サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > BMW、MotoE用のセーフティカー『i4 M50』を公開。第5戦オーストリア大会でデビュー/MotoGP

ここから本文です
 BMWは8月2日、電動バイクによるチャンピオンシップ、FIM Enel MotoE World Cup(MotoE)の第5戦オーストリア大会から使用するセーフティカー『BMW i4 M50』を発表した。

 BMWの研究開発部門であるBMW・M社は、1999年からチャンピオンシップのオフィシャルスポンサーとして、オフィシャルカーを供給。2021年はセーフティカーとして『M3』、『M4』、『M5 CS』の3台、セーフティバイクは『M1000RR』の1台が新たに導入され、MotoGP第1戦カタールGPでデビューした。

おすすめのニュース

サイトトップへ