サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高齢化社会到来で今後のクルマに求められる福祉の視点とは

ここから本文です

高齢者のための装備がすべての人のために

 クルマについては「高齢者に運転しやすいとか、障がい者でも操作可能」といったことが謳われることがありますが、これはそうした一部の人だけのためではなく、あらゆる人のためになることにつながります。そんな発想や作り方を「ユニバーサルデザイン」といい、近年進んでいるきている分野です。

高齢者に優しいクルマ「サポカー」 200万円以下で探すオススメ車5選

 たとえば、ドライビングポジションの調整装置ですが、古くはシートのスライドとリクライニングといった程度。いまでは、さらにさまざまな要素が付いてきます。

おすすめのニュース

サイトトップへ