サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜタクシーはガソリンでもディーゼルでもなくLPG対応エンジンを採用したのか!?

ここから本文です

 走行距離に加え走行時間の長いタクシーは、LPG(液化石油ガス)に対応したエンジンを使うのが主流となっている。同じように燃費に有利なディーゼルエンジンもあるが、トラックはディーゼル、タクシーはLPGと二分化している。

 時々タクシーしかいないスタンドを見かけることがあるが、これがいわゆるオートガスステーションといわれるLPG給油施設だ。

トップばかりが栄光ではない! クルマ界「2番」を讃えよ!

 それでは、なぜLPGがタクシー燃料の主流となったのだろうか。LPGの優位性を考察する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン