現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノーの「エアロバン」、EVは航続460kmの新基準達成…『マスター』新型は今春欧州発売

ここから本文です

ルノーの「エアロバン」、EVは航続460kmの新基準達成…『マスター』新型は今春欧州発売

掲載 更新 2
ルノーの「エアロバン」、EVは航続460kmの新基準達成…『マスター』新型は今春欧州発売

ルノーグループが今春欧州で発売予定の大型商用バン、ルノー『マスター』(Renault Master)新型は、1回の充電で460kmの航続を達成する。ルノーグループが1月31日に発表した。欧州商用EVの航続の新基準を打ち立てるという。

マスターは、『カングー』の兄貴分にあたる大型商用車だ。1980年以来、300万台以上を販売してきたルノー商用車の主力モデルのひとつ。新型は、より効率的で、100%コネクテッドで革新的な新世代バンとして登場した。

トヨタの新型商用車はフィアット『デュカト』と兄弟

新型マスターは、空力性能を追求した「エアロバン」形状のボディが特長だ。ボンネットは短く、ウィンドスクリーンは前方に傾斜している。ウィングミラー、バンパー内の吸気ダクト、ルーフラインの傾斜は最適化され、リアは絞り込まれた。また、シャープなエアロダイナミクスにより、コックピット内の静粛性も向上している。

ルノーが通常使用する風洞施設では車両が大きすぎるため、83%にスケールダウンしたモデルを使用して空力テストが行われた。その後、航空機のエアロダイナミクスを評価するために作られたトンネルで、実物大モデルがテストされた。このような開発工程により、エアロダイナミクス性能が向上した。

EVバージョンは2仕様を設定する。ひとつは、最大出力130hp、最大トルク30.6kgmのモーターを搭載し、蓄電容量40kWhのバッテリーを組み合わせる。1回の充電での航続は、最大でおよそ200km(WLTPサイクル)とした。もうひとつは、最大出力143hp、最大トルク30.6kgmのモーターを積み、蓄電容量87kWhのバッテリーを搭載する。1回の充電での航続は、最大460km(WLTPサイクル)に到達する。

消費電力は、最新のバッテリー熱管理システムにより、87kWhの大容量バッテリー搭載車でも、100km走行あたり21kWh (WLTPサイクル)に抑えた。バッテリーの充電は、出力22kWのACチャージャーで、およそ4時間。出力130kWのDC急速充電では、30分で252kmの航続分のバッテリー容量を充電できる、としている。

こんな記事も読まれています

アルファロメオ初のEV『ミラノ』、航続410km…スポーティ電動SUV登場
アルファロメオ初のEV『ミラノ』、航続410km…スポーティ電動SUV登場
レスポンス
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
レスポンス
シトロエン『C3』 新型は48Vマイルドハイブリッド搭載…内燃エンジン車を発表
シトロエン『C3』 新型は48Vマイルドハイブリッド搭載…内燃エンジン車を発表
レスポンス
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
レスポンス
電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km
電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km
レスポンス
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
レスポンス
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
最強モデルは後輪駆動で電動化もなし!? メルセデスAMG『GTクーペ』次の一手とは
最強モデルは後輪駆動で電動化もなし!? メルセデスAMG『GTクーペ』次の一手とは
レスポンス
メルセデスAMG GT 新型、最強の電動「63」は4月20日発表へ
メルセデスAMG GT 新型、最強の電動「63」は4月20日発表へ
レスポンス
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
ピニンファリーナの1900馬力ハイパーEV、『レベルサリオ』登場…決して離れない2台
ピニンファリーナの1900馬力ハイパーEV、『レベルサリオ』登場…決して離れない2台
レスポンス
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
レスポンス
メルセデスベンツの最上位EVセダンが「Sクラス」の顔つきに…『EQS』改良新型を発表
メルセデスベンツの最上位EVセダンが「Sクラス」の顔つきに…『EQS』改良新型を発表
レスポンス
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
インディアン、『スカウト』新型を発表…1250ccの新Vツインエンジン搭載
インディアン、『スカウト』新型を発表…1250ccの新Vツインエンジン搭載
レスポンス
アウディ『S3』改良新型が登場…333馬力ターボを搭載、RS3の技術も採用
アウディ『S3』改良新型が登場…333馬力ターボを搭載、RS3の技術も採用
レスポンス
メルセデス・ベンツ、新型「EQA」を発売 航続距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ、新型「EQA」を発売 航続距離を591kmに伸長
月刊自家用車WEB
ランボルギーニ『ウラカン』に最終モデル「STJ」…640馬力のV10にフィナーレ
ランボルギーニ『ウラカン』に最終モデル「STJ」…640馬力のV10にフィナーレ
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • ★★★★☆
    商用車でもここまで美しいとは。

    ニッカポッカが似合うアジアンカー(国産車)とは対照的。

    日本兵くんはまた負けましたね。

  • ivq********
    次期ハイエース
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0449.0万円

中古車を検索
カングーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0449.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村