現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツGLAの高性能モデル「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」が商品改良

ここから本文です

メルセデス・ベンツGLAの高性能モデル「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」が商品改良

掲載 3
メルセデス・ベンツGLAの高性能モデル「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」が商品改良

 メルセデス・ベンツ日本は2023年12月21日、コンパクトSUVのGLAクラスの高性能モデル「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」を商品改良し、同日より発売した。車両価格は881万円に設定する。

 今回の改良は、パワートレインのマイルドハイブリッド化やエクステリアデザインの一部変更、機能装備の拡充などを図って、高性能コンパクトSUVとしての魅力度をいっそう高めたことが特徴である。

第5世代メルセデス・ベンツ・Cクラスのステーションワゴンの最強モデル「メルセデスAMG C63 S E PERFORMANCEステーションワゴン」が日本デビュー

 注目のパワートレインは、M260型1991cc直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボガソリンエンジン(最高出力306ps/6100rpm、最大トルク400Nm/2500~4000rpm)に、電気モーター(最高出力10kW/2500~5100rom、最大トルク58Nm/50~1300rpm)と第2世代BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムを新たにセット。回生ブレーキ等により発電した電気を総電力量約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、振動の少ないエンジン始動、滑らかで力強い加速、素早いギアシフトなどの必要に応じて、最大トルク160Nmの動力補助を行い、燃費低減効果だけでなく、パワートレインの総合性能を引き上げる。合わせてウォーターポンプを電動化し、冷却能力を状況に即して最適に調整することで効率性を高めた。組み合わせるトランスミッションには専用セッティングの8速AMGスピードシフトDCTを配し、駆動機構には走行状況に応じて前後トルクを100:0~50:50で配分するとともに、後輪左右にも可変配分するトルクベクタリングも実現したAMG 4MATICを採用。WLTCモード燃費は11.2km/リットルを成し遂げている。

 エクステリアに関しては、ボンネットに新世代のAMGエンブレムを配したほか、ホイールアーチを従来のブラックからボディ同色に刷新。LEDヘッドライトおよびLEDリアコンビネーションランプの内部デザインやフロントエプロンとリアディフューザーの形状なども変更する。また、足もとには新タイプの20インチAMGアルミホイールRTX(タイヤは255/40R20サイズ)を装着した。ボディカラーには、新色のスペクトラルブルーとローズゴールドを追加設定している。

 インテリアについては、3本のツインスポークにより近未来的なスポーティさを演出した新世代のAMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー)を採用したことがトピック。ナビゲーションやインストルメントクラスター内の各種設定、さらに安全運転支援システムの設定をすべて手元で完結できる機能性を有し、またディスタンスアシスト・ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能のために、リムに静電容量式センサーを備えたパッドを配備する。これにより、ステアリングホイールにかかるトルクがなくてもドライバーがステアリングホイールを握っていることが認識され、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックの使い勝手が向上。さらに、センターコンソールに設けていたタッチパッドを廃止し、よりすっきりとしたコクピットに仕立てた。

 装備面では、最新の対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」の搭載が訴求点。自然対話式音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロールや各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応する。また、メルセデス・ベンツの最新世代のナビゲーションシステムとMBUX AR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを設定。従来は目的地を設定して行先案内をする場合、地図上に進むべき道路がハイライトされるが、新世代ではそれに加えて車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、その進むべき道路に矢印が表示される。新たにBurmesterサラウンドサウンドシステムをオプション設定し、より心地よいサウンドを楽しめるようにアレンジしたことも、改良モデルの特徴である。

 シートについては、レザーARTICO/MICROCUT表皮のスポーツシートを標準で、レザー表皮のAMGパフォーマンスシートをオプションで設定。ラゲッジ容量は後席使用時で435リットル、後席格納時で最大1430リットルを確保している。

こんな記事も読まれています

スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
くるまのニュース
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
バイクのニュース
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
motorsport.com 日本版
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
バイクブロス
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
Auto Prove
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
Webモーターマガジン
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
バイクのニュース
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
VAGUE
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
くるまのニュース
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
AutoBild Japan
4/27に滋賀県で開催される EV レンタルサービス「SO!LAR・TA・TA -EV」のオープン記念イベントにインパルス板倉氏が登場!
4/27に滋賀県で開催される EV レンタルサービス「SO!LAR・TA・TA -EV」のオープン記念イベントにインパルス板倉氏が登場!
バイクブロス
デイズよりスカイラインが劣る!? 登場時は先進技術満載で話題も……熟成を続けて10年以上も従来型を推したいワケ
デイズよりスカイラインが劣る!? 登場時は先進技術満載で話題も……熟成を続けて10年以上も従来型を推したいワケ
ベストカーWeb
スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円~で4月17日発売
スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円~で4月17日発売
モーサイ
【glafit】特定小型原付「知っている」は30.2%/意識調査の結果を glafit が公開
【glafit】特定小型原付「知っている」は30.2%/意識調査の結果を glafit が公開
バイクブロス

みんなのコメント

3件
  • hot********
    まあ、妥当値段でしょ。買おうかな。
  • やふたろう
    Aクラはどこまで行ってもAクラ。
    貧困層の悲哀に満ちた選択肢よのぉ(笑)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村