サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWジャパン、コネクテッド用アプリを刷新 グーグルやアップルの地図と連携可能に

ここから本文です
 ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン、クリスチャン・ヴィードマン社長、東京都千代田区)は20日、車両とスマートフォン(スマホ)を接続可能なアプリケーション「マイBMW」と「MINI(ミニ)アップ」を導入したと発表した。

 従来の「BMWコネクテッド」「ミニコネクテッド」を刷新して展開する。米グーグルや米アップルの地図アプリで検索した目的地を車両に転送可能とするなど、利便性を向上させた。BMWジャパンからの最新ニュースやキャンペーン情報の入手や、入庫予約のリクエストも可能とした。

おすすめのニュース

サイトトップへ