現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プラグインHVよりオススメ プジョー408 ピュアテック130 GTへ試乗 ファストバックxSUV

ここから本文です

プラグインHVよりオススメ プジョー408 ピュアテック130 GTへ試乗 ファストバックxSUV

掲載
プラグインHVよりオススメ プジョー408 ピュアテック130 GTへ試乗 ファストバックxSUV

上半分がファストバックで下半分がSUV

生命は、進化の過程で様々な特徴を持つ形態へ別れてきた。近年のクルマも分化が進み、ハッチバックにサルーン、クーペ、SUVという従来的なカテゴリーでは分類が難しいモデルもある。その最たる1台が、プジョー408だろう。

【画像】ファストバックxSUV プジョー408 ピュアテック130 競合サイズのSUV 308も 全133枚

プジョーはプレゼンテーションで、上半分がファストバック、下半分がSUVだと説明した。リアスポイラーには、猫耳が付いている。スタンス自体も、猫科の動物に影響を受けたらしい。

一般的なモデルより最低地上高は高く、確かにウエストラインより下はSUVのように見える。しかし着座位置は低めで、グラスエリアは小さめ。今までプジョーを検討しなかったような人の共感も得たいと、同社は期待をにじませる。

新鮮なフォルムの内側にあるプラットフォームやパワートレインは、ステランティス・グループではおなじみのもの。最新版のEMP2を基礎骨格とし、1.2L 3気筒ガソリンターボか、1.6L 4気筒ガソリンターボのプラグイン・ハイブリッドを英国では選べる。

今回試乗したのは、その前者。最高出力130psを発揮する、ピュアテック130と呼ばれるグレードだ。トランスミッションは、8速オートマティックのみ。マニュアルは選択できない。バッテリーEVのe-408も、開発途上にあるという。

フロントシートやダッシュボードは308と同じ

スタイリングと裏腹に、インテリアも最近のプジョーでは見慣れた景色。基本的に、ハッチバックの308と共有している。ダッシュボードとセンターコンソール、メーター用モニターは同じものだ。

iコクピットと呼ばれる運転姿勢も共通。一部のドライバーにとっては、小さなステアリングホイールの上からメーター用モニターを見る、というスタイルは適しているかもしれない。だが、そうではない人も多いだろう。

そのメーター用モニターには、GTグレードでは3D効果表示も与えられる。速度やその他の情報が違う奥行き感で見え、筆者は嫌いではない。お好みでなければ、平面的に表示させることも可能だ。

インフォテインメント・システムは最新バージョンが実装され、メニュー構造は論理的で、反応は素早い。頻繁に使う項目を、ホーム画面に登録できる。ただし、エアコンをホーム画面へ指定すると、画面の半分が専有されてしまう。

テクスチャーなどの処理が異なるものの、フロントシートの形状も308と同じ。サイズが大きめで体を優しく支えてくれ、座り心地が良い。パワーシートを選択すると、座面の角度も変えられるようになり、身長の高いドライバーも快適な姿勢を取りやすくなる。

ピュアテック130の方が明らかに好ましい

他方、リアシートより後ろの車内は、308と大きく異なる。107mmもホイールベースが長く、足元まわりはクラス上の508より広い。ルーフラインがクーペ風に傾斜しているものの、背もたれの上までは高さが保たれ、上下方向も見た目以上にゆとりがある。

荷室容量は536L。かなり広いといっていい。プラグイン・ハイブリッドでは、471Lに狭まる。

試乗車には、10本のスピーカーと690Wのアンプで構成される、フォーカル社製のハイファイ・オーディオが組まれていた。600ポンド(約11万円)のオプションだが、それに納得するほど音質は素晴らしかった。

今回は、英国の一般道でプラグイン・ハイブリッドの408も短時間運転したが、印象は内燃エンジン版のピュアテック130の方が明らかに好ましい。英国編集部としては、こちらをオススメしたい。

車重は1392kgと軽く、130psでも0-100km/h加速を10.4秒でこなせる。8速ATの望ましいギア比によって、数字以上に鋭く思えた。

3気筒エンジンは気持ち良く回り、ノイズも適度にスポーティ。限られたパワーをしっかり引き出すことを、楽しく感じさせる。ドライブモードは、スポーツ・モードが最適。8速ATのシフトマナーも、若干滑らかになるようだ。

燃費は、少し意欲的に運転しても 15.0km/Lを超えていた。サイズを考えれば、褒められる結果だろう。

定評あるパワートレインを個性的な容姿で包む

プラグイン・ハイブリッドより300kgも軽いため、乗り心地や操縦性の面でもメリットを得ている。加減速時のピッチや、旋回時のロールが小さく、カーブの連続する区間を軽快に運転できる。回頭性も鋭い。乗り心地も、僅かにしなやかさを増している。

シンプルなパワートレインなだけに、価格も魅力的。英国の場合、ピュアテック130のGTグレードで3万4650ポンド(約627万円)となる。ハイブリッド225のGTグレードより、1万ポンド(約181万円)以上安い。

408が、シトロエンC5 Xより若干お高めなことは事実ではある。それでも、定評のあるパワートレインを個性的なスタイリングで包んだ、新しいプジョーの訴求力は低くないといえる。

プジョー408 ピュアテック130 GT(英国仕様)のスペック

英国価格:3万4650ポンド(約627万円)
全長:4687mm
全幅:1848mm
全高:1478mm
最高速度:209km/h
0-100km/h加速:10.4秒
燃費:14.5-17.0km/L
CO2排出量:136g/km
車両重量:1392kg
パワートレイン:直列3気筒1199cc ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:130ps/5500rpm
最大トルク:23.5kg-m/1750rpm
ギアボックス:8速オートマティック(前輪駆動)

こんな記事も読まれています

ますます魅力的……ホンダ軽商用バンN-VANが一部改良 Nシリーズ10周年記念車はアウトドアテイスト満点!!!
ますます魅力的……ホンダ軽商用バンN-VANが一部改良 Nシリーズ10周年記念車はアウトドアテイスト満点!!!
ベストカーWeb
トヨタ新型「ランクル250 エアロ仕様」初公開! オシャ&タフな精悍スタイル!? リアスポイラーも設定
トヨタ新型「ランクル250 エアロ仕様」初公開! オシャ&タフな精悍スタイル!? リアスポイラーも設定
くるまのニュース
R34GT-Rはタービン交換に40万円!? 中古で激安の過走行車購入はアリなの? 10年/10万kmのメンテ費用はいくらかかるのか
R34GT-Rはタービン交換に40万円!? 中古で激安の過走行車購入はアリなの? 10年/10万kmのメンテ費用はいくらかかるのか
ベストカーWeb
うおおおお!!!!!!!! やっぱあったじゃん新型マツダ6セダン!!! 待望のFRで高級サルーン爆誕か!?!?
うおおおお!!!!!!!! やっぱあったじゃん新型マツダ6セダン!!! 待望のFRで高級サルーン爆誕か!?!?
ベストカーWeb
スズキ「Vストローム250SX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム250SX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「スイフト」が英国で圧倒的支持を受ける理由 顧客満足度8度目の1位、信頼性ランキングも2位という揺るぎない実績
スズキ「スイフト」が英国で圧倒的支持を受ける理由 顧客満足度8度目の1位、信頼性ランキングも2位という揺るぎない実績
Merkmal
異次元のSTIモデルだ! 歴代Sシリーズで唯一SがつかないR205の走りがヤバすぎた!!!
異次元のSTIモデルだ! 歴代Sシリーズで唯一SがつかないR205の走りがヤバすぎた!!!
ベストカーWeb
最高のミニバンキャンパーはこれだ! 4人が寝られるトヨタ ノアがベースのキャンパー
最高のミニバンキャンパーはこれだ! 4人が寝られるトヨタ ノアがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
AUTOSPORT web
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
ベストカーWeb
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.0735.0万円

中古車を検索
クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.0735.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村