現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ミュンヘン、ザルツブルク、ウィーン。音楽の聖地はクルマで行っても楽しい!

ここから本文です

ミュンヘン、ザルツブルク、ウィーン。音楽の聖地はクルマで行っても楽しい!

掲載
ミュンヘン、ザルツブルク、ウィーン。音楽の聖地はクルマで行っても楽しい!

「好きなクルマで行く妄想の旅!」(3) BMW 8クーペで音楽の聖地を巡る!


岡崎宏司の「クルマ備忘録」連載 第212回

青学中等部の美人同級生は毎日、黒いアメリカ車で送迎されていた


今回は、ミュンヘンを出て、ザルツブルクに寄り、ウィーンを目指すプログラムにする。

、、、といったら、音楽好きからはすぐ、「いいね!」「サイコーだね!」「行きたい!」といった反応が返ってくるはず。

そう、この3都市はいずれも、世界の音楽ファンたちから「音楽都市」として愛され、憧れられている。

ミュンヘンはバイエルン国立歌劇場、ザルツブルクは祝祭大劇場、ウィーンは国立歌劇場と楽友協会ホールが知られるが、いずれも音楽ファンにとっては聖地だ。

僕は幸い、このすべてで、コンサートを聴くかオペラを観劇しているが、いずれも、素晴らしく印象的な時を過ごした。

バイエルン国立歌劇場は、市の中心部に近い立地で、僕の定宿にしているホテル、「バイエリッシャー ホフ」からも歩いていける。

その途中には、いいカフェもレストランもある。なので、夜の公演なら、行く前に食事をして、帰りにカフェで余韻を楽しむ、、といった心地よいスケジュールも容易に組める。


歌劇場からバイエリッシャー ホフまで、、ゆっくり歩いて15~20分ほどの道程にも、音楽の余韻を壊すものはない。なので、真っ直ぐホテルに帰り、バー(夏はテラスで、冬は暖炉の近くで)で余韻を味わうのもいい。

さて、音楽の聖地を巡る旅には、どんなクルマがいいのだろうか。いろいろ考えた末の答えは「BMW 840i クーペ」。

スマートな容姿、上質な空間、精緻な音 / 走り味 / 乗り味で包み込んでくれるBMW 840i クーペ、、、音楽の聖地を巡る旅にはうってつけの友だと思う。

ボディカラーはシックでありながら華やかさもあるブルーグレー。インテリアはアイボリーホワイトのレザーを選んだ。

格式ある場所でのコンサートやオペラの観賞には、それなりの心構えやマナーが必要だが、それは強制されるものではない。

最近は服装にしてもカジュアル化が進み、よほどマナーに反したものでない限りは、入場を断られることもなくなった。

でも、、素晴らしい劇場で、素晴らしいコンサートを聴き、オペラを観劇するのであれば、それなりの身繕いで臨みたい。その方が気分は昂まるし、より楽しめもするからだ。

スーツはダーク系でシャツは白か薄いブルー。でも、堅苦しくはしたくないので、軽快感のあるデザイン、素材、色味を選びたい。

シャツの襟はセミワイド、タイも明るめの無地かシンプルな色柄がいい。

旅はできるだけ荷物を減らしたい。なので、靴は一足ですべてがカバーできるオールマイティなものを選ぶ。


僕は、「とにかく楽!」な、コールハーンのゼログラウンドシリーズ、、茶系のウィングチップを旅の友にしている。

ソールは合成ラバーだが、ダークブラウン系辺りなら、コンサートやディナーの場で求められるマナーは十分クリアできる。

それに茶系のウィングチップなら、ジーンズとの相性もいい。これも選ぶ理由だ。

旅の時期だが、できれば「ザルツブルク音楽祭」に合わせた7月中旬から8月下旬にしたい。世界でももっとも、質、格式の高い音楽祭だけに、一度は観ておきたい。

僕は家内と共に、祝祭劇場大ホールでワレリー ゲルギエフとウィーン フィルの共演を観、聴いたが、最高の思い出になった。

世界中から音楽ファンが集まる音楽祭期間中のザルツブルク、、なんとも言えない明るく華やかな賑わいの中に身を置くことも、一生の思い出になるはずだ。

その時に泊まったホテルは、映画「サウンドオブミュージック」のロケ地になった「ホテル シュロス レオポルドスクロン」。

湖畔に建つホテルの佇まいは、まさに美しくエレガント。その物語性も含めて、選ぶ価値は大いにありだ。

ザルツブルク音楽祭の話が先行してしまったが、旅のスタートの地、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場に話を戻そう。

1653年に設立された歌劇場は荘厳な佇まいをもち、大きな平土間と5階層のバルコニー席をもつ。さほど煌びやかではないものの、巨大な抱擁感には圧倒されるものがある。

バイエルン国立歌劇場には、家内と共に3度訪れているが、2度がコンサートで、1度がバレエ公演。大いに楽しみ、素晴らしい時を過ごした。


バイエルン国立歌劇場での時間を楽しみ、ミュンヘンを楽しんだら、翌朝はウィーンに向けて出発だ。

最初の目的地であるザルツブルクまでは、寄り道しなければ1時間半ほどで着く。

でも、少し寄り道すれば美しい湖にいくつも出会う。なので、ボートで湖を楽しんだり、湖の畔でランチを楽しんだりしないのはもったいない。

ミュンヘンからオーストリア国境に向かうアウトバーンは快適。3車線で見通しもいいし交通量も多くない。飛ばそうと思えば、かなり飛ばせる。

ミュンヘンをベースにした個人的試乗で、最高速にトライするのは、大抵このルートだ。BMW 840i クーペなら、180~200km/hのクルージングが心地よく楽しめる。

340ps / 500Nm +8速ATの走りは、速さと強さと優しさをバランスよく併せ持ったもので、長距離の旅にも相性の良い選択だ。

パワートレインはドライバーの意思に忠実だし、フットワークはしなやかにしっかりコントロールされ、上質で心地よい。そして、望めばかなりの熱さで寄り添ってもくれる。

ザルツブルクにはすでに触れたので、ここからはウィーンの話に移ろう。

ミュンヘンからザルツブルクは1時間半ほどのドライブで着くが、ザルツブルクからウィーンまでは3時間ほど。

一気に走り切ってしまってもいいが、途中で一泊するのもいい。

オーストリアの田舎や山間部には、清潔で寛げる小さなホテルがあちこちにある。こんなところに泊まるのも、旅の思い出の厚みを増してくれる。僕の経験から言えば、「家族経営の小さな宿」がおすすめだ。


オーストリアのアウトバーンは有料。10日間用ステッカーが9.6ユーロ。サービスエリア等で買って、前窓上部中央か、外から見て左上部に貼る。罰金はけっこう高くつくので、これは忘れないように、、。

ウィーンはインペリアル ホテルに泊まる。その佇まいとインテリアは、まさに宮殿のよう。街の喧騒から離れた立地もいいし、楽友協会に来る人たちの多くが宿泊するので、コンサートの前後もいい雰囲気に包まれる。

ホテルに併設されたカフェ インペリアルもいい。僕は、ここで、ランチタイム、ティータイムを過ごすのが好きだ。

国立歌劇場も楽友協会もいいが、どちらか一つを、となったら、僕は楽友協会を選ぶ。独特の華麗な世界観は「他にとって代われるものはない」ほどの魅力を僕は感じるからだ。

楽友協会のコンサートを楽しんだら、その夜もインペリアル泊。さらに余韻を楽しむ。

そして、翌日はホテル ザッハーに移動。繁華街、ケルントナー通りの中程という絶好の位置にある華やかなホテルだ。有名な「ザッハー トルテ」の生みの親でもある。

ケルントナー通りは有名店が軒を連ねる通りで、歩行者天国。突き当たりの広場にはシュテファン大寺院がある。カフェも、レストランも、屋台も、、お好み次第。ミュージシャンの路上パフォーマンスも楽しめる。

2019年12月以来海外には出ていないが、コロナが完全に収まったら、今年のクリスマスはウィーンで過ごすつもりだ。

ミュンヘンまでの帰路は、アウトバーンで450kmほど。840 i クーペを思い切り楽しめばいい。途中でコーヒーストップを1回入れるだけで楽勝だ。

ミュンヘンでは、BMW ミュージアムとアウディ ミュージアムの見学も外せない。アウディ ミュージアムのあるインゴルシュタットまでは約80km 。1時間ほどで着く。

最後のディナーは、バイエリッシャー ホフのレストラン、「アトリエ」がいいと思う。

ミシュランの二つ星を獲得しているレストランだが、「BMW 840i クーペで音楽の聖地を巡る旅」の締めくくりに相応しい、アートライクなレストランでもあるからだ。


● 岡崎宏司 / 自動車ジャーナリスト


1940年生まれ。本名は「ひろし」だが、ペンネームは「こうじ」と読む。青山学院大学を経て、日本大学芸術学部放送学科卒業。放送作家を志すも好きな自動車から離れられず自動車ジャーナリストに。メーカーの車両開発やデザイン等のアドバイザー、省庁の各種委員を歴任。自動車ジャーナリストの岡崎五朗氏は長男。

こちらの記事も如何ですか?

● BMW Z8はスティーブ・ジョブズも愛したエロティックなスポーツカーだった
● 即決で購入した名車BMW R50Sに驚きの事件が!?
● BMWが認めたアルピナという奇蹟

こんな記事も読まれています

インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
AUTOSPORT web
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
くるまのニュース
日産 2030年までに低CO2アルミに置き換え
日産 2030年までに低CO2アルミに置き換え
Auto Prove
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
レスポンス
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
motorsport.com 日本版
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
くるまのニュース
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
AUTOSPORT web
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
WEB CARTOP
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
AUTOSPORT web
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
WEB CARTOP
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
くるまのニュース
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
motorsport.com 日本版
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
AUTOSPORT web
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
乗りものニュース
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
motorsport.com 日本版
1000馬力“4.1L V6”搭載!? 新「GT-R“R36”」まもなく公開!? 「歴代デザイン」採用で製作始まる! 日産「和製スーパーカー」の正体とは
1000馬力“4.1L V6”搭載!? 新「GT-R“R36”」まもなく公開!? 「歴代デザイン」採用で製作始まる! 日産「和製スーパーカー」の正体とは
くるまのニュース
【MotoE第2戦フランス大会】2年目のドゥカティ「V21L」でレコード、最高速も更新。レースはN.スピネッリ選手が2勝
【MotoE第2戦フランス大会】2年目のドゥカティ「V21L」でレコード、最高速も更新。レースはN.スピネッリ選手が2勝
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1228.01780.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

658.01278.0万円

中古車を検索
8シリーズ クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1228.01780.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

658.01278.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村