現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調

ここから本文です

6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調

掲載 6
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調

ドイツ製ビートルでは最強の1302 S

記憶の限り、2013年の英国は異常な暑さだった。酷暑が続く9月の駐車場には、真新しいオペル・コルサとルノー・クリオが、狭そうに整列していた。

【画像】60psの1302 Sを復活 フォルクスワーゲン・ビートル 大切にしたくなる欧州の小さな旧車たち 全124枚

アルミホイールとスポーツマフラーで飾ったホットハッチを並べて、痩せた若者のグループが、クルマ談義する様子は当たり前だった。ステレオデッキにAUX端子を追加する方法を考えたり、バス通学の友人を茶化したり。

そんな彼らを横目に、穴の空いたマフラーから偏屈な排気音を放つ、フォルクスワーゲン・ビートルに乗っていた筆者。家までクルマで送って欲しいと頼む友人3名を車内に押し込み、エンジンオイルが一定の温度に上昇するまで暖機する。

「歩いて帰った方が良かったかな」。「エアコンないね」。そんな本音が、彼らの口からこぼれた。

1972年式フォルクスワーゲン・スーパービートル、1302 Sは、大きく丸く膨らんだフロントノーズと、マクファーソンストラットを備えていた。クルマの説明をする時は、必ずといっていいほど、サスペンションはポルシェ924と共通なことを強調した。

ボディはソリッドで、シートや内装、ステレオデッキはオリジナルのまま。フェンダーは内側にもサビがないという、良好な状態も自慢だった。

エンジンは、歴代のドイツ製ビートルとしては最強。新車時なら60psを発揮し、0-80km/h加速は12.3秒で、128km/h以上での巡航も問題なかったようだ。当時のパンフレットによれば、だが。

祖父母のガレージで冬眠した6年間

油温の上昇を見計らって、大学の駐車場を出発。筆者がこのクルマに対して抱く気持ちを、友人はまったく理解していなかった。指定速度まで緩やかに加速し、信号待ちではラジオのボリュームを下げて、アイドリングの様子へ気を配った。

15分ほど進むと、長い登り坂。1年で最も暑いという日に、4人を乗せたビートルが頑張る。筆者の少し緊張した表情を見て、友人は大笑いする。

不安は的中し、頂上を越えた辺りで燃料ポンプが停止。ニュートラルに入れ、下り坂を利用して待避所へ寄せる。4人で汗をかきながら、レスキューが来るのを待つ。あれほど、心がヒリヒリした沈黙時間はそうない。

ビートルで追い越したバスが、次々に横を通過していく。困り果てた4人に気付いた同級生が、スマートフォンで撮影していく。筆者を残し、友人は最寄り駅まで歩いていった。

2024年に12年目を迎えた所有体験で、最も忘れられない出来事だ。大学から1番遠くに場所に住んでいた筆者は、足代わりに使われることが多かった。弱点と癖のあるクルマは、多くの友人から頼られ、ほぼ、楽しい時間を生み出してきた。

その後数年間、基本的なメンテナンスだけで、走行距離を2万5000kmほど増やした。しかし最終的に、信頼できるクルマが必要になり、祖父母のガレージで冬眠させることを決めた。

実際は、6年間放置した。電気系統と燃料系統の不調で、不動車になった。AUTOCARで仕事を始めると、最新モデルへ簡単に乗れる機会へ甘え、復活の機会を失っていた。

過去の記憶とは相容れない好調

そんなある日、英国のフォルクスワーゲンから連絡をいただいた。「創業70周年を祝う式典を計画しています。あなたのビートルを展示してみませんか」。なんと素晴らしい申し出なのだろう。

しかし、正直にお伝えした。「2017年以来、動かしていないんです」

展示の取り消しを覚悟したが、筆者が部品を用意するという条件で、専門の技術者が整備してくれるという。願ったり叶ったりとは、まさにこのことだ。

手配する部品を確かめてもらうと、かなりの数に登ることがわかった。燃料ホースと電気ケーブル、オイルやフルードなどは当然ながら、新しいステアリングラックも必要だと判明。運転席側のショックアブソーバーも駄目になっていた。

プッシュロッド・シールからはオイルが漏れ、アンチロールバー・ブッシュはカチカチだった。バッテリーも新調した。

タイヤも交換が必要だったが、ビートルの最適な仕様となると、ミシュラン・クラシックを選ぶことになる。これは、筆者がクルマの部品として購入した中では、2番目に高価なアイテムになった。

作業終了の連絡をいただき、整備工場へ向かう。「まったく問題ありません。1週間ほど走らせましたが、調子は良いですよ」。と、メカニックが笑顔で話してくれた。

キーを捻った瞬間に、フラット4は1発始動。元気なサウンドを響かせ、安定したリズムに落ち着く。正直なところ、過去の記憶とは相容れない。筆者が面倒を見ていた10年前は、どれだけ不調だったのだろう。

渋滞混じりの1時間のドライブを平然とこなす

筆者がAUTOCARで仕事を初めて以降、運転したことのある最も古いクルマは、ビートルを除けばアウディ・スポーツクワトロ。パワーアシストのない重ステと、滑らかに動かないシフトレバーの扱いを心配したが、200mも走ると身体の記憶が蘇ってくる。

ステアリングホイールは、切り始めの30度くらいが遊び。かなり予測的に腕を動かす必要がある。新しいミシュランは、しっかり路面を掴む。フロントノーズが軽いから、パワーステアリングは必要ない。

ブレーキもオーバーホールしていただいたが、現代のモデルと比べれば貧弱。30km/h以上でカーブを曲がると、笑ってしまうほどボディが外側へ傾く。

クラクションは、ボタンの特定の場所を押すまで鳴らない。ヒーターは、過去にケーブルを誤って切断していて、運転席側しか効かない。そんな事実も、改めて思い出す。

信号待ちでは、昔のようにアクセルペダルを軽くあおって、アイドリングを保つ必要はない。シフトダウンせずに、長い登り坂を70km/hで進める。舗装の剥がれた穴を通過しても、粗野な振動は伝わらない。しかも2車線の道路では、遅いクルマを追い越せる。

筆者の思い出の中にある、1302 Sではない。まるで新車のようだ。

ロンドンへ向かう、M1号線へ入る。スーパービートルは平然と、渋滞混じりの1時間のドライブをこなしてみせた。にわか雨に見舞われても、ワイパーとヘッドライトはしっかり機能。ウインドウシールから、雨水が染み込んでくる気配もなかった。

ビートルにとっては幸せな決断

自宅へ戻り、燃費を計算すると平均で9.6km/L。トヨタ・プリウスの半分にも及ばないが、大きなSUVよりずっと経済的だ。

それ以来、筆者はスーパービートルを普段の移動手段として乗り始めた。翌日は、ロンドンの外周を巡る環状道路、M25号線を見事に1周。週末には、買い物の足にもなった。

52年前のクルマだから、ロンドン中心部で適用される、ウルトラ・ローエミッション・ゾーンの通行料も取られない。このルール決めには、疑問が残るとはいえ。歩行者から、笑顔で見られる機会も多い。保険料は、ネットフリックスの料金並みに安かった。

オリジナルのビートルは、チャーミングな市民のクルマとして、再び活躍できると思った。特有の癖も、新鮮に感じられた。

ただし、これは過去の記憶。とある男性が、素晴らしい金額での買い取りを申し出てくれたのだ。これまでの思い出を彼に伝え、思い切って手放すことにした。大きなノイズを響かせガソリン臭い、古い工業製品だと、自分にいい聞かせて。

大好きだったが、ビートルにとっては幸せな決断だったと思う。今の筆者には、同時に複数台を維持する余裕がない。素晴らしい仲間との別れに、深く心が沈んだことは間違いないが、ベターな方向へ進んだと信じたい。

筆者のパートナーは、得られた利益で新しいトースターが買えると喜んでいる。早く温まるものを選ぼうと思う。

フォルクスワーゲン・スーパービートル 1302S(1972年式/英国仕様)のスペック

英国価格:985ポンド(1972年時)
最高速度:141km/h
0-100km/h加速:18.4秒
燃費:8.1km/L
CO2排出量:−g/km
車両重量:825kg
パワートレイン:水平対向4気筒1584cc 自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:60ps
最大トルク:10.6kg-m
ギアボックス:4速マニュアル(後輪駆動)

こんな記事も読まれています

ポルシェのシルエットマシンは速すぎた カレラRSR 2.1ターボ 935/78 GT1 911を3台乗り比べ(2)
ポルシェのシルエットマシンは速すぎた カレラRSR 2.1ターボ 935/78 GT1 911を3台乗り比べ(2)
AUTOCAR JAPAN
モーガン・プラスシックス 詳細データテスト 操縦性はクラシックとモダンの中庸 侮りがたい動力性能
モーガン・プラスシックス 詳細データテスト 操縦性はクラシックとモダンの中庸 侮りがたい動力性能
AUTOCAR JAPAN
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
AUTOCAR JAPAN
加速時はリアタイヤが「右往左往」! カレラRSR 2.1ターボ 935/78 GT1 911を3台乗り比べ(3)
加速時はリアタイヤが「右往左往」! カレラRSR 2.1ターボ 935/78 GT1 911を3台乗り比べ(3)
AUTOCAR JAPAN
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
AUTOCAR JAPAN
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
アウディRS e-トロンGTへ「パフォーマンス」追加? 改良版プロトタイプへ試乗 一層GTに
アウディRS e-トロンGTへ「パフォーマンス」追加? 改良版プロトタイプへ試乗 一層GTに
AUTOCAR JAPAN
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
名前変われど揺るがぬ「隠れ指標」の2ドアクーペ メルセデス・ベンツCLEクーペをテスト
AUTOCAR JAPAN
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
「スピード抑制」から生まれた高速ポルシェ カレラRSR 2.1ターボ 935/78 GT1 911を3台乗り比べ(1)
「スピード抑制」から生まれた高速ポルシェ カレラRSR 2.1ターボ 935/78 GT1 911を3台乗り比べ(1)
AUTOCAR JAPAN
2024年版 人も荷物もたくさん運べる「7人乗りモデル」 10選 欧州ファミリーカーの知られざる魅力
2024年版 人も荷物もたくさん運べる「7人乗りモデル」 10選 欧州ファミリーカーの知られざる魅力
AUTOCAR JAPAN
BMWの屋台骨がモデルチェンジ間際! 次期「X3」の試作車へ試乗 ノイエクラッセXと差別化
BMWの屋台骨がモデルチェンジ間際! 次期「X3」の試作車へ試乗 ノイエクラッセXと差別化
AUTOCAR JAPAN
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
オークションに出た瞬間札束の殴り合い! 旧車乗りがつねに困窮している「交換パーツ」の実状
オークションに出た瞬間札束の殴り合い! 旧車乗りがつねに困窮している「交換パーツ」の実状
WEB CARTOP
2024年版 「おしゃれ+実用性も高い」小型ハッチバック 10選 欧州最強Bセグメント車、どれが好き?
2024年版 「おしゃれ+実用性も高い」小型ハッチバック 10選 欧州最強Bセグメント車、どれが好き?
AUTOCAR JAPAN
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

6件
  • kmq********
    同じ右Hでも、テールランプ等が微妙に違うのね
  • xqx********
    >サスペンションはポルシェ924と共通なことを強調した。

    世界最高のFRスポーツと称された944ターボでも基本は踏襲してたから中々の物だね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9467.5万円

中古車を検索
ビートルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9467.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村