現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「本物の個性」を継承 アストン マーティンDB12へ試乗(2) ブランドにおける最高傑作の1台

ここから本文です

「本物の個性」を継承 アストン マーティンDB12へ試乗(2) ブランドにおける最高傑作の1台

掲載 4
「本物の個性」を継承 アストン マーティンDB12へ試乗(2) ブランドにおける最高傑作の1台

ソウルフルで芳醇なV8エンジン

アストン マーティンDB12は、最高出力680psを発揮することに加えて、ファイナル・レシオがショート化され、DB11より遥かに加速が鋭い。ダイレクトで熱狂的に吹け上がるフェラーリのV8ユニットより、ソウルフルで芳醇な印象もある。

【画像】ブランドにおける最高傑作の1台 アストン マーティンDB12 競合モデル DB11も 全127枚

アストン マーティンの技術者は、過度にシリアスにすることなく、従来以上のパワーとスピード、エネルギッシュさを与えることに成功した。濡れて滑りやすい状況でも、路面を処理する落ち着きは第一級でありながら、目覚ましく速い。

トランスミッションは、GTモードを選ぶとスムーズさが増す。スポーツやスポーツ+モードでは、低いギアを保持するようになるが、アクティブ・リアデフが過度に働いたり、挙動が過敏になることはない。

アクセルペダルを深く倒すと、カタパルト発進のように身体は後方へ押し付けられる。どんな状況においても、DB11より迅速。どのくらいの差があるのか、実際に比べたくなるほど。

試乗の際に、アストン マーティン会長のローレンス・ストロール氏と会話する時間を得られたが、彼はDB11をあえて「遅い」と表現していた。技術者たちも、同じ意見を耳にしていたことだろう。確かに、DB12は、DB11よりDBSへ近いように思う。

ブレーキは、スチール製ディスクが標準。カーボンセラミックはオプションで、試乗車には装備されていた。ペダルをしっかり踏み込む必要はあるが、最終的に得られる制動力はかなり頼もしい。

次のコーナーを追い求めたくなる気持ち良さ

8速ATは、スーパーツアラーというよりグランドツアラー側。デュアルクラッチATのような、キレキレの変速は叶えていない。それでも、4.0L V8ツインターボ・エンジンと調和できている。

本域でのサウンドは素晴らしい。オールドスクールな自然吸気V12ユニットほどの壮大さはないものの、野蛮さと平穏さの二面性を楽しめる。

乗り心地は、低速域では少々硬め。意図された目的を実感する。連綿と作られてきたDBシリーズより、グランドツーリング・スポーツカーへ歩み寄った事実を表している。同時に、高速域での姿勢制御は感心するほど洗練されている。路面の良し悪しを問わず。

ステアリングホイールには充分な感触が伝わり、レシオは適度にクイック。自然と安心感を抱け、タイトでバランスに優れた、直感的な操縦性を堪能したいと思わせる。

トラクションとスタビリティの制御システムも絶妙。後輪駆動らしいドライビング体験を生み、意欲的でスポーティな走りを許容する。それでいて、325km/hと680psの能力を持つDB12を、ドライバーの味方へ留めてくれる。

2023年7月のフランスでは、南部のナポレオン街道とコル・ド・ヴァンスをドライブしたが、2速や3速で巡るコーナーが多く存在した。そこでDB12は、秀抜な姿勢制御とグリップ力、滑らかで安定した操縦性を披露した。

DB11よりやや硬めの乗り心地とはいえ、高速コーナーでのフィードバックやマナーが向上していることは明確。次のコーナーを追い求めたくなる、気持ち良さがあった。

パワフルなクーペだと忘れるほど快適

他方、低速コーナーでは欲求不満が生じるかもしれない。その要因の1つが、大きくなったボディ。またシャシーとアクティブ・リアデフは、高速走行時の一体感重視でチューニングされている様子。ヘアピンでテールを流すことは、お好みではないようだ。

敏捷性という点では、ひと回り小さいアストン マーティン・ヴァンテージにアドバンテージがある。DB12が、スポーティ度を増したとしても。

特筆すべきストロングポイントは、快適性。アダプティブタンパーの能力は、間違いなく拡大されている。低速域での上質感は唸るほどで、パワフルなクーペを運転していることを忘れるほど。路面の凹凸へ身構える必要はない。

高速道路でも、リラックスして長時間過ごせる。とはいえ、21インチ・ホイールを包むミシュラン・パイロットスポーツ5 Sタイヤからのロードノイズは大きめ。外界との隔離性では、クラストップの水準には届いていない。

全方向で実力を高めたDB12のお値段だが、英国では18万5055ポンド(約3424万円)からに設定された。DB11のV8エンジン版は、モデル末期に約16万5000ポンドで売られていたが、新車価格の上昇や進化内容を踏まえれば、妥当といえるだろう。

コンバーチブルのDB12 ヴォランテは、約1万5000ポンド(約278万円)の追加予算で選べる。こちらも、納得できる設定にある。裕福なターゲット層においても、費用対効果は重要な尺度なはず。

燃費は、高速道路のクルージングで9.5km/L前後。1度の満タンで走れる距離は、約740kmになる。

ブランドにおける最高傑作の1つが誕生

アストン マーティンの技術者は、巧みなアップデートを施し、重要な量産グランドツアラーのポジショニングを巧みに整えた。先代よりハンサムで速く、操縦性に優れ、デジタル環境も充実している。インテリアの水準も、目に見えて向上した。

ベントレー・コンチネンタルGTと、充分な距離感もある。静的にも動的にも魅力や上質感を高め、DB11以上の訴求力を持つラグジュアリー・クーペに仕上がっている。

ドライバーズカーとして、フェラーリ・ローマなどとの競争力を磨きながら、アストン マーティンらしい快適性は維持された。本物の個性が受け継がれている。DBシリーズの魂を霞ませることなく、このブランドにおける最高傑作の1台が誕生したといえる。

◯:大幅に向上したインテリアの品質 最新のデジタル環境 DB11より高水準な走りを叶えつつ、グランドツアラーらしい乗り心地と操縦性を維持
△:インフォテインメント・システムのソフトにはデバッグが必要 ライバルより大きく重く感じられるボディ

アストン マーティンDB12(英国仕様)のスペック

英国価格:18万5055ポンド(約3424万円)
全長:4725mm
全幅:1980mm
全高:1295mm
最高速度:325km/h
0-100km/h加速:3.6秒
燃費:8.2km/L
CO2排出量:276g/km
乾燥重量:1685kg
パワートレイン:V型8気筒3982ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:680ps/6000rpm
最大トルク:81.4kg-m/2750-6000rpm
ギアボックス:8速オートマティック(後輪駆動)

こんな記事も読まれています

クルマの「車庫ステッカー」廃止! 「保管場所標章」なぜ無くなる? 約33年の歴史に幕も「車庫証明書」は残る
クルマの「車庫ステッカー」廃止! 「保管場所標章」なぜ無くなる? 約33年の歴史に幕も「車庫証明書」は残る
くるまのニュース
ランボルギーニ『ウルス』最強、800馬力のPHEV「SE」を発表
ランボルギーニ『ウルス』最強、800馬力のPHEV「SE」を発表
レスポンス
スズキ ジムニー5ドア【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
スズキ ジムニー5ドア【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ドゥカティ、没後30年を迎えたアイルトン・セナの特別モデル『モンスター・セナ』を発表。限定341台で発売予定
ドゥカティ、没後30年を迎えたアイルトン・セナの特別モデル『モンスター・セナ』を発表。限定341台で発売予定
AUTOSPORT web
苦戦するペレス、イモラ8位は残留への契約交渉に影響ない? ホーナー代表は擁護
苦戦するペレス、イモラ8位は残留への契約交渉に影響ない? ホーナー代表は擁護
motorsport.com 日本版
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
Auto Prove
アウトドア好き必見! マムートコラボ「ジムニー」現る! さらにロッド付き「RAV4」も同時披露!? トーヨーの注目展示とは
アウトドア好き必見! マムートコラボ「ジムニー」現る! さらにロッド付き「RAV4」も同時披露!? トーヨーの注目展示とは
くるまのニュース
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「池田直渡の着眼大局セミナー 第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術」
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「池田直渡の着眼大局セミナー 第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術」
レスポンス
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
くるまのニュース
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
バイクのニュース
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
レスポンス
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
グーネット
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
日刊自動車新聞
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
レスポンス
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
AutoBild Japan
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
motorsport.com 日本版
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
  • ザ・ファイナル・タカヒロ
    これさー
    カムリのパクリじゃね???
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2580.02870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.02990.0万円

中古車を検索
DB11の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2580.02870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.02990.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村