現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トラック業界は必ずしも歓迎せず! トラックの高速の制限速度を80→100km/hに引き上げる案への声

ここから本文です

トラック業界は必ずしも歓迎せず! トラックの高速の制限速度を80→100km/hに引き上げる案への声

掲載 134
トラック業界は必ずしも歓迎せず! トラックの高速の制限速度を80→100km/hに引き上げる案への声

 この記事をまとめると

■トラックの高速道路制限速度を引き上げようという案が出ている

「ちょんまげ」「月光仮面」「墜落」「ガッチャマン」! 携帯電話もSNSもない時代のトラック乗りが使っていた「無線用語」が謎すぎる!!

■目的は物流の効率化や人材不足対策

■しかしこの案にはいくつか問題点が挙げられる

 トラックの高速道路制限速度の引き上げが検討されている

 その昔、大型トラックはキャブの上端に速度に応じて点灯する、緑の3連ランプが取り付けられていた。これによって外からトラックの速度が掴みやすいため、トラック運転手は派手に飛ばすことができない環境に置かれていたのだ。

 しかし、過酷な労働環境とモラルの低下か、高速道路において大型トラックによる重大な交通事故が多発。これを受けて警察庁と国土交通省は、2003年より大型トラックの最高速度を制限するスピードリミッターの導入を決めたのである。

 これによって大型トラックの最高速度は90km/hに制限され、高速道路上の制限速度は80km/hとなったのだった(大型トラックなどの後部には速度抑制装置付というステッカーが貼られている。これは90km/hで作動するスピードリミッターが装着されているという意味だ)。速度が低下すれば、前方の渋滞に気づくのが遅れても、急制動によって速度が落ち、最悪の場合に衝突しても損傷の軽減が見込める。

 さらに、2013年には衝突事故軽減ブレーキ、いわゆる自動ブレーキの搭載を義務化して、ドライバーのミスを車両側がサポートする構造が取り入れられている。

 しかし、その間にも物流の取扱量は増大を続け、ドライバーの負担は増すばかり。働き方改革に伴う労働環境の改善もあって、残業時間に制限が与えられたため、2024年度からは物流がパンクすることは必至だ。

 そのため、物流の効率化や人材不足対策に、再び大型トラックの高速道路制限速度を引き上げようという案が出ている(決定ではなく案として検討している)。80km/hを100km/hに引き上げ、3割近いスピードアップをするので1日の取扱量が増やせる、ということを目論んでいるのだろう。

「荷物を捌ききれないから」で制限速度を引き上げていいのか?

 しかしながら、運輸業者のなかには、この制限速度引き上げを歓迎しているところばかりではなさそうだ。そもそも大きく重い大型トラックやトレーラーが事故を起こすと、その運動エネルギーの大きさから衝撃力が凄まじく、被害が甚大になる。それゆえ、制限速度を80km/hに落としたのに、「荷物を捌ききれないから」という理由で、制限速度を引き上げていいのだろうか?

 制限速度を引き上げると走行中のタイヤバーストなどの危険性も高まることから、ドライバーの安全面に支障が出る可能性もある。それに、現在の高速道路の交通量の多さから考えれば、制限速度を引き上げても平均車速はそこまで上昇することは考えにくい。高速道路でも上り坂や低速車両の追い越しなど速度が上下するシーンはいくつもあり、遅いクルマに引っかかったり、上り坂で速度が低下したあとに加速して100km/hにまで到達するのには、乗用車よりかなり時間がかかるからだ。

 それに走行速度が3割上昇すれば、それに伴って燃費も悪化する。高速道路を走行中の車両では空気抵抗がもっとも大きな損失であり、空気抵抗は速度の二乗に比例して増加する。荷物の扱い量が増えても燃料代が嵩んでしまえば、利益はなかなか増えてはくれない。

 現場のことなど何も知らない役人が考えても、実効性のある施策など構築できる訳がない。1日助手でも勤め、物流の仕事の過酷さ、運送業の大変さを知ってこそ、本当の問題に気付くだろう。

 大型トラックの制限速度が高まれば周囲を走る乗用車のドライバーは、トラック同士の追い越しのモタつきから解消されると思っているのかもしれない。しかし、前述のように平均車速はわずかに上がる程度かもしれないし、いまの大型トラックが高速道路上を占める割合は変わらないのだから、それほど改善することはなさそうだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
ベストカーWeb
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
AUTOSPORT web
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
グーネット
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
ベストカーWeb
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
Auto Messe Web
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
AUTOSPORT web
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
Auto Messe Web
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
AUTOSPORT web
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
くるまのニュース
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
レスポンス
【編集部厳選】アバルト「595」用の車高調やスロットルコントロールに注目!「ドロロンステッカー」はストレートになって貼る場所が増えました
【編集部厳選】アバルト「595」用の車高調やスロットルコントロールに注目!「ドロロンステッカー」はストレートになって貼る場所が増えました
Auto Messe Web
予測しづらいマシンの改善に取り組むメルセデスF1、日本GPで確かな手ごたえ「結果に表れてなくても、進歩が見られた」
予測しづらいマシンの改善に取り組むメルセデスF1、日本GPで確かな手ごたえ「結果に表れてなくても、進歩が見られた」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

134件
  • trj********
    ドライバーが足りないからブッ飛ばして時短し数をこなせって?
    国民をバカにしてる証拠だね
  • mik********
    キックバックをもらっていた人達のド素人の意見なんて
    採用しなくていいでしょう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村