現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > おいおいサイコーの選択肢じゃん! 結構アリかも……ハイエースが普段使いもイケる納得のワケ

ここから本文です

おいおいサイコーの選択肢じゃん! 結構アリかも……ハイエースが普段使いもイケる納得のワケ

掲載 20
おいおいサイコーの選択肢じゃん! 結構アリかも……ハイエースが普段使いもイケる納得のワケ

 究極の仕事車であるハイエースは日夜、我々の生活を支えてくれる仕事人の頼れる相棒だ。だが最近ではハイエースの広大なスペースと堅牢さから、家族用のミニバンとして使う人も増えてきている。そこで今回はハイエースを家族用で使う方法をお教えしよう。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA

おいおいサイコーの選択肢じゃん! 結構アリかも……ハイエースが普段使いもイケる納得のワケ

■乗車人数が3名を超えるなら迷わずスーパーGLを選ぶべき

シートもふかふかで、ヘッドレストも付いてるスーパーGLは長時間乗っても全然イケる

 そもそもハイエースは「物」や「道具」をたくさん運ぶためのクルマだ。普段よく見かける職人のクルマは「ハイエースバン」という。

 この他にも人をたくさん乗せるためのハイエースが存在して、ハイエースワゴンとハイエースコミューターがあるのだ。

 ワゴンは10名乗車、コミューターは14名乗車が基本形なので、大家族の親子3世代同居などでもない限りは、選ぶ必要は無い。

 今回の話は、ハイエースバンをファミリーユースにする前提で進めていく。

 まず、乗車人数が3名を超える場合や、チャイルドシートの装着が必須という人は、迷わずスーパーGLを選んでほしい。

 標準ボディの2.0Lガソリンで十分だ。車両本体価格は315万5700円からとなる。

 ファミリーカーとして、ハイエースバンを選ぶ場合、ほとんどのケースがスーパーGLに落ち着く。

 他のハイエースバンと違い、リアシートにヘッドレストがあり、リクライニングと前後スライドができるためだ。

 他のグレードではリクライニング・スライド無し、ヘッドレストすらない直角ベンチシートに家族を乗せることになる。

 ほぼ確実に「私たちはモノですか?」と、怒気の混じった声で、詰められてしまうことだろう。

■価格が魅力のデラックスも捨てがたい

 後席の形状に難があるものの、価格に大きな魅力を持っているのがデラックスグレードだ。

 2列シート6人乗りの5ドアで、255万円(2.0Lガソリン)となる。スーパーGLとは50万円以上の価格差があるのは見逃せない。

 夫婦2名で使うという場合は、デラックスでもいいだろう。

 全席シートはヘッドレストが取り外せず、助手席側はスライドしないが、シートの体裁は保っている。

 また、リアシートに手を加えるという前提で、デラックスを選ぶのも悪くは無い。ハイエースならではの、カスタム大作戦だ。

 カスタムは無数にあるが、定番なのはリアシートをそのままにして、ヘッドレスト部分を付け加えるというもの。

 さらにスーパーGLのリアシートを、デラックスに乗せるという方法もあることにはある。費用としては10万円程度だ。

 リアシートカスタムをする場合、必ずデラックスの6人乗りを選択してほしい。

 3人乗りを選択すると、リアシート取り付けと同時に構造変更が必要となり、さらに10~30万円ほどの費用が掛かるからだ。(構造変更するくらいなら、素直にスーパーGLを買った方が良い。)

■ハイエースライフの醍醐味を得るならスーパーGLよりもデラックスがおススメ!

確かにハイエースのカスタムで多いのはDXな気がする

 買ってそのまま乗りたいというなら、スーパーGLで快適なハイエースライフを送ってほしい。

 しかし、あえてハイエースを選ぶのならば、デラックスを選択して、コツコツ自分好みにカスタムしていくのも悪くないと思うのだ。

 シートの問題を解決するだけなら、スーパーGLよりもデラックス+シートカスタムの方が安く仕上がる。

 余ったお金で、さらに快適装備を増やすのもいいだろう。

 スーパーGLは全て揃っているが、少し割高。ハイエースの醍醐味も少し薄れているような。

 エネルギッシュにクルマへ時間をかけられる人なら、ベストバイはハイエースのバンDXだ。

 無限の可能性があるハイエースを、自分と家族好みの1台に作り上げてほしい。

こんな記事も読まれています

「クマだァァ!」 車で遭遇したら“どうすれば”イイ? 「バック」はダメ!? 車内も危険に? “熊”を見つけた時の正しい対処法とは
「クマだァァ!」 車で遭遇したら“どうすれば”イイ? 「バック」はダメ!? 車内も危険に? “熊”を見つけた時の正しい対処法とは
くるまのニュース
ホンダの[新型WR-V]が高コスパ!! カロクロ超えの1位は? 各社コンパクトSUV勢のオススメ
ホンダの[新型WR-V]が高コスパ!! カロクロ超えの1位は? 各社コンパクトSUV勢のオススメ
ベストカーWeb
東京で開催された日本初の本格公道レース「東京E-Prix」! サーキットじゃなく公道でレースをやる意味はドコにあるのか?
東京で開催された日本初の本格公道レース「東京E-Prix」! サーキットじゃなく公道でレースをやる意味はドコにあるのか?
WEB CARTOP
フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜
フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜
AUTOSPORT web
佐藤琢磨、インディ500予選は9番手で初日通過。「チームにとって素晴らしい結果。明日はさらにいい結果を」
佐藤琢磨、インディ500予選は9番手で初日通過。「チームにとって素晴らしい結果。明日はさらにいい結果を」
motorsport.com 日本版
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
AUTOCAR JAPAN
え?え?えっ!? 標識が複雑すぎる「初見殺しの交差点」どうしてこうなった!? ドライバーは一瞬で理解…できるかも?
え?え?えっ!? 標識が複雑すぎる「初見殺しの交差点」どうしてこうなった!? ドライバーは一瞬で理解…できるかも?
乗りものニュース
インディ500ファストフライデイ/予選想定首位はニューガーデン。トップ5を占めたシボレー勢が本領発揮か
インディ500ファストフライデイ/予選想定首位はニューガーデン。トップ5を占めたシボレー勢が本領発揮か
AUTOSPORT web
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
Auto Prove
ホンダ新型「フィット」実車公開! 約200万円の“超スポーティ”仕様! 専用エアロがカッコイイ「5ドアハッチバック」中国に登場で反響あり
ホンダ新型「フィット」実車公開! 約200万円の“超スポーティ”仕様! 専用エアロがカッコイイ「5ドアハッチバック」中国に登場で反響あり
くるまのニュース
予選用ブースト解禁。佐藤琢磨は9番手【第108回インディ500】ファストフライデイ総合結果
予選用ブースト解禁。佐藤琢磨は9番手【第108回インディ500】ファストフライデイ総合結果
AUTOSPORT web
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
ベストカーWeb
「4WDターボのMT車」しばりでトヨタ「GRヤリス」を購入! カスタムベースの「RC」を選んでパーツが先にショップに届いた!?
「4WDターボのMT車」しばりでトヨタ「GRヤリス」を購入! カスタムベースの「RC」を選んでパーツが先にショップに届いた!?
Auto Messe Web
フェラーリ、アップデートは上手く機能した? マクラーレン勢に敗北も「予想通り」とサインツJr.|F1エミリア・ロマーニャGP
フェラーリ、アップデートは上手く機能した? マクラーレン勢に敗北も「予想通り」とサインツJr.|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スズキ・クロスビー】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スズキ・クロスビー】
月刊自家用車WEB
「俺のはフルチューンだから」……とかクルマ好きたるもの一度はいってみたい! とはいえ「フルチューン」ってなに?
「俺のはフルチューンだから」……とかクルマ好きたるもの一度はいってみたい! とはいえ「フルチューン」ってなに?
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「マツダ・デミオ」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「マツダ・デミオ」から全4問!
レスポンス
【本田宗一郎DNAは息づいている】 型破りで破天荒なホンダの目標 EV化の裏には現実的な考えが
【本田宗一郎DNAは息づいている】 型破りで破天荒なホンダの目標 EV化の裏には現実的な考えが
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

20件
  • kts********
    ピョコピョコ跳ねてどうしようも無い足回りだろ 仕事以外に乗る選択肢は無い
  • s51********
    バンなのだから荷物を運ぶことを優先に考えてある。ワゴンもバンベースだから椅子や足まわりを少し変えただけという感じが伝わってくる。定積載もしくは定員を運ぶ予定もないのに選べば後悔するだろう。バンで乗用車並みの快適さが得られるならメーカーは低コストなバンの足まわりを乗用車にも使うに決まっている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

244.0420.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

47.01180.0万円

中古車を検索
ハイエースバンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

244.0420.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

47.01180.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村