サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェラーリがF1開幕戦用のカラーリングを急遽変更、その訳は?【モータースポーツ】

ここから本文です

フェラーリがF1開幕戦用のカラーリングを急遽変更、その訳は?【モータースポーツ】

2019年3月12日、スクーデリア・フェラーリが2019年F1開幕戦オーストラリアGPで使用するマシンカラーリングを発表した。新しいマシンデザインはチーム創設90周年を記念したロゴが入ったものになっている。

チーム創設90周年を記念した「90 years」のロゴをデザイン
F1開幕戦オーストラリアGPが始まる直前になって、スクーデリア・フェラーリがマシンカラーリングを変更することが明らかになった。

すべてのクルマが運転できる。フルビット免許とフル免許って、いったい何だ!【くるま問答】

プレシーズンテストで走っていたフェラーリのマシンには、メインスポンサーであるフィリップモリス・インターナショナル)のプロジェクト名「Mission Winnow(ミッション・ウィノウ)」のロゴが入っていたが、開幕戦オーストラリアGPで使うマシンにはそのロゴの代わりにチーム創設90周年を記念した「90 years」の文字が入る。

これはフィリップモリスの「ミッション・ウィノウ プロジェクト」のロゴをマシンに入れることが、たばこ広告を禁止する規制に抵触する恐れがあるとの指摘を受けたためで、チーム名からも「ミッション・ウィノウ」を外し、オーストラリアGPではレーシングスーツからもロゴを削除することになった。

次戦第2戦バーレーンGP以降のマシンカラーリングについては未定とのことだ。

スクーデリア・フェラーリは1929年11月16日に設立され、アルファロメオのレーシングカーでレース活動をスタート、その後1947年から自社製のクルマで参戦、F1グランプリだけでなく、ル・マン24時間、デイトナ、WECなどで数多くの勝利を獲得し、今年で90周年を迎える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します