現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型インプレッサスポーツは2Lマイルドハイブリッド1本で勝負! 間もなく日本でも発表へ!!

ここから本文です

新型インプレッサスポーツは2Lマイルドハイブリッド1本で勝負! 間もなく日本でも発表へ!!

掲載 6
新型インプレッサスポーツは2Lマイルドハイブリッド1本で勝負! 間もなく日本でも発表へ!!

 2022年11月の米国LAショーでワールドプレミアされたスバルの新型インプレッサスポーツ。北米では2Lと2.5Lのガソリンエンジン2種類が設定されたが、日本仕様はクロストレックと同じ2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERのみとなることが判明した。ボディサイズなどのスペックも合わせてお届けしよう。

本文/ベストカーWeb編集部、写真/SUBARU、加藤久美子

新型インプレッサスポーツは2Lマイルドハイブリッド1本で勝負! 間もなく日本でも発表へ!!

■北米は2L&2.5Lガソリンだが、日本は2Lマイルドハイブリッド1本

新型クロストレックと同様、2Lマイルドハイブリッドのe-BOXER専用車となる新型インプレッサスポーツ

 新型は歴代で6代目モデルとなるが、搭載されるパワートレーンはクロストレックと共通の2Lマイルドハイブリッド、e-BOXERのみとなる。水平対向2L直噴DOHCのFB20型エンジン(145ps/19.2kgm)に13.6ps/6.6kgmのモーターを組み合わせる。レギュラーガソリン仕様なのは現行モデルと同じだ。

 現行モデルのインプレッサ2Lマイルドハイブリッド車のWLTCモード燃費は15.2km/L、JC08モード燃費が19.2km/Lとなっており、新型では多少ブラッシュアップされてくる可能性が高い。新型クロストレックのJC08モード燃費が19.3km/L、WLTCモード燃費が15.8km/Lとなっていることを鑑みると、ほぼ同じ数値となることが予想される。

 ちなみに、2022年12月11日をもって現行型インプレッサスポーツ&G4については新規注文受付を終了し、1.6Lエンジンの設定も現行型で終了となることが公式サイトでアナウンスされている。

 なお、現行モデルの納期については新規注文受付から1~3カ月と発表されている(2022年11月10日時点)。新型インプレッサでは5ドアHBのスポーツのみの展開となり、セダンのG4は設定されない。

現行型インプレッサG4。新型は5ドアHB車のスポーツのみとなり、セダンモデルの設定はなし

■間もなく国内でも発表か? 現行モデルとほぼ同じボディサイズをキープ

北米仕様の新型インプレッサスポーツRS。搭載されるのは最高出力182hpを誇る2.5L水平対向DOHCだが、日本仕様には設定されない

 新型インプレッサスポーツのボディサイズは全長4475×全幅1780×全高1515mm、ホイールベース2670mmとなり、現行モデルから全幅で5mmアップしているだけでほぼ同サイズとなる。最低地上高は135mmで、パワートレーンが共通の新型クロストレック(全長4480×全幅1800×全高1575mm、ホイールベース2670mm)の200mmからかなり低くなっていることがわかる。

 また、北米の新型インプレッサスポーツは駆動方式が4WDのみだが、日本仕様では4WDに加えて車重の軽い2WD(FF)も設定される。このあたりは新型クロストレックと同様の展開となるようだ。

 従来までは先にインプレッサが発表され、クロスオーバーモデルとなるXV(新型はクロストレック)が1年ほど遅れてデビューするという順番を踏襲していた。今回の新型インプレッサは歴代で初めてインプレッサが後に登場することとなる。

 スバルの量販モデルとして、先にデビューしているクロストレックと同じくスバルグローバルプラットフォームにフルインナーフレーム構造を採用し、現行型レヴォーグと同じく2ピニオン電動パワステを採用。

 さらに一部グレードでは11.6インチのマルチインフォメーションディスプレイも採用。もちろん、クロストレック同様に先進安全装備の新世代アイサイトを標準装備し、従来のステレオカメラに加えて広角をカバーする単眼カメラが追加されているのも同じだ。

 価格については、新型クロストレックが266万2000~328万9000円と発表されていることから、新型インプレッサスポーツについてもほぼ同等となる可能性が高い。

 現行モデルの2L、e-BOXER車の「2.0i-Lアイサイト」が256万3000円、同「アドバンス」が281万6000円なので、装備のグレードアップ分などから若干の値上がりとなるが、ほぼ同等と言っても差し支えないだろう。

 現行型の新規注文受付が2022年12月11日で終了するため、早ければ国内での新型インプレッサスポーツの発表も年内に実施される可能性もある。正式な販売は北米でも2023年春以降となっているので日本仕様も同様のスケジュールとなりそうだ。

こんな記事も読まれています

もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
レスポンス
ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証
ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証
@DIME
全方位真っ白…突然の「ホワイトアウト」に遭遇!? “ドライバー”はどうしたらいいのか
全方位真っ白…突然の「ホワイトアウト」に遭遇!? “ドライバー”はどうしたらいいのか
くるまのニュース
WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」
WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」
motorsport.com 日本版
サージェントに大きな成長を期待するウイリアムズ。「サプライズを起こす存在になってほしい」とボウルズ代表
サージェントに大きな成長を期待するウイリアムズ。「サプライズを起こす存在になってほしい」とボウルズ代表
AUTOSPORT web
ルクレール、テストでは”真の姿”を隠したレッドブルへの警戒緩めず「彼らはまともにレースシミュレーションもしていない」
ルクレール、テストでは”真の姿”を隠したレッドブルへの警戒緩めず「彼らはまともにレースシミュレーションもしていない」
motorsport.com 日本版
HDMI入力にも対応!スイッチパネルにピッタリ設置できるカーチャージャー マックスウィン
HDMI入力にも対応!スイッチパネルにピッタリ設置できるカーチャージャー マックスウィン
グーネット
インフィニティ 新型「QX80」3月に世界初披露 イメージムービー先行公開【動画あり】
インフィニティ 新型「QX80」3月に世界初披露 イメージムービー先行公開【動画あり】
グーネット
約90万円から! トヨタの斬新「低価格コンパクトカー」実車公開! 無駄を省いた「軽量ボディ」に注目! 低燃費も実現した「アイゴ」登場に反響あり
約90万円から! トヨタの斬新「低価格コンパクトカー」実車公開! 無駄を省いた「軽量ボディ」に注目! 低燃費も実現した「アイゴ」登場に反響あり
くるまのニュース
BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
レスポンス
【宮田莉朋F2密着】大きな課題は「速く走るための感覚の違い」。日本の経験はリセット、チームは順応性を高く評価
【宮田莉朋F2密着】大きな課題は「速く走るための感覚の違い」。日本の経験はリセット、チームは順応性を高く評価
AUTOSPORT web
中須賀、強豪ライバル多数に「トップカテゴリーらしいメンバーが揃った。ライバルがいるから燃える」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
中須賀、強豪ライバル多数に「トップカテゴリーらしいメンバーが揃った。ライバルがいるから燃える」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
首都高・高速で大地震が発生! 通行止めは震度いくつから? ドライバーが命を守るために取るべき行動をお教えします
首都高・高速で大地震が発生! 通行止めは震度いくつから? ドライバーが命を守るために取るべき行動をお教えします
Auto Messe Web
トヨタ1600GT(昭和42./1967年8月発売・RT55型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト039】
トヨタ1600GT(昭和42./1967年8月発売・RT55型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト039】
Webモーターマガジン
ホンダF1、2026年から導入される次世代PUの開発状況は”2割”。計画率いる角田LPL「勝負はホモロゲ提出まで」
ホンダF1、2026年から導入される次世代PUの開発状況は”2割”。計画率いる角田LPL「勝負はホモロゲ提出まで」
motorsport.com 日本版
MG最強の544馬力ツインモーター搭載、ロードスター『サイバースター』が登場…ジュネーブモーターショー2024
MG最強の544馬力ツインモーター搭載、ロードスター『サイバースター』が登場…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
大型トラックの脱輪事故の96%は左後輪! なぜ極端に偏るのかトラック専門誌が解説!!
大型トラックの脱輪事故の96%は左後輪! なぜ極端に偏るのかトラック専門誌が解説!!
WEB CARTOP
上質工具を販売する「ファクトリーギア」が、新時代のワークスタイル提案ストア「GIGA ファクトリーギア神戸」を3月1日にオープン!
上質工具を販売する「ファクトリーギア」が、新時代のワークスタイル提案ストア「GIGA ファクトリーギア神戸」を3月1日にオープン!
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

6件
  • 現行型のってますが、ちょっと燃費上げるためにクソ高いバッテリーを余分に積むのはどうなんでしょう
    元取れないと思う
    ダウンサイジング1.5Lターボ期待してたのに残念です
  • スバルの車はとてもいいのだけど燃費性能だけがとにかく悪い。そこをトヨタの技術を取り入れて改善すればぜひ欲しい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

200.2295.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.1277.2万円

中古車を検索
インプレッサ スポーツの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

200.2295.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.1277.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村