップル、2位TAX、1位は?
利用者の満足度が高い中古車販売店ランキング、3位アップル、2位TAX、1位は?
@DIME
登場4年目のトヨタ「高級SUV」なぜ人気? 「ハリアー」が400万円超の“高価格車”でもっとも売れる理由とは
登場4年目のトヨタ「高級SUV」なぜ人気? 「ハリアー」が400万円超の“高価格車”でもっとも売れる理由とは
くるまのニュース
いま新車の「値引き」はかなり厳しい! それでも好条件を引き出すには「駆け引き」よりも「正直さ」が有効だった
いま新車の「値引き」はかなり厳しい! それでも好条件を引き出すには「駆け引き」よりも「正直さ」が有効だった
WEB CARTOP
[実践! 初めてのカーオーディオ]オンライン化を実行してドライブをもっと楽しく快適に♪
[実践! 初めてのカーオーディオ]オンライン化を実行してドライブをもっと楽しく快適に♪
レスポンス
【イベント】BYDのEVの魅力に触れる「ありかも、BYD Park!」を2024年4月15日まで原宿で開催
【イベント】BYDのEVの魅力に触れる「ありかも、BYD Park!」を2024年4月15日まで原宿で開催
Webモーターマガジン
DISCOVERY JAPAN
DISCOVERY JAPAN
グーネット
人気中古車実車レビュー【MINIクロスオーバー】“MINI経験者”竹岡圭のPHEV評は!?
人気中古車実車レビュー【MINIクロスオーバー】“MINI経験者”竹岡圭のPHEV評は!?
グーネット
関根勤&麻里親子もユーザー! 近距離モビリティの電動スクーター扱う「WHILL」が全国の自動車ディーラーと横断連携を開始
関根勤&麻里親子もユーザー! 近距離モビリティの電動スクーター扱う「WHILL」が全国の自動車ディーラーと横断連携を開始
ベストカーWeb

みんなのコメント

23件
  • ハゲ
    Z世代とか馬鹿みたいな括りで分類する風潮辞めたら?
    タイトルから結果までの文章も、ダラダラ長過ぎて非常に分かりづらい内容だった。
    結果が1位ベンツ、2位レクサス、3位アルファードって何でアルファードだけ名称なんだよ。
    トヨタにしろや。
  • ハンセン
    今の若者は、ベンツも三菱も区別つかんのでは?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

460.0576.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

538.0628.1万円

中古車を検索
LBXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

460.0576.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

538.0628.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村