現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

ここから本文です
イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
写真を全て見る(4枚)

車のニュース [2024.06.21 UP]


イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
文●池田直渡 写真●テスラ、トヨタ

テスラ・モデル3をローダウン!ストリート走行に適した車高調整式サス発売 ビルシュタイン

 2019年7月8日に他媒体に筆者が書いた記事をたまたま読み返して、今の自動車業界を考えると色々と思うことがあり、今回のテーマにしたい。

 さて、まずは記事の勘所を抜粋しよう。

 “ブランド価値を軸にして見ると、新車価格と中古車価格は相互に関係しつつループ構造になっている。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

池田直渡氏がクルマ業界の“今”を解説!中古車マーケットで注目すべき中古モデルとは?
池田直渡氏がクルマ業界の“今”を解説!中古車マーケットで注目すべき中古モデルとは?
グーネット
CNFのゲームチェンジが来た!【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
CNFのゲームチェンジが来た!【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
1年前にアルファードを買えなかった人にこそ知って欲しい、購入抽選の確率を爆上げさせる、四つの条件とは?【ディーラー生情報】
1年前にアルファードを買えなかった人にこそ知って欲しい、購入抽選の確率を爆上げさせる、四つの条件とは?【ディーラー生情報】
月刊自家用車WEB
人気中古車実車レビュー【ボルボ XC60】北欧車のプレミアムさと伝統が詰まったレアな1台
人気中古車実車レビュー【ボルボ XC60】北欧車のプレミアムさと伝統が詰まったレアな1台
グーネット
ビッグデータで徹底分析!人気の輸入車SUV、いま中古車市場で狙うならこの一台!
ビッグデータで徹底分析!人気の輸入車SUV、いま中古車市場で狙うならこの一台!
グーネット
日本のモビリティは最高です!  日本ならではの魅力ココにあり!!
日本のモビリティは最高です!  日本ならではの魅力ココにあり!!
グーネット
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
AUTOCAR JAPAN
アルピーヌ、再起動の戦略と技術【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
アルピーヌ、再起動の戦略と技術【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
グーネット
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
クルマが進化するとタイヤも変わる!? ミシュランが考える「サステナブル」って何? 乗り比べてわかったタイヤの方向性とは
クルマが進化するとタイヤも変わる!? ミシュランが考える「サステナブル」って何? 乗り比べてわかったタイヤの方向性とは
VAGUE
通勤からプライベートで使ってもOKなレクサスやメルセデス・ベンツを会社が用意……って羨ましすぎ! 欧米の文化「カンパニーカー」ってなに?
通勤からプライベートで使ってもOKなレクサスやメルセデス・ベンツを会社が用意……って羨ましすぎ! 欧米の文化「カンパニーカー」ってなに?
WEB CARTOP
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
ベストカーWeb
X1もディフェンダーも大変身!輸入車SUVの10年前と今を比べてみた~SUV今昔物語~
X1もディフェンダーも大変身!輸入車SUVの10年前と今を比べてみた~SUV今昔物語~
グーネット
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
“日本一売れてるクルマ”ホンダが2年ぶり首位陥落!? スズキ「軽ワゴン」なぜ“単月トップ”に躍進? 王者N-BOXがピンチに陥ったワケ
“日本一売れてるクルマ”ホンダが2年ぶり首位陥落!? スズキ「軽ワゴン」なぜ“単月トップ”に躍進? 王者N-BOXがピンチに陥ったワケ
くるまのニュース
MTあり! 3年ぶり“復活”のトヨタ「ヴィッツ」に反響多数!? 「サイズがいい」「見た目が好き」 145万円で全長3.7m級の「最新モデル」南アで躍進
MTあり! 3年ぶり“復活”のトヨタ「ヴィッツ」に反響多数!? 「サイズがいい」「見た目が好き」 145万円で全長3.7m級の「最新モデル」南アで躍進
くるまのニュース
燃費プラスアルファの鉄板チョイス! ハイブリッドSUV5選
燃費プラスアルファの鉄板チョイス! ハイブリッドSUV5選
グーネット

みんなのコメント

1件
  • ist********
    テスラの低迷傾向のは要因はブランド力のみではない。最初に報告されたのは修理費の高さ。それによる保険額アップ。次にアメリカ国内においても失火炎上。例えばGMは軽微な衝突でリアゲート周りが炎上。対応は即リコール届け。アメリカ国籍メーカーではあり得ない対応の違い。さらに自動運転によるトラブル。これはアメリカ認証当局とテスラ側で認証届けの内容と認識の違いで係争中。民事でトラブルにて訴訟起こされた方々も刑事訴訟へも示唆。ここでようやく値下げによるブランド力の低下。下取り価格と中古車価格は他社のEV車と比較しても最後尾に近い。北米と中国だと顕著。新機種のセミトラック、サイバートラックに関しては前者は量産以降できず。後者はリコール続き。しかも4年遅れ。難易度の高いと発言。スーパーチャージャーは大寒波で機能ぜず。課題をしてモデルチェンジするのが低迷からの脱出とブランド力回復だと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1199.01599.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

199.01580.0万円

中古車を検索
モデルSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1199.01599.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

199.01580.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村