サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【3分で分かる東京モーターショー見所ガイド】発売直前出展車一挙公開!!

ここから本文です

【3分で分かる東京モーターショー見所ガイド】発売直前出展車一挙公開!!

■一般公開日は10/25~11/4、お台場エリアで実施!!

 第46回東京モーターショーが、10月25日(金)14時より開幕する。今回はその一般公開日に先駆けて、市販前提の出展車(発売することがほぼ確定しているモデル)を中心に、見所を駆け足で紹介していきたい。(アクセス情報などは本記事末尾参照)

【今年いっぱいで生産終了】 トヨタ エスティマ&日産 キューブ 去りゆくクルマ

【画像ギャラリー】発売直前!! 市販確定の出展車を一挙チェック!!

■トヨタ 新型ヤリス(展示場所 ヴィーナスフォート2F)

新型ヤリス

 東京モーターショー記者発表時に豊田章男社長が「今回トヨタブースには、1年以内に市販するクルマはありません」と明言して、集まった百名以上の記者団が騒然とした。確かに青海展示棟のトヨタブースには「夢のモビリティ」が集っているが、それ以外の場所(MEGA WEB(新型MIRAIコンセプト)やトヨタ車体(新型グランエース)など)に、注目車が展示されている。

「2020年2月発売」と公表された、新型ヤリス(「ヴィッツ」から改名)もその1台。お台場ヴィーナスフォートの2階、無料エリアに展示されているので、ぜひとも足を伸ばしてチェックしてほしい。

■トヨタブースの追加情報…【新型ヤリスやグランエースは別ブースに!??】トヨタが勝負に出た!! トヨタには「未来」しかない!??【東京モーターショー2019】

■日産 アリアコンセプト(展示場所 有明エリア西2ホール)

日産アリアコンセプト

 記者発表日当日(10月23日)までメディアにも秘匿されていたサプライズ出品車であったが、日産によると「近い将来市販する予定」という、EVのミドルクラスSUV。ボディサイズ(全長4600×全幅1920(ドアミラーを除く)×全高1630mm)を考えると、次期エクストレイルとなりそうだが、デザインはまだまだ変わりそう。まずは会場で実物をチェックして、日産のデザインと技術の方向性を確かめていただきたい。

■日産ブースの追加情報…日産は2台のEVコンセプトカーを世界初公開!! 次期エクストレイル、デイズルークスか?【東京モーターショー2019】

■ホンダ 次期フィット(展示場所 有明エリア西1ホール)

次期フィット(クロスター)

 2001年の初代フィット発売から18年。現行モデルまで3代にわたってモデルチェンジを重ね、平成を代表する国産車へと成長したフィットにとって、令和初となるニューモデルが初披露。「コンパクトカーに求めるものが特に厳しい日本市場で認められてこそ、新しい時代のスタンダードになる」(八郷社長)という想いのもと、ここ日本で世界初公開となった。発売は2020年2月と明言され、なななんと上記新型ヤリスとぴったり同時期。このガチ勝負、どちらに軍配が上がるのか。市販に先駆けて実車をチェックしていたい。また現場にはSUV風の「クロスター」も展示されていて必見です。

■ホンダブースの追加情報…新型フィット初公開&来年2月発売!! 新しい“ホンダらしさ”動き出す!!!【東京モーターショー2019】

■スバル 次期レヴォーグ(展示場所 青海エリアBホール)

次期レヴォーグ

「日本のためのワゴン」、レヴォーグがついに第二世代へモデルチェンジする。レガシィが代替わりを経て大型化し、それに伴って「日本市場向け車種」としてレヴォーグが世界初公開されたのが、ちょうど4年前、2013年の東京モーターショーだった。その後、2014年に現行型レヴォーグが発売されてから約5年の時を経て、新型レヴォーグが今回の東京モーターショーで世界初公開となった。新型1.8Lエンジンと新型アイサイトを搭載して、日本発売は2020年後半とのこと。

■スバルの追加情報…新エンジン搭載で新型レヴォーグ 来年発売!! スバルが貫く「安心と愉しさ」新世代へ!!!【東京モーターショー2019】

■三菱自動車 新型eKスペース(展示場所 有明エリア西2ホール)

三菱スーパーハイト軽ワゴンコンセプト

 三菱最大の注目車はやはり来春「eKスペース」の次期型として発売予定の「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」だろう。日本の全新型車のなかで最も売れている王者ホンダN-BOX、ライバルであるダイハツタント、スズキスペーシアといった強豪ひしめくカテゴリーに、日産との共同開発車として投入する。勝負のポイントは室内の使い勝手とデザイン、安全技術。日産のプロパイロット技術を応用した「MI-PILOT」を搭載し、クラストップレベルの安全性能を売りにする。

■三菱自動車の追加情報…新型eKスペース世界初披露!! 三菱は新型軽と小型SUVで勝負!!【東京モーターショー2019】

■マツダ 新型MX-30(EVの新型SUV)(展示場所 有明エリア南2ホール)

マツダMX-30

 マツダにとって初の量産EVとなるMX-30だが、パワートレーンは変わっても、ドライバーをはじめ、乗っている人すべてが楽しくなる、というマツダの走りのDNAは変わらないという。 フル充電での航続距離は200km。純EV仕様と、ロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダー仕様の2タイプが用意されるという。欧州では2019年10月23日から予約受付を開始し、2020年後半から販売を開始。日本導入も決まっており、2021年中に発売というのが濃厚。なおドイツでの価格は3万3990ユーロ(日本円で約410万円)から。

■マツダの追加情報…マツダが初の量産EVのMX-30を世界初公開!!【東京モーターショー2019】

■スズキ 新型ハスラーコンセプト(展示場所 有明エリア西1ホール)

スズキハスラーコンセプト

「遊べる軽自動車」として一世を風靡したハスラーは、2013年の第43回東京モーターショーで初披露、その年の12月に正式発表となった。今回出展された新型ハスラーコンセプト」も、このままの姿で今年の年末あたりに正式発表される見込み。デザインは、タフさと力強さをプラス。都会にもなじむアーバンアウトドアスタイルと、ベーシックなデザインを融合させている。 このコンセプトモデルの車体寸法は、全長3395×全幅1475×全高1680mm。ホイールベースは2460mmで、現行型に比べて35mm延長。全高は15mm高くなっており、安全性能などがアップしている。すごく売れそう。

■スズキの追加情報…期待の新型ハスラー公開!! 小さいクルマをより磨き上げる【東京モーターショー2019】

■ダイハツ 新型ロッキー(展示場所 青海エリアBホール)

ダイハツ(展示名は)新型コンパクトSUV

 ダイハツブースでは、事前予告なしのサプライズで、新型コンパクトSUVを出展したほか、世界初公開となる、4台のコンセプトカーを出展 。最大の注目車はもちろん上記の新型コンパクトSUVで、今回の東京モーターショーでは車名は明らかにされなかった。とはいえすでにダイハツディーラーでは見込み客に営業を開始しており、「ロッキー」という車名がすでに本WEBの取材によって明らかになっている。公開されているスペックによると、ボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1620mm、ホイールベースは2525mmで車両重量は980kg。今年(2019年)10月下旬よりダイハツおよびトヨタ全店で予約受注を開始し、価格は167万9000円から。

■ダイハツの追加情報…ダイハツロッキー復活! コンセプトカー4台も世界初公開!!【東京モーターショー2019】

■東京モーターショー概要

【青海エリア】(りんかい線 「 東京テレポート 」駅下車 徒歩約2分)
・展示場(東京ビッグサイト青海展示棟)の主な出品メーカー…トヨタ、スバル、ダイハツ、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス、トミカ、キッザニア
・FUTURE EXPO(MEGA Web)※入場無料

【有明エリア】(りんかい線 「 国際展示場 」駅下車 徒歩約7分)
・展示場(東京ビッグサイト西・南展示棟)の主な出品メーカー…日産、スズキ、ホンダ、三菱、ルノー、マツダ、レクサス、アルピーヌ、メルセデスベンツ、Smart、グルメキングダム
・DRIVE PARK(TFTビル横駐車場)(※入場無料)

【画像ギャラリー】発売直前!! 市販確定の出展車を一挙チェック!!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します