現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から

ここから本文です
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
写真を全て見る(1枚)

■新型「キャンター」登場!14年ぶりの大刷新

 三菱ふそうは2024年2月21日、新型の小型トラック「キャンター」を発表しました。14年ぶりの刷新となった同車は、先進安全装備を大幅に拡充したほか、インテリアデザインなどについても大きく進化しています。

【画像】これはカッコイイ! これが新型「キャンター」です(48枚)

 キャンターは初代が1963年にデビュー。ロングセラーを誇る三菱ふそうの小型トラックで、グローバルでも広く展開されている人気モデルです。

 今回発表された新型キャンターは、大きな変更点としてインテリアを14年ぶりにリニューアルしたほか、機能性と洗練されたスタイルを両立。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

特許取得! 左右専用ドライブレコーダー「WHSR-S100」が日本初登場
特許取得! 左右専用ドライブレコーダー「WHSR-S100」が日本初登場
レスポンス
【究極の1台を探せ!エンジン編】いま希少なICEモデルの中で大谷達也が選ぶ。求めたいのは”官能性”か? それとも”パフォーマンス”か?
【究極の1台を探せ!エンジン編】いま希少なICEモデルの中で大谷達也が選ぶ。求めたいのは”官能性”か? それとも”パフォーマンス”か?
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長約5m! マツダが新型「ラージSUV」世界初公開へ! 「CX-8後継車」4月18日に欧州でお披露目!
全長約5m! マツダが新型「ラージSUV」世界初公開へ! 「CX-8後継車」4月18日に欧州でお披露目!
くるまのニュース
GT500は36号車au TOMS、GT300は61号車SUBARUが最速|スーパーGT開幕戦岡山:公式練習タイム結果
GT500は36号車au TOMS、GT300は61号車SUBARUが最速|スーパーGT開幕戦岡山:公式練習タイム結果
motorsport.com 日本版
路線バスを諦めるな! 車両や営業所の「空きスペース」を有効活用すれば、稼ぐチャンスはまだまだある
路線バスを諦めるな! 車両や営業所の「空きスペース」を有効活用すれば、稼ぐチャンスはまだまだある
Merkmal
ギャランやパジェロなどの名車が集結。ミツビシ、篠塚建次郎氏の追悼展示をオートモビルカウンシルで実施へ
ギャランやパジェロなどの名車が集結。ミツビシ、篠塚建次郎氏の追悼展示をオートモビルカウンシルで実施へ
AUTOSPORT web
バイクに乗る際の必要書類とは? 万一に備えてスマホで撮って保存!
バイクに乗る際の必要書類とは? 万一に備えてスマホで撮って保存!
バイクのニュース
スバル“最新”「レガシィ」登場! 全長4.8m級ボディにめちゃ「スポーティデザイン」がカッコイイ! 「レガシィ セダン」米展示に反響
スバル“最新”「レガシィ」登場! 全長4.8m級ボディにめちゃ「スポーティデザイン」がカッコイイ! 「レガシィ セダン」米展示に反響
くるまのニュース
【MotoGP】マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
【MotoGP】マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版
アルピーヌ、F1日本GPで“一歩後退”。オコン「レースで戦えないという感覚。他マシンは別カテゴリーにいた」
アルピーヌ、F1日本GPで“一歩後退”。オコン「レースで戦えないという感覚。他マシンは別カテゴリーにいた」
motorsport.com 日本版
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
ベストカーWeb
ガソリンエンジンの重要部品だけどディーゼルには不要! 「スパークプラグ」って何?
ガソリンエンジンの重要部品だけどディーゼルには不要! 「スパークプラグ」って何?
WEB CARTOP
『レンジローバー・スポーツ』が2025年モデルに刷新。ダークトーンで統一したステルスパックも導入
『レンジローバー・スポーツ』が2025年モデルに刷新。ダークトーンで統一したステルスパックも導入
AUTOSPORT web
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円 焦点は規制当局の判断へ
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円 焦点は規制当局の判断へ
日刊自動車新聞
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
バイクのニュース
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

4件
  • motorider
    95年の8月に新車で2tのデラックス(グレード)の超低床仕様を買い、昨年の11月に走行距離13000キロとまだまだ乗れましたが、やむを得ない事情で手放しました。買った時の価格は270万円。当時の物価で同じ価格でマークⅡクラスの上位グレードが買えました。今のは安いので540万円! 今だったらリースですね。
  • max********
    三菱に 乗りたい!!!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村