現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは

ここから本文です

アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは

掲載 更新 12
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは

■「シビック」は貴重すぎる今や希少な存在?

 ホンダ「シビック」シリーズは、1972年登場と長い歴史を持つホンダの中でも重要な車種の一つです。

【画像】めちゃカッコイイ! めちゃスポーティなホンダ「シビック」を画像で見る(39枚)

 そんなシビックの現行モデルは、2021年に登場した11代目ですが、現在日本で販売されている国産車では”希少な”存在となっています。

 シビックシリーズは、1972年の発売以来、世界で累計約2700万台を販売しているグローバルモデル。現行モデルは11代目で、ホンダのクルマづくりの基本である「人中心」の考え方を深く掘り下げることで、親しみやすさと特別な存在感を併せ持ち、乗る人全員が「爽快」になることのできるクルマが目指されています。

ボディサイズは、全長4530mm×全幅1800mm×全高1415mm。ボディ形状はセダンのようにも見えますが、構造はハッチバックです。

 エクステリアデザインは、低重心・水平基調でシンプルかつ流れるようなプロポーションとし、一目で魅力が感じられ長く乗り続けたくなるような存在が目指されています。

 インテリアでは、不要なデザイン要素を排した造形にするとともに、直感的に操作しやすく触感にもこだわったスイッチ配置を実現。清潔感や心地よい五感への刺激などを重視し、爽やかで心地のよい移動ができる空間としています。

 パワートレインには、俊敏なレスポンスを実現した最高出力182馬力・最大トルク240Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンを搭載するガソリンエンジンモデルと、最高出力141馬力・最大トルク182Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒エンジンと最高出力184馬力・最大トルク315Nmを発揮するモーターを組み合わせたハイブリッドモデル「e:HEV」を用意します。

 そしてこのうち、ガソリンエンジンモデルのトランスミッションには、CVTの他に、“6速MT”が設定されます。

 その姿を消しつつある“MT設定”ですが、現在日本で販売されるMT設定車はトヨタ「ヤリス」、スズキ「スイフトスポーツ」、マツダ「ロードスター」、スバル「BRZ」などで、同様の形状を持つライバルはマツダ「MAZDA 3」くらいと希少な存在となっています。

 そんな中、MTの設定が残っているシビックは一部の層の受け皿となっているようで、発売当時の初期の受注では4割程度がMT設定を選択していたと言います。

※ ※ ※

 シビックのMTモデルの価格は、324万600円から。クルマの販売価格が年々上がっていることを考慮すれば、まだ比較的“安価”な方と言えるかもしれません。

 MT比率の減少は、一部の特別な市場を省き、日本だけではなく“世界中”で起こっています。今後も少しずつ消滅していくであろうことを配慮すれば、シビックのような貴重なクルマが国内でも販売されるのは“今のうち”かもしれません。

こんな記事も読まれています

自動車ブランド初!DSオートモビル「ChatGPT」を標準装備に 日本導入は4月中旬
自動車ブランド初!DSオートモビル「ChatGPT」を標準装備に 日本導入は4月中旬
グーネット
全長4.2m級! 新型「3人乗り小型スポーツカー」25年に登場へ! 「美しすぎる」流麗フォルムדリア駆動”の斬新マシンは日本での発売も
全長4.2m級! 新型「3人乗り小型スポーツカー」25年に登場へ! 「美しすぎる」流麗フォルムדリア駆動”の斬新マシンは日本での発売も
くるまのニュース
ジープ 北米でバズった“ダック”付き!ラングラーアンリミテッドにフリーダムな特別仕様車
ジープ 北米でバズった“ダック”付き!ラングラーアンリミテッドにフリーダムな特別仕様車
グーネット
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
レスポンス
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
くるまのニュース
純ガソリン車ならではの歓びを味わえるのは今がラストチャンスかも──アバルト695コンペティツィオーネ試乗記
純ガソリン車ならではの歓びを味わえるのは今がラストチャンスかも──アバルト695コンペティツィオーネ試乗記
GQ JAPAN
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
motorsport.com 日本版
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
くるまのニュース
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
motorsport.com 日本版
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
くるくら
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
レスポンス
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
motorsport.com 日本版
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
AUTOSPORT web
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
グーネット
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
OPENERS
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
グーネット
6年ぶり全面刷新! スバル「新型SUV」登場へ 豪華内装×タフ顔採用の「新型フォレスター」カナダで実車初公開
6年ぶり全面刷新! スバル「新型SUV」登場へ 豪華内装×タフ顔採用の「新型フォレスター」カナダで実車初公開
くるまのニュース

みんなのコメント

12件
  • これで安価って言われちゃうと
    自分の給料の安さに悲しむ
  • **********
    すごく良いクルマだと思うけどな。
    走りや装備レベル(ほぼフル装備)から考えたって不当に高いとは思わない。
    今のご時世でもMT車を新車で買えて、家族4人が不満なく乗れるってだけでも貴重な存在よ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.9239.8万円

中古車を検索
シビックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.9239.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村