サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「モータースポーツの人間ドラマを切り取る」日本レース写真家協会JRPAの写真展が東京と名古屋で開催

ここから本文です

「モータースポーツの人間ドラマを切り取る」日本レース写真家協会JRPAの写真展が東京と名古屋で開催

東京1/15~1/26、名古屋3/11~3/22

さまざまなメディアを通してレースの熱さを伝えてくれるフォトグラファーたちが2019年に撮影した二輪、四輪モータースポーツシーンから、選りすぐりの「渾身の1枚」を展示する写真展が開催される。東京で1月に、そして名古屋では3月に。プロフェッショナルのとらえた“一瞬”を感じ取れ!

【こんな写真、撮ってみたい!】フォトグラファー 大谷耕一さんの個展が銀座と大阪で開催

2020日本レース写真家協会報道写真展『COMPETITION』

東京会場では2020年1月15日~1月26日、名古屋会場では3月11日~3月22日に開催される2020日本レース写真家協会報道写真展『COMPETITION』 は、日本レース写真家協会(JRPA)の協会員が2019年に撮影した中から選りすぐりの作品を展示する。

勝者の歓喜、敗者の落胆、スタート前の集中と緊張感……。モータースポーツも他のスポーツと同じように、数々の人間ドラマがあふれている。疾走するマシンのスピード感だけでなく、それを操り、最高の結果を求めて格闘する選手たちの生き様を記録するのが、モータースポーツフォトグラファーの仕事だ。そんな思いを、展示される1枚1枚の写真から感じ取ってほしい。

JRPA(Japan Racing Photographers Association/ジャルパとも呼ばれる)とは、日本唯一のモータースポーツ写真家協会である「日本レース写真家協会」のこと。設立は1971年で、現在は61名の会員と15名の特別会員が在籍し、FIA/FIM/JAF/MFJなどの公認イベントを、新聞や雑誌における報道目的を主体に撮影している。

もちろん、弊誌ヤングマシンなどバイク雑誌で誌面を賑わす写真を撮影しているフォトグラファーにも、JRPA会員は少なくない。数多くの人間ドラマや、マシンが最高に映える瞬間を切り取ってきた経験と実績が、美しい写真を生み出す原動力となっているのだ。

また、国内/海外を問わずモータースポーツの感動や興奮を伝えるべく撮影を続けてきているだけでなく、写真教室や撮影会などの協力や、サーキットでのアマチュアレース・フォトグラファー向け撮影講習会なども行い、モータースポーツ振興のための活動にも力を注いでいる。

◆東京会場[AXISギャラリー]

・2020年1月15日~1月26日
・開館時間:11時~20時
・東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4F

◆名古屋会場[アーツギャラリー名古屋]

・2020年3月11日~3月22日 ※13、14、21日は休館
・開館時間:平日10時~18時/日・祝日10時~16時
・愛知県名古屋市中区栄4-16-23 名古屋ビジュアルアーツ1号館1F

関連する記事

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します