サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 欧州で人気、VW ティグアンのロングボディ仕様「オールスペース」の大幅改良モデルが近く登場

ここから本文です

欧州で人気、VW ティグアンのロングボディ仕様「オールスペース」の大幅改良モデルが近く登場

欧州で人気、VW ティグアンのロングボディ仕様「オールスペース」の大幅改良モデルが近く登場

独フォルクスワーゲンは5月5日、ミドルサイズSUV「ティグアン」のロングホイールベース(LWB)モデル「ティグアン・オールスペース」にマイナーチェンジを実施し、5月12日にワールドプレミアすると発表した。

ティグアンは2007年に初代がデビューして以来、全世界で600万台以上を販売したフォルクスワーゲンのベストセラーSUV。スポーティなルックスとユーティリティの高さは日本国内でも評価が高いが、実は世界販売の55%は日本未導入のLWBバージョンとなっており、今回その世界的な売れ筋モデルにアップデートが実施されることとなった。

現状公開されているのはリアエンドの予告画像のみだが、改良のポイントはベースとなるノーマルのティグアンに準じているとのこと。それゆえ、昨秋デビューした改良版ティグアンと同様、エクステリアではヘッドライトやフロントグリル、そしてバンパーのデザインを一新し、新たなブランドロゴも採用することで、外観の先進性を高めてくると想定される。

また、インテリアについてはデジタル化が加速し、デジタルコクピットが採用されるほか、エアコンのコントロールパネルはタッチ式に換装される見通し。さらに、インフォテイメントシステムは最新版の「MIB3」となり、スマートフォンとの連携や音声認識などの機能が大幅に強化される。 

もちろん、定評ある使い勝手の良さはさらに向上し、22センチ伸ばされたホイールベースにより、ラゲッジスペースは最大1920Lまで拡大可能となるほか、オプションで3列シート仕様も選択できるから、3世代での移動にもピッタリだ。

ティグアンの改良版LWBバージョンは、中国向けの「ティグアンL」が上海で生産される一方、米大陸向けの「LWBティグアン」及び欧州向けの「ティグアン・オールスペース」はメキシコで生産されることとなる。

LWBバージョンは2017年のローンチ以降、既に約150万台が販売されたというから、今回の改良も注目を集めることは必至。改良版ティグアン・オールスペースのプレオーダー受付は、欧州では今後数週間以内に開始されるとのことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します