サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱のワンボックス軽自動車「タウンボックス」が一部改良、ADASと利便性を強化。ミニキャブバンも改良

ここから本文です

三菱のワンボックス軽自動車「タウンボックス」が一部改良、ADASと利便性を強化。ミニキャブバンも改良

2021年9月24日、三菱自動車は、広々とした室内空間と荷室空間を備えたワンボックスタイプの軽乗用車「タウンボックス」の一部改良を行い、販売を開始した。また同時に、軽自動車商用バン「ミニキャブバン」にも改良が加えられた。

タウンボックスはアイドリングストップ、運転席シートヒーターを装備
三菱タウンボックスは、広々とした室内空間と荷室空間、大きなリアゲート開口部を備えた使い勝手のいいワゴンタイプの軽乗用車。インテリアを上質で優しいベージュ内装としてワゴンとしての快適性を高めながら、インパネシフトを採用して運転席と助手席の移動もできるほか、多彩なシートアレンジを可能としている。また、エクステリアでは、ボディにエアロ形状を取り入れ、要所にメッキを配して個性をアピールする。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

タウンボックスはスズキからのOEM供給で、エブリイワゴンの一部改良を受けて、姉妹モデルにあたるタウンボックスも同様の改良が加えられることになった。

今回の変更では、タウンボックスは運転を支援する機能と利便機能の充実を図り、新しくアイドリングストップ「ストップ&ゴー(AS&G)」を全グレードに採用、さらに従来は4WD車に標準装備していた運転席シートヒーターを2WD車にも採用し、モバイル機器などの充電が可能なUSB電源ソケット(2個)を全グレードに標準装備した。

ラインアップはGとGスペシャルの設定で、車両価格は175万4500円~196万0200円となっている。全車エンジンは3気筒ターボで、トランスミッションは全車4速AT。FFと4WDがそれぞれのグレードに設定される。

三菱タウンボックス 車両価格(消費税込み)
G(2WD/4速AT):175万4500円
Gスペシャル(2WD/4速AT):183万1500円
G(4WD/4速AT):188万3200円
Gスペシャル(4WD/4速AT):196万0200円

タウンボックスと同時に一部改良を受けた軽商用車「ミニキャブバン」は、アクティブスタビリティコントロール(ASC)やオートライトシステムを全機種に標準装備したのが注目点。そのほか、「M/5速MT仕様」をのぞく全グレードに自動でブレーキを2秒間キープするヒルスタートアシストを標準装備、「G」に従来ブラボーターボのみ標準装備されていた電動格納式ドアミラーを採用、4WD車にヒーテッドミラーを採用、そして全車にプライバシーガラスを装備するなどの改良も行われている。また、タウンボックスと同様、モバイル機器などの充電が可能なUSB電源ソケット(2個)を用意した。

ミニキャブバンは、ベーシックな「M(2WD/5速MT仕様)」の99万円から、上級グレードの「ブラボーターボ(4WD/4速AT仕様)」の159万6100円まで10車種がラインアップされる(車両価格は消費税込)。なおエンジンは3気筒ノンターボと3気筒ターボ、トランスミッションは5速MTと4速AT、駆動方式はFFと4WDが揃っている。

[ アルバム : 三菱タウンボックス一部改良 はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します