サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「小さい」が「広い」という衝撃の矛盾! クラス最上の空間で圧倒するクルマ5選

ここから本文です

「小さい」が「広い」という衝撃の矛盾! クラス最上の空間で圧倒するクルマ5選

 大家族や友人と出かける人にもオススメなモデルが存在!

 ひとりでも、家族や友人たちと一緒でも、乗るクルマは広いほうがいい。のんびりとくつろげたり、休憩や着替えなどいろんなことができるスペースが欲しい、と考える人が増えたように感じます。スライドドアのクルマが人気なのも、そうした室内の広さがあることがひとつの要因なんですね。

この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

 ただ、室内は広い方がいいけど、クルマのボディサイズがあんまり大きいのは困る、という人も多いものです。日本の住宅地や都市部は狭く入り組んだ道が大半だし、駐車場も狭いので、取り回しが悪いクルマは敬遠されがち。ということは、多くの人たちが求める理想的なクルマとは、運転しやすさと室内の広さを両立しているクルマ、ということかもしれません。そこで今回は、5ナンバー規格に収まるコンパクトカーと軽自動車に絞って、小さくても室内広々なクルマのベスト5をご紹介したいと思います。

 1)スズキ・ソリオ

 まず1台目は、2列シート5人乗りで両側スライドドアを持つタイプのなかで、もっとも広い室内を誇るのは、スズキ・ソリオ。ライバルのダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー、タンク/スバル・ジャスティのほうがトータルの販売台数は多いのですが、室内の天井の高さはソリオが1360mm、トールが1355mmとわずかにソリオが高く、後席スペースなどの余裕にも関わる室内長を比べると、ソリオ2515mm、トール2180mmとソリオの圧勝です。

 室内は広いだけでなく、スズキらしいたっぷりの収納スペースや、簡単な操作で後席が倒せてフルフラットになるラゲッジなど、使いやすさも抜群。エンジンも1.2リッターNAと1.2リッターマイルドハイブリッド、1.2リッターハイブリッドなので、パワーと低燃費が両立していて、とても軽やかに走ることができます。三菱のデリカD:2はこのソリオのブランド違いなので、同じメリットがありますよ。

 2)ホンダ・フリード

 2台目は、3列シート6~7人乗りで両側スライドドアを持つ5ナンバー車でもっとも広い室内を誇る、ホンダ・フリード。もちろんガチライバルはトヨタ・シエンタとなるわけなんですが、天井の高さはフリード1275~1285mm、シエンタ1280mmと拮抗しているものの、室内長ではフリード3045mm、シエンタ2535mmとフリードの圧勝。だからフリードは、3列目シートまでしっかりと大人が座ることが可能なんですね。多人数で乗ることが多い大家族や、友人と出かけることが多い人たちに、フリードはとても快適だと思います。

 シートアレンジは3列目が左右に跳ね上げ格納となるので、ちょっと力は必要ですが、ホンダならではの低床技術を最大限に生かしたフラットな低いフロアで、重い荷物や自転車などもスムーズに積めるのが嬉しいところです。また、フリードには2列シート5人乗り仕様があり、室内長だけ見ると3045mmと先ほどのソリオよりも広くなります。とくに、5人乗車時の荷室容量がアップしますので、キャンプなどでたくさんの荷物を積みたいという人は、チェックしてみてくださいね。

 天井の高さや室内長、足元のスペースがゆったりとしたものも

 3)スズキ・クロスビー

 3台目は、人気のSUVで5ナンバー車の室内を比べてみるともっとも広いスズキ・クロスビー。売れているのはトヨタ・ライズですが、天井の高さはクロスビーが1280mm、ライズが1250mmとクロスビーがわずかに高く、室内長もクロスビーが2175mm、ライズが1955mmとクロスビーの勝ち。

 しかも、全長3760mmとライズより小さいのに、すごいですよね。後席が左右独立して前後にスライドできるので、荷物が多い時には後席を前に出せばいいし、フレキシブルな使い方ができるのもクロスビーのいいところです。

 4)スズキ・ワゴンR

 4台目は、独身世代でも使いやすいヒンジドアのハイトワゴン軽自動車でもっとも広いスズキ・ワゴンR。なんとスズキはここまで三冠ですね。ただし、このカテゴリーも激戦で、天井の高さだけを見ると、ホンダN-WGNの1300mmがもっとも高く、ダイハツ・ムーヴ1280mm、日産デイズ1270mmと、ワゴンRの1265mmよりも優っています。とはいえ、ワゴンRが圧倒的に広いのが、2450mmという室内長。ライバルたちが2055~2080mmにとどまるのに対し、40cmほども広いのです。

 おそらくハイトワゴン軽に乗るのは、通勤・通学などに使う独身世代か、セカンドカーとして一人で使うという人が多いことを考えると、天井の高さよりも、足もとスペースなどのゆったり感の方が必要だという答えがワゴンRなのだと思います。荷物を載せるときには後席を前にスライドすれば十分に入るし、パーソナルスペースとして使いたいときには、足を伸ばしてリラックスできる。そうした意味で広々と使えるのがワゴンRです。

 5)ダイハツ・ウェイク

 さて、ラスト5台目は今もっとも売れているカテゴリー、両側スライドドアを持つ軽乗用車、スーパーハイトワゴンからダイハツ・ウェイク。ご存じのように、このカテゴリーに限らずすべての乗用車のなかで、3年連続で販売台数No.1を誇るのはホンダ・N-BOXで、さすがN-BOXも天井の高さは1400mm、室内長は2240mmと素晴らしい実力の持ち主です。ウェイクも室内長では2215mmとN-BOXに少し負けているのですが、すごいのは天井の高さが1455mmもあることなのです。145cmといえば、小学6年生男子の平均身長。

 これまで、スーパーハイトワゴンの室内は小学校低学年の子供が立って着替えができるくらい、というのが一般的だったのですが、ウェイクは高学年の子供まで立てる室内ということになります。だから、大人もほとんど腰をかがめることなく乗り降りできたり、チャイルドシートのお世話や着替えなどのサポートもラクラク。この広さは、一度知ったらほかのクルマに戻れないかもしれないですね。

 というわけで、5つのタイプごとにもっとも広い室内の持ち主をご紹介しました。この5台は、運転しやすさの面で定評があるのはもちろんなのですが、もう1つメリットがあるんです。それは、3ナンバー車に比べて車重が軽いので燃費にも有利になり、税金もリーズナブルなので、維持費が押さえられるというところ。広くて運転しやすくて、おまけにお財布にも優しいクルマたちで、ぜひ賢く楽しいカーライフを手にいれてくださいね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します