現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > MAZDA2がロータリーEV搭載で2024年にフルモデルチェンジへ!

ここから本文です

MAZDA2がロータリーEV搭載で2024年にフルモデルチェンジへ!

掲載 52
MAZDA2がロータリーEV搭載で2024年にフルモデルチェンジへ!

スクープ [2023.09.28 UP]


MAZDA2がロータリーEV搭載で2024年にフルモデルチェンジへ!

MAZDA2/CX-3 コネクティッドサービス対応化&ビビッドな特別仕様車を新導入

次期MAZDA2予想CG
4代目デミオとして2014年にデビューし、2019年に海外向けモデルのMAZDA2へネーミング変更したマツダのコンパクトカーであるMAZDA2。海外市場ではトヨタヤリスのOEM車を販売している地域もあるが、初代デミオから数えて通算5代目となる新型の情報をお届けしよう。


現在2024年中のデビューに向けて開発が進んでいる次期MAZDA2。なんと2023年9月に発表されたばかりのMX-30 Rotary-EVに搭載された、ロータリーエンジンを発電用エンジンとして搭載し、モーター駆動で走行するシリーズ式プラグインハイブリッドの「e-SKYACTIV R-EV」を搭載するという情報をキャッチした。


MX-30 Rotary-EVに搭載されるe-SKYACTIV R-EV
「e-SKYACTIV R-EV」は、コンパクトなロータリーエンジンの特性を活かして高出力モーター、ジェネレーターと同軸上に配置してモータールームに搭載。このコンパクトさはコンパクトカーであるMAZDA2にうってつけのパワートレーンなのだ。MX-30 Rotary-EVに採用されている1500Wの給電機能や普通・急速充電への対応も踏襲される可能性が高い。


MAZDA2のボディのコンパクトさを考えれば、ボディ下部にバッテリーを搭載したとしてもMX-30 Rotary-EVのEV走行距離107kmを上回る可能性が高く、日常用途であれば十分な使い勝手を備え、さらにロータリーエンジンの発電によるロングドライブも可能になるのだ。マツダとして、この電動ユニットはICEからBEVへ移行していく間を繋ぐキーユニットとしており、量産効果を高めるためにも次期MAZDA2へ搭載する可能性が高い。


しかし、あくまで「e-SKYACTIV R-EV」はフラッグシップユニットで、普及グレードには1.5Lガソリンエンジン/1.5Lディーゼルエンジンも改良を行いつつ搭載される。また、車格的に近いSUVのCX-3はMAZDA2に統合される可能性もあり、その場合は次期MAZDA2にSUVモデルがラインアップされるだろう。


次期型のお披露目は2024年に入ってからで、10月開催のジャパンモビリティショー2023で公開される可能性は低いが、マツダ2024年ニューモデルの目玉として注目の一台だ。

こんな記事も読まれています

初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
グーネット
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
AUTOSPORT web
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
AUTOCAR JAPAN
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
Auto Messe Web
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
driver@web
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
乗りものニュース
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
AUTOSPORT web
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
くるまのニュース
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
AUTOCAR JAPAN
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
Auto Messe Web
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
AUTOSPORT web
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
AUTOSPORT web
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
motorsport.com 日本版
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
AUTOSPORT web
レクサスならではのライフスタイル系SUV──新型UX300e試乗記
レクサスならではのライフスタイル系SUV──新型UX300e試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

52件
  • yrm********
    小型車に発電用とは言えRE載るのか…。
    少しワクワク感が。あとプレミアム感も。
    絶対的な燃費性能だけで見たらレシプロだろうけど、ロータリーの利点である軽量小型からくるハンドリングの良さなどに繋がるなら有りかも。
    20万kmとかシール類は耐えるのかな。オイル消費はきっと有るんだろうな。
  • s04********
    本当はならヤリスハイブリッドより燃費は落ちるでしょうから、車両価格で頑張らないと売れない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

154.9262.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0226.8万円

中古車を検索
MAZDA2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

154.9262.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0226.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村