現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープ「グラディエーター」にどうやって「ルーフテント」を装着? ピックアップをDIYカスタムして楽しむオーナーに聞いてみました

ここから本文です

ジープ「グラディエーター」にどうやって「ルーフテント」を装着? ピックアップをDIYカスタムして楽しむオーナーに聞いてみました

掲載 1
ジープ「グラディエーター」にどうやって「ルーフテント」を装着? ピックアップをDIYカスタムして楽しむオーナーに聞いてみました

ジープの最新ピックアップトラックをいち早く入手してカスタム

 アウトドア&カスタムカーを軸に、カーショーとオートキャンプが融合した新しいスタイルのイベントが「Let’s Chill Out!(レッツチルアウト)」だ。2022年は6月に朝霧フードパークで開催し、さらに今回、秋の部として11月5日(土)~6日(日)の2日間、神奈川県相模原市のシティプロモーションイベント「潤水都市さがみはらフェスタ」との共催で、相模総合補給廠一部返還地にて開催された。

軽トラにV8ターボを搭載! 三菱「ミニキャブ」にレクサスの至宝を搭載してドリフトマシン魔改造

ひときわ目立つ、全長5.6mのビッグなピックアップモデル

 ロングなボディの真っ赤なピックアップスタイルが会場でもひと際目立っていた、2020年式ジープ「グラディエーター」でイベントに参加していたのが船津 裕さんだ。

 ジープ・グラディエーターは2018年のLAショーで発表され、日本国内では2021年に導入が発表された、ジープ・ブランドとしては「コマンチ」以来26年ぶりのピックアップモデルだ。ベースはジープ「ラングラー」(JL)で、ピックアップ化にともないラングラー・アンリミテッドに対してホイールベースが480mm延長され、全長は5.6mとなっている。キャビン部分は4ドア・5人乗りのダブルキャブだ。日本導入モデルは現在のところ高いオフロード性能を誇るルビコン仕様のみで、エンジンは3.6L V型6気筒エンジンの設定となっている。

ベッド部分のラックやオーバーフェンダーはDIYで製作

 船津さんのグラディエーターは2020年式。この年式を見ても分かるとおり、日本導入前の本国仕様だ。そのためグレードはルビコンではなく、スポーツとなっている。いち早く日本国内でグラディエーターに乗り始めた船津さんは、ラフカントリーのリフトアップキットとファルコンのショックで計3インチ(約7.6cm)の車高アップ、プロコンプ17インチホイール&ヨコハマのジオランダーX-MTタイヤなどのカスタムを行っているが、これらはラングラーのパーツが流用可能となっている。

 となると、グラディエーターならではの、ベッド用のラックなどのパーツはどこのメーカーのものか疑問がわくところだ。

 じつは船津さん、ご自身で溶接ができるためホームセンターでCチャンネルの鋼材などを購入し、DIYで製作したのだそうだ。それゆえベッドのトノカバーを活用するため、あえてラックを外側にオフセットして装着するなど、船津さん自身の工夫も加えられている。さらにその自作ラックの上にはキングスのルーフテントをセット。このスタイルで、キャンプなどを楽しんでいる。ちなみにオーバーフェンダーなども自身で製作したのだそうだ。

日本導入スタートで今後は多彩なグラディエーターに期待

 ところで5mを超える全長を持つグラディエーターだが、使い勝手はどうなのだろうか。

「ホイールベースが長いっていうのはありますが、以前乗っていたJK(ラングラー)よりはハンドルが切れるので、それほど気にはならないですね。燃費も6~8km/L走りますし、一般道でも6km/Lは切らないといったところです」

 現在カスタム熱は落ち着いているそうだが、バンパーの交換や取り外し可能なベッド用のシェル装着なども考えていると語る船津さん。日本導入がすでに始まっているので、今後は船津さんのようにさまざまな個性をもったグラディエーターが増えていくことになるだろう。

こんな記事も読まれています

【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
motorsport.com 日本版
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
Auto Prove
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
Webモーターマガジン
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
バイクブロス
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
くるまのニュース
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
バイクのニュース
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ベストカーWeb
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
モーサイ
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
AUTOSPORT web
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
THE EV TIMES
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
くるまのニュース
ランクル250の実車が見られる! 東京、大阪の2拠点に展示
ランクル250の実車が見られる! 東京、大阪の2拠点に展示
driver@web
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
乗りものニュース
トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは
トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは
くるまのニュース
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
ベストカーWeb
フェラーリ「275P」がたった182万円!? 12台のみ手作りされたヴェスパのエンジンを搭載したジュニアカーでした
フェラーリ「275P」がたった182万円!? 12台のみ手作りされたヴェスパのエンジンを搭載したジュニアカーでした
Auto Messe Web
スズキ スイフト【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
スズキ スイフト【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
進化したホンダN-VANがデビュー!──GQ新着カー
進化したホンダN-VANがデビュー!──GQ新着カー
GQ JAPAN

みんなのコメント

1件
  • 最近はハイラックスやトヨエース、軽トラの荷台にパイプ組んでテントつける人いますよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

960.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

598.01284.1万円

中古車を検索
グラディエーターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

960.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

598.01284.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村