現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2024年1月欧州新車販売は前年同月比11.5%増。ノルウェーのBEV比率は92%超え

ここから本文です
2024年1月欧州新車販売は前年同月比11.5%増。ノルウェーのBEV比率は92%超え
写真を全て見る(1枚)

2024年1月欧州新車販売は前年同月比11.5%増。ノルウェーのBEV比率は92%超え

 ACEA(欧州自動車工業会)は2月20日、今年1月の欧州市場における新車販売実績を発表した。EU+EFTA+UKの新車販売台数は101万5381台で、前年同月比11.5%増。2023年12月に前年同月比ダウンを記録したが、年が明けて2桁増と好調。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

英ロータス 過去最高の販売台数達成 7億5000万ドルの赤字も「着実に前進」 今後4年で飛躍目指す
英ロータス 過去最高の販売台数達成 7億5000万ドルの赤字も「着実に前進」 今後4年で飛躍目指す
AUTOCAR JAPAN
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
日刊自動車新聞
「やっぱり強いNボックス」 22カ月連続トップ 年度でも3年連続首位 3月の軽・新車販売
「やっぱり強いNボックス」 22カ月連続トップ 年度でも3年連続首位 3月の軽・新車販売
AUTOCAR JAPAN
愛されてNo.1!「日産サクラ」、2023年度の国内販売で電気自動車販売台数第1位に!
愛されてNo.1!「日産サクラ」、2023年度の国内販売で電気自動車販売台数第1位に!
LE VOLANT CARSMEET WEB
2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
WEB CARTOP
スズキ、インドで4輪車累計生産3,000万台を達成
スズキ、インドで4輪車累計生産3,000万台を達成
カー・アンド・ドライバー
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
日本一売れてる“日産”の「軽ハイトワゴン」!? 2年連続で国内シェア1位! “超静音”な電動「サクラ」が支持された理由とは
日本一売れてる“日産”の「軽ハイトワゴン」!? 2年連続で国内シェア1位! “超静音”な電動「サクラ」が支持された理由とは
くるまのニュース
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
くるまのニュース
「実燃費と違いすぎ」で規制強化も? 欧州燃費テストの "欠点" 浮き彫りに WLTP改正の可能性
「実燃費と違いすぎ」で規制強化も? 欧州燃費テストの "欠点" 浮き彫りに WLTP改正の可能性
AUTOCAR JAPAN
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
AUTOCAR JAPAN
「ハイブリッド車は売りやすい」 EV登場後も、ディーラーがHVの優位性を全然疑わないワケ
「ハイブリッド車は売りやすい」 EV登場後も、ディーラーがHVの優位性を全然疑わないワケ
Merkmal
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
レンジローバー スポーツの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
レンジローバー スポーツの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
欧州マツダが新型3列シートSUV「CX-80」のデビューを告知!
欧州マツダが新型3列シートSUV「CX-80」のデビューを告知!
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

15件
  • yam********
    なぜあれほど、北欧のノルウェーでBEVが使えないという報道が流れているのに、BEVが売れ続けるのだろうか。

    何か見えていないものがあるだろうか。
    まさか、不便でしかないBEVを無理して買い続けるわけではないと思います。
    自動車はかなり高い買い物ですから。
  • f60********
    ノルウェーの発電は95%が水力発電
    急峻な山が多くて降水量の多いノルウェーでは、非常に効果的な発電方法である
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村