サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ 124シリーズをふり返る。自ら「過剰品質」と評したEクラスの偉大なる祖先

ここから本文です

Mercedes-Benz 124 series

メルセデス・ベンツ 124シリーズ

メルセデス・ベンツ 124シリーズをふり返る。自ら「過剰品質」と評したEクラスの偉大なる祖先

100万km乗っても壊れないベンツ

1984年11月26日、メルセデス・ベンツはスペイン・セビリアで新型のミドルクラスサルーンを発表した。

W124。

「オーバークオリティ(過剰品質)」「金庫のような剛性感」「100万km乗っても壊れない」。数々の賛辞が捧げられたが、そのいずれもが大げさな虚飾でなかったことは35年の時が証明している。

おすすめのニュース

サイトトップへ