現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 400馬力超え強化ターボ!? 新型「高級スポーツSUV」登場! メルセデス・ベンツ新型「GLC 43」発売 1170万円

ここから本文です

400馬力超え強化ターボ!? 新型「高級スポーツSUV」登場! メルセデス・ベンツ新型「GLC 43」発売 1170万円

掲載 5
400馬力超え強化ターボ!? 新型「高級スポーツSUV」登場! メルセデス・ベンツ新型「GLC 43」発売 1170万円

■スポーティな性能を追求

 メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUV「GLC」にスポーツモデル「メルセデス AMG GLC 43 4MATIC(BSG 搭載モデル)」を追加することを2024年2月15日に発表し、同日に発売開始しました。

【画像】えっ…!? 超かっこイイ! 精悍スタイルのメルセデス・ベンツ新型「GLC 43 4MATIC」をまず画像で見よう

 メルセデス・ベンツ(以下メルセデス)GLCは2015年に登場。同社のベストセラーモデルである「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備え、高いアイポイントや低い重心による乗用車ライクな乗り心地を実現しました。

 2020-2021年ではメルセデス社が展開するSUVではベストセラーとなり、全世界では累計260万台を販売したといいます。

 昨年2023年には8年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し2代目が発表。今回はそこに、さらにドライビング性能など各パフォーマンスを強化したメルセデスAMGのスポーツモデルが新たに加わった形です。

 エクステリアは、現行SUVモデルと共通して、メルセデスのデザインコンセプト「Sensual Purity(官能的純粋)」を採用しています。

 フロントはクローム加飾付きの縦ルーバーを備えたフロントグリルを採用し、アグレッシブな印象に仕上がっています。ラインやエッジを削減し、曲面を多用するとともに、SUVらしい逞しいホイールアーチと張り出したフェンダーがスポーティさを強調しています。

 リアはワイドでシャープなデザインとなり、スリムなテールランプや、左右のマフラーエンド、ディフューザー風のリアエプロンを採用したバンパーなど、やはりスポーティさを表現しています。

 ダッシュボードは上部が翼のような形状に丸みを帯びた角型エアアウトレットを配し、下部はリアルウッドトリムを採用し、センターコンソールから連続する設計になっています。

 パワートレインは、最高出力421馬力・最大トルク500Nmを発揮する2リッター直列4気筒ターボディーゼルエンジン+48Vマイルドハイブリッドに9速AT「AMGスポーツシフトMCT」を組み合わせ、駆動方式はフルタイム4WD「AMG 4MATIC」を採用しています。

 エンジンにはF1マシンの「MGU-H」技術に由来する「エレクトリック・エグゾーストガス・ターボチャージャー」を搭載し、ターボチャージャーを電動化することでアクセル操作に対するエンジンのレスポンスがナチュラルかつ安定的になり、ダイナミックな走りが楽しめます。また発進加速性能も向上します。

 足回りで特徴的なのが、後輪操舵システム「リア・アクスルステアリング」の採用です。

 約100km/h以下の走行で後輪を前輪と逆方向に最大約2.5度曲げるため、より小回りがきくようになる一方、約100km/hを超えると、前輪と同じ方向へ最大約0.7度曲げて、高速域での走行安定性を高める効果を得ます。

 また、スイッチひとつでエンジンやトランスミッションの特性を切り替えられる「ダイナミック セレクト」にはオフロードモードを設定し、悪路での走破性能も高めたほか、オフロードに関連する運転機能を表示する「オフロードスクリーン」も装備しています。

 先進運転支援システムは、メルセデスのフラッグシップモデル「Sクラス」に搭載される「インテリジェントドライブ」に準じており、自転車・歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキや車線維持支援機能、緊急回避補助システムを採用しました。

 また「AR(拡張現実)ナビゲーション」を標準設定し、ナビゲーション画面と実際の景色を重ねることで直感的に進路を理解できるといいます。さらに、オフロードモードではボンネットが透けて見えるようなフロントガラス表示を採用し、手前の障害物を確認しやすくします。

 新型「GLC 43 4MATIC(BSG搭載モデル)」の価格(消費税込)は1170万円に設定され、右ハンドル車のみとなっています。

こんな記事も読まれています

VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
日刊自動車新聞
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
WEB CARTOP
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
レスポンス
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
motorsport.com 日本版
地球上で最も壮観な道路!?  「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
地球上で最も壮観な道路!? 「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
motorsport.com 日本版
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
VAGUE
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
AUTOSPORT web
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
レスポンス
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
ベストカーWeb
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
Auto Messe Web
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
モーサイ
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
くるまのニュース
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
Webモーターマガジン
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
motorsport.com 日本版
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
AutoBild Japan

みんなのコメント

5件
  • eds********
    M139エンジンはディーゼルじゃ無いよ、訂正やな。
  • qui********
    「パワートレインは、最高出力421馬力・最大トルク500Nmを発揮する2リッター直列4気筒ターボディーゼルエンジン+48Vマイルドハイブリッド」

    いまのディーゼルってそんなハイスペックなの!?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村