現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雰囲気はミニ「Z32フェアレディZ」!? 日産NXクーペはセクレタリーカーとして北米で成功も日本では「時代の徒花」に?

ここから本文です

雰囲気はミニ「Z32フェアレディZ」!? 日産NXクーペはセクレタリーカーとして北米で成功も日本では「時代の徒花」に?

掲載 4
雰囲気はミニ「Z32フェアレディZ」!? 日産NXクーペはセクレタリーカーとして北米で成功も日本では「時代の徒花」に?

 連載第5回目となる今回の日産ヘリテージコレクションの名車紹介では、日本ではキワモノ的な扱いだったが、メイン市場である北米では大人気を誇った「NXクーペ」を取り上げる。

文/大音安弘、写真/池之平昌信、日産

雰囲気はミニ「Z32フェアレディZ」!? 日産NXクーペはセクレタリーカーとして北米で成功も日本では「時代の徒花」に?

■RZ-1後継として誕生したNXクーペ

7代目サニーのクーペモデルとして1990年に誕生したNXクーペ

 スポーツカーのようなカッコよさが愛された時代、多くのスペシャルティカーを誕生した。そのひとつに、北米を中心に展開された働く女性のための小さくお洒落なクーペの「セレクタリーカー」がある。小さなクルマを得意とする日本メーカーが、欧州のメーカーと激しい戦いを見せたジャンルのひとつでもある。

 NXクーペは、1990年(平成2年)1月11日、基本構造を共有する7代目サニーシリーズ(B13)のバリエーションのひとつとして登場。日本では、先代6代目サニーのクーペ「サニーRZ-1」の後継として位置付けられていた

サニーRZ-1。6代目サニーのクーペとして登場したが、NXクーペとは性格がまったく異なっていた

 しかし、メイン市場となる北米では、日本でも販売された変わり種の2ドアスペシャルティカーであった2代目エクサ(現地名パルサーエクサ)の後継モデルに位置づけられている。このため、海外仕様では「NX」を名乗った。

[articlelink]

■NDIが手がけた未来的デザインが特徴

NXクーペのリアビュー。3ドアHBタイプのクーペで、Z32フェアレディZを小さくキュートにしたようなデザインにも見える

 未来的かつスタイリッシュなエクステリアデザインは、カリフォルニアのデザインセンター「日産デザインインターナショナル(NDI)」によるもの。現在のニッサンデザインアメリカである。ターゲットユーザーを熟知していることを強みに、軽快で気軽に乗れるセレクタリーカーに仕上げていた。

 そして、カリフォルニアの気候にも最適な太陽光や風の変化を楽しめるTバールーフも与えていた。この点は、エクサの後継を意識したのもあったのだろう。特にユニークなのが、奥まった楕円形のヘッドライトを備えたグリルレスのフロントマスクだ。

 RZ-1とは異なり、サニー一家であることよりも、よりセレクタリーカーとして魅力的な存在を目指したといえる。ちなみに、サニーセダンは日本の日産テクニカルセンターの作品である。

NXクーペのインテリア。デジタルメーターを標準採用していた

 内装はサニーとダッシュボードは共通デザインとしているが、2ドアクーぺのため、ドアトリムや後席など専用部品も多数採用する。そのひとつで象徴的なのが、スペシャルティカーで人気のアイテムであったデジタルメーターの標準化だ。

 また、ドア開口部には傘の収納スペースを装備しており、雨天時でも車内を濡らさない工夫が施されていた。もちろん、この傘には水抜き用のドレンが装備されている。後席とラゲッジスペースはスタイルを優先し、小ぶりとなっていた。

■Tバールーフ仕様も設定していた

1.6タイプSのTバールーフ仕様NXクーペ(1992年式)

 グレード構成は、エントリーとなる1.5Lエンジンの「タイプA」、1.5Lエンジンと1.6Lエンジンの選択が可能な中間グレード「タイプB」、アナログメーターやハードサスペンションなどを備えた1.8Lエンジンのスポーティ仕様「タイプS」の3つを用意。

 このうち、タイプBとタイプSでTバールーフが選択できた。当時の価格は、113万6000~181万5000円(東京・名古屋・大阪・福岡地区)を掲げ、これはサニーの中間グレードから上級グレードとなる価格帯であった。

 国内では、S13シルビアの弟分としてカッコよく気軽に乗れるクルマを求める女性をメインターゲットとみていた。日本でのNXクーペの知名度を高めたのは、ユニークなテレビCMだ。当時最新のコンピューターグラフィックを活用し、擬人化されたNXクーペが壁から飛び出して変幻自在に空中を飛び回る演出が大きな話題に。

 また、未来的なフォルムや女性をメインとした気軽なカッコいいクルマというキャラクターを持つ新提案のクルマとして、「タイムマシンかもしれない。」というキャッチコピーが使われた。

 彼の地、米国では成功を収めたものの、残念ながら、国内販売面では、低調なままで推移。そして、7代目サニーシリーズとともに販売を終了。後続車は、再びサニー色を強めたサニールキノ(後にルキノに改名)となり、NXの名は国内では一代かぎりとなってしまった。

■ヘリテージコレクションにはタイプBが展示される

ヘリテージコレクションに収蔵されているNXクーペのラゲッジにはNXクーペを模した巨大なぬいぐるみが!

 収蔵される記念車は、デビューイヤーである1990年式タイプB。1.5Lエンジン車の4速AT車で、イメージカラーのイエローパールを纏う。ノーマルルーフ仕様であることも、CMモデルと重なるところだ。

 今見ても、特徴的なフロントマスクは斬新。フロントマスクには、メーカーどころか、車種別エンブレムもないのは現代では考えられない自由さがある。その表情は、満点の笑顔にも見え、凄くフレンドリーで元気な走りを予感させてくれる。

 ただ、癖の強さがあったのも確か。そして内装はデジタルメーター以外は普通。もう少し遊び心があってもよかったのではと思う。そんなことを考えながらテールゲートを開けると、中からは巨大なNXクーペのぬいぐるみが出現して驚かされた。恐らく販売促進用グッズと思われるが、今や実車同様に希少なアイテムだろう。

■NXクーペを再現したオブジェも製作された!

NXクーペのフロントマスクの表情はファニーで実に個性的だ

 当時のべストカーを振り返ってみると、なんとテレビCMのグンニャリ曲がったNXクーペの姿を再現したオブジェが存在したことが判明。1990年3月10日号によると、首都圏サニー系販売会社8社と日産自動車の首都圏営業部が共同で行ったPRプロジェクトで、制作会社が実車のNXクーペを参考に鉄骨の骨組みを組み、FRPで架装していた。

 もちろん、一部のパーツは実車のものが使われており、リアルさも追求された。当初500万円の予算でスタートしたが、最終的には約1500万円の製作費がかかったというのは、なんともバブルらしいエピソードといえよう。

 都市部には展示され、さらに地方のディーラーからも展示の引き合いがあったというから当時、実物を目撃した人もきっといたことだろう。また、同号の試乗テストでは徳大寺有恒氏がレポートを寄稿。

 デザインについては、「初めからデザインには魅力が感じられず、もっと先進的でよかったのでは」と厳しい指摘。ただ、日本も地方の働く女性たちが軽自動車を卒業し、このクラスを選ぶようになると予測していた。

 セクレタリーカーとしては面白い提案だったNXクーペだが、そのニーズのなかった日本では、存在意義を示すことが出来なかった。また、スポーティ仕様はあったが、当時のほかの日産車のように、本格的なスポーツ性能を追求したものでもなかったので、ネオヒストリックとしての人気も皆無。

 それだけに今は絶滅種となってしまった。逆に言えば、日産ヘリテージコレクションの1台は今となっては本当に貴重な1台なのだと言うことができる。

こんな記事も読まれています

地下鉄駅と“高速道路跡地”に直結!? これぞ銀座のミライ!な再開発ビル建設認可 警察博物館は取り壊しへ
地下鉄駅と“高速道路跡地”に直結!? これぞ銀座のミライ!な再開発ビル建設認可 警察博物館は取り壊しへ
乗りものニュース
ELMSデビュー戦で初優勝の宮田莉朋「素晴らしい戦略と、チームメイトの走りに感謝」
ELMSデビュー戦で初優勝の宮田莉朋「素晴らしい戦略と、チームメイトの走りに感謝」
AUTOSPORT web
“400万円超え”のスズキ新型「カクカク”SUV”」実車公開! 5速MT設定&鮮烈レッドも用意! 待望の「ジムニー“5ドア”」比に登場
“400万円超え”のスズキ新型「カクカク”SUV”」実車公開! 5速MT設定&鮮烈レッドも用意! 待望の「ジムニー“5ドア”」比に登場
くるまのニュース
これはシビレる!! 匠の技が活きるS30型Zとハコスカの鼓動を感じられるリビングチェアー
これはシビレる!! 匠の技が活きるS30型Zとハコスカの鼓動を感じられるリビングチェアー
ベストカーWeb
世界に1台のフォード「サンダーバード」が6900万円で落札! のショーカー「イタリアン」が生まれた時代的背景とは?
世界に1台のフォード「サンダーバード」が6900万円で落札! のショーカー「イタリアン」が生まれた時代的背景とは?
Auto Messe Web
スバル レヴォーグ レイバック【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
スバル レヴォーグ レイバック【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
トヨタ、堤工場第1ラインを18日から稼働再開 プリウスは当面生産停止を継続
トヨタ、堤工場第1ラインを18日から稼働再開 プリウスは当面生産停止を継続
日刊自動車新聞
メルセデスF1、2023年の売上高は1051億円に。5億ポンド超えはF1チームとして初
メルセデスF1、2023年の売上高は1051億円に。5億ポンド超えはF1チームとして初
motorsport.com 日本版
カストロールのエンジンオイル「エッジ」を購入して応募するとオリジナル商品がもれなくもらえる! 「カストロール エッジ 春キャンペーン」を開催
カストロールのエンジンオイル「エッジ」を購入して応募するとオリジナル商品がもれなくもらえる! 「カストロール エッジ 春キャンペーン」を開催
くるまのニュース
【NEXCO西日本】ゴールデンウィーク期間における管轄内高速道路の渋滞予測を発表
【NEXCO西日本】ゴールデンウィーク期間における管轄内高速道路の渋滞予測を発表
バイクブロス
【MotoGP第3戦アメリカズGP】Moto2小椋藍選手、17番手スタートから“不満”の7位ゴール
【MotoGP第3戦アメリカズGP】Moto2小椋藍選手、17番手スタートから“不満”の7位ゴール
バイクのニュース
MT車で198万円は神だろーーー スイフトは誰もが唸る「良品廉価」 ガチのクルマ好きにオススメグレードとはいったい
MT車で198万円は神だろーーー スイフトは誰もが唸る「良品廉価」 ガチのクルマ好きにオススメグレードとはいったい
ベストカーWeb
トヨタ「ハイラックス チャンプ」はタイで193万円から! カスタムベースとして日本へ導入される可能性はある?
トヨタ「ハイラックス チャンプ」はタイで193万円から! カスタムベースとして日本へ導入される可能性はある?
Auto Messe Web
WRC第4戦、路面のグリップが刻々と変化する難しいターマックを制するのは?【ラリー・クロアチア プレビュー】
WRC第4戦、路面のグリップが刻々と変化する難しいターマックを制するのは?【ラリー・クロアチア プレビュー】
Webモーターマガジン
マツダが「和製スーパーカー」実車公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」降臨! 斬新デザインの「RX500」幕張に登場
マツダが「和製スーパーカー」実車公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」降臨! 斬新デザインの「RX500」幕張に登場
くるまのニュース
トヨタ、プリウスをリコール 後席ドアの電気式スイッチに不具合
トヨタ、プリウスをリコール 後席ドアの電気式スイッチに不具合
日刊自動車新聞
カープファン必見! カープ公認の真っ赤なアウトドアグッズが4/26発売
カープファン必見! カープ公認の真っ赤なアウトドアグッズが4/26発売
バイクブロス
KTMからダニ・ペドロサが第4戦スペインGP、ポル・エスパルガロが第7戦イタリアGPにワイルドカード参戦が決定
KTMからダニ・ペドロサが第4戦スペインGP、ポル・エスパルガロが第7戦イタリアGPにワイルドカード参戦が決定
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • じゅん×2
    高校でNXクーペに乗ってる先生がいてカッコイイなって思ったな
    黒髪ロングのワンレン、いつもスーツを決めてて大人の女性って感じだった
    RZ1やエクサも良かったけどNXクーペは女性に似合う車だった
    後継のルキノはこれじゃない感があったけど
  • プリンUMAi
    この頃このクラスは1.6Lエンジン車のパワーと速さの競争を他社はしていたが、日産はくわわらなかった。
    SR16VE搭載車はオワコンへ向かうなか発売された。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

113.6189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

195.0195.0万円

中古車を検索
NXクーペの車買取相場を調べる

日産 NXクーペの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

113.6189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

195.0195.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村