現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 話題のレクサス新型「IS」 アルテッツァ&スカイラインユーザーの反応はどうなの?

ここから本文です
話題のレクサス新型「IS」 アルテッツァ&スカイラインユーザーの反応はどうなの?
写真を全て見る(41枚)

■初代ISことアルテッツァ&マイチェン前オーナーの反響はどうなのか

 世界的な事情を鑑みて何度かの発表延期の末、2020年6月16日に世界初公開されたレクサスのコンパクトFRスポーツセダン「IS」。ビッグマイナーチェンジという形で登場しましたが、歴代オーナーからはどのような反応があったのでしょうか。

これはヤバい!レクサス「RC F」の2020年モデル発表! 限定モデルはもっとスゴい?

 日本市場におけるISの歴史は、1998年にトヨタブランドから発売されたFRセダンの「アルテッツァ」から始まります。

 当時、日本ではレクサスブランドが展開されておらず、日本向けの仕様変更を施したアルテッツァがネッツ店で販売されました。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

1850万円でポルシェ「928 GTS」が落札! 高値の理由は年式の割に低走行というコンディションのよさにありました
1850万円でポルシェ「928 GTS」が落札! 高値の理由は年式の割に低走行というコンディションのよさにありました
Auto Messe Web
自転車の交通ルール。横断歩道は走行していいの? ~弁護士に訊いてみた~【クルマと法律vol.10】
自転車の交通ルール。横断歩道は走行していいの? ~弁護士に訊いてみた~【クルマと法律vol.10】
くるくら
静岡・長泉町でオンデマンド交通実験へ…住民の交流でコミュニティ活性化を図る
静岡・長泉町でオンデマンド交通実験へ…住民の交流でコミュニティ活性化を図る
レスポンス
ブラッド・ピット、今度はマン島TTレースを題材とした作品制作に着手。複数の制作会社合同で、ドキュメンタリー&長編作品手がける
ブラッド・ピット、今度はマン島TTレースを題材とした作品制作に着手。複数の制作会社合同で、ドキュメンタリー&長編作品手がける
motorsport.com 日本版
【ゲ、1300馬力・・・?】電動3シリーズのMバージョン「BMW i3M」は信じられないほどパワフルなモデルとなる?
【ゲ、1300馬力・・・?】電動3シリーズのMバージョン「BMW i3M」は信じられないほどパワフルなモデルとなる?
AutoBild Japan
フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ニュルブルクリンクのADAC24時間レースにて披露予定
フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ニュルブルクリンクのADAC24時間レースにて披露予定
AUTOCAR JAPAN
三菱自動車、eK クロス EVの利便性と安全性を向上させる一部改良を実施。新色も設定
三菱自動車、eK クロス EVの利便性と安全性を向上させる一部改良を実施。新色も設定
driver@web
充電器メーカーの東光高岳、パーク24と共同でEV充電サービスの実証試験を開始
充電器メーカーの東光高岳、パーク24と共同でEV充電サービスの実証試験を開始
レスポンス
アルパインが11型大画面カーナビ「パーフェクトフィットビッグX11」・音が降り注ぐ「メティオサウンド」「OPTMサウンドシステム」など『ハイエース』専用4製品を発表
アルパインが11型大画面カーナビ「パーフェクトフィットビッグX11」・音が降り注ぐ「メティオサウンド」「OPTMサウンドシステム」など『ハイエース』専用4製品を発表
レスポンス
HKSから耐久性と美しさが融合したトヨタ「GRスープラ」用「Super Turbo Muffler URBAN MATTE EDITION」が登場!
HKSから耐久性と美しさが融合したトヨタ「GRスープラ」用「Super Turbo Muffler URBAN MATTE EDITION」が登場!
くるまのニュース
スズキとパナソニック、折り畳み電動モペッド『e-PO』の公道走行調査を開始
スズキとパナソニック、折り畳み電動モペッド『e-PO』の公道走行調査を開始
レスポンス
フォルクスワーゲン、2万ユーロの入門EV発表へ
フォルクスワーゲン、2万ユーロの入門EV発表へ
レスポンス
新型「最上級ビッグSUV」発売! 大排気量V6&超高級オーディオ搭載 “超アグレッシブ顔”に進化した「MDX」米で発売
新型「最上級ビッグSUV」発売! 大排気量V6&超高級オーディオ搭載 “超アグレッシブ顔”に進化した「MDX」米で発売
くるまのニュース
スズキが新型「ハスラー」と「ハスラータフワイルド」を発売! タフでアクティブなNEWグレード
スズキが新型「ハスラー」と「ハスラータフワイルド」を発売! タフでアクティブなNEWグレード
バイクのニュース
車内の「6大付着臭」を消臭!!? プラズマクラスターNEXT搭載の「シャープ IG-NX15」がスゴッ!!!
車内の「6大付着臭」を消臭!!? プラズマクラスターNEXT搭載の「シャープ IG-NX15」がスゴッ!!!
ベストカーWeb
なつかしい旧規格の軽カーが90台集合! 四国・川之江の商店街で開催された昭和レトロなイベントを紹介します
なつかしい旧規格の軽カーが90台集合! 四国・川之江の商店街で開催された昭和レトロなイベントを紹介します
Auto Messe Web
オーテックらしさ全開の新デザイン採用! ノート AUTECH CROSSOVERがマイナーチェンジを実施
オーテックらしさ全開の新デザイン採用! ノート AUTECH CROSSOVERがマイナーチェンジを実施
WEB CARTOP
エクステリア一新、新色も追加!「ノート・オーテック・クロスオーバー」がマイナーチェンジ、9月発売へ
エクステリア一新、新色も追加!「ノート・オーテック・クロスオーバー」がマイナーチェンジ、9月発売へ
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

15件
  • ISはドライバーズカー。
    運転してなんぼの車
    助手席もまぁまぁ。

    その代わり、後席の狭さは不快そのもの。
    それは犠牲にしないとあの感覚は味わえないということ。
  • 34スカイラインターボに乗っているが、眼中にない。
    アルテッツァユーザーも20年以上乗ってる事になるんだから、ISなんてど〜でもいいんじゃない?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

481.0900.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0950.0万円

中古車を検索
ISの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

481.0900.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村