現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カローラアクシオ/フィールダーが改良…旧型なのになぜ販売を続けるのか

ここから本文です

カローラアクシオ/フィールダーが改良…旧型なのになぜ販売を続けるのか

掲載 8
カローラアクシオ/フィールダーが改良…旧型なのになぜ販売を続けるのか

ソフトウェアのアップグレードで自動ブレーキの進化も

2021年9月6日、カローラアクシオ/フィールダーが一部改良を実施した。衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」のプリクラッシュセーフティを、歩行者(昼)検知機能付き衝突回避支援タイプとし、全車に標準装備とした(サポカー補助金の対象となっている)。また、オートライトシステムも全車標準装備となった。

突如デビュー、スズキ「ワゴンRスマイル」! 丸目+四角いボディのスライドドア車

なお、すでに販売されたカローラアクシオ/フィールダー(2015年3月~2021年9月式のプリクラッシュセーフティ搭載車)については、「プリクラッシュセーフティ 昼間の歩行者検知機能追加キット」でソフトウェアのアップグレードが可能となった。アップグレードには4180円の費用+販売店作業工賃(販売店によって工賃が異なる)が必要である。

カローラアクシオは国産唯一の5ナンバーセダン(マーチをベースにセダンタイプとした光岡のカスタムカー「ビュート」もある)であり、フィールダーはホンダ シャトルとともに国産5ナンバーステーションワゴンのカテゴリーを担う今や貴重な存在である。

2019年9月のフルモデルチェンジで登場した12代目カローラは、3ナンバーボディに移行し、セダンを「カローラ」、ワゴンを「カローラツーリング」として展開。この全面改良を控えた19年8月下旬に、従来型(11代目)のカローラアクシオ/フィールダーは一部改良を実施。ビジネスユース向けの5ナンバー車として、新設した「EX」系グレードのみに集約して継続販売とした。

ちなみに、EXは3代目プリウス登場時に継続販売となった2代目「プリウスEX」と同様(カローラでは中国で新旧併売を行っていた時期があり、旧型モデルがカローラEXと呼ばれていた)に英語で「旧、前の」を意味する接頭語の「ex-」に由来。新型との関係性を表現し、先代モデルであることを表している。


新旧併売…なぜまだ販売を継続するのか?

新(12代目)旧(11代目)併売が始まってから2年が経過し、そろそろ旧型のアクシオ/フィールダーもお役ご免かと思いきや、今回一部改良もあったように、そうでもなさそうなのである。

少なくとも、アクシオについては当分の間はなくなりそうもない。その理由は、アクシオがコンフォート教習車の後継として2018年2月に登場した教習車「トヨタ教習車」のベースになっているからである。トヨタ教習車は2020年(1~12月)に約1000台(CVT車約680台/MT車約320台)の販売実績があり、コンスタントに売れている。タイ製のマツダ2セダンをベースとした「マツダ教習車(2020年に599台を販売)」を抑えてカテゴリートップである。トヨタにとっては、ある意味で“インフラ”を担うことから社会貢献の一環としても重要な車種でもある。

したがって、教習車が存在するうちは、アクシオは生産終了にならないはずである。なお、2020年10月から21年3月までの月平均登録台数はアクシオが760台、フィールダーが1310台とこちらもコンスタントなセールスをマークしている。フィールダーもアクシオの2倍近く売れており、販売は順調と言ってもいいだろう。ビジネス向けがメインだが、一般ユーザーでも駐車場の兼ね合いで5ナンバー車が必須という方にはなくてはならない選択肢。1日でも長く作ってほしいものである。

※トヨタ教習車についても2021年9月6日に一部改良を実施。カローラアクシオ同様にオートライトシステムを標準装備としたが、トヨタセーフティセンスの改良については実施していない。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

こんな記事も読まれています

公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
レスポンス
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
レスポンス
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
くるまのニュース
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
バイクのニュース
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
motorsport.com 日本版
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
カー・アンド・ドライバー
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
くるまのニュース
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
WEBヤングマシン
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
バイクのニュース
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
レスポンス
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
WEB CARTOP
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
motorsport.com 日本版
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
日刊自動車新聞
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
AutoBild Japan
東名~下田直結「伊豆縦貫道」全通へ”最後の難所”進行中!?「天城峠道路」事業化で「クネクネ峠越え」ついに解消近し
東名~下田直結「伊豆縦貫道」全通へ”最後の難所”進行中!?「天城峠道路」事業化で「クネクネ峠越え」ついに解消近し
くるまのニュース
[ハーレー試乗インプレ] 2024 ロードグライド:過去最大の開発費を投入。ブランドを代表する新モデルがお値段据え置き!?
[ハーレー試乗インプレ] 2024 ロードグライド:過去最大の開発費を投入。ブランドを代表する新モデルがお値段据え置き!?
WEBヤングマシン
【人とくるまのテクノロジー展 2024】今と未来の技術トレンドをチェック…来場者数2割増でスタート
【人とくるまのテクノロジー展 2024】今と未来の技術トレンドをチェック…来場者数2割増でスタート
レスポンス

みんなのコメント

8件
  • 旧車を併売してはいけないルールなどありません
  • 5ナンバー
    普通のセダン
    デザインもまとまっている
    ぜひ生き残って欲しい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0248.1万円

中古車を検索
カローラアクシオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0248.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村