現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 古いバイクを復活できるかも!? レアパーツを製造する社外メーカーにも興味津々!レーシングライダー大久保光の「EICMA」レポート第4弾

ここから本文です

古いバイクを復活できるかも!? レアパーツを製造する社外メーカーにも興味津々!レーシングライダー大久保光の「EICMA」レポート第4弾

掲載 1
古いバイクを復活できるかも!? レアパーツを製造する社外メーカーにも興味津々!レーシングライダー大久保光の「EICMA」レポート第4弾

大久保選手愛用の「オージーケーカブト」も出展

 皆様こんにちは!レーシングライダーの大久保光です。今回も引き続き、世界最大のバイクの見本市「EICMA」で気になった、装具品やバイクのパーツメーカーをご紹介したいと思います。

2022年のEICMAで発表された国内バイクメーカーまとめ【ヤマハ編】

 まずは、私がいつもお世話になっている日本を代表するヘルメットメーカー「オージーケーカブト」のブース。

 このブースには、今年MotoGPのMotoGPクラスで同社のヘルメットを使用してレースを戦っている、アレックス・エスパロガロ選手モデルのフルフェイスヘルメット「F17」が展示してありました。

 このF17は私もレース時に使用しているヘルメットで、とても被りやすく、そして首への負担も少ないため、長時間ライディングでもしっかりと走りに集中できるヘルメットとなっており、レースシーンでは勿論のこと、ツーリングなどにもオススメできるモデルとなっています。

 そして私がもう1つ注目したヘルメットは、新しく設計された新型オフロードヘルメットの「GEOSYS」です。

 こちらはオージーケーカブトが新しく開発した新型オフロードヘルメットで、オフロードヘルメットながらスクリーン仕様となっているため、ツーリングや林道走行でその機能を発揮してくれそうなデザインとなっています。

 値段も税抜き4万3000円と、比較的お手頃。シーズンオフのトレーニングで実際に使い、このヘルメットのフィードバックができればと思っています。

 ホームページを確認すると、まだ単色のみのラインナップとなっていますが、今後のカラーリング展開にも期待したいところです。

 続いて紹介したいバイクメーカーは、台湾の「HanMing」というメーカー。こちらは主に各メーカーのエンジンパーツを製造している会社なのですが、そのバリュエーションに驚きました。

 日本ではパーツを手に入れるのさえ困難な2ストロークバイクのシリンダーやピストンなどを制作しており、日本の4メーカーの2ストロークマシンのパーツは勿論のこと、海外の旧車のエンジンパーツまで制作しています。

 中でも私が注目したのが、ホンダ「NSR50」のエンジンパーツ。私が子供の頃、ミニバイクレースに参戦していた頃は、NSR50がレースバイクの主流となっていて、多くのNSR50がミニバイクレースに参戦していました。

 当時はパーツなどもたくさんありましたが、時代の流れとともにメーカーでのパーツの生産も無くなっていき、走らせるだけでも難しい状態となっています。実際、私もロードレースにステップした頃はNS50というバイクをトレーニング用に持っていましたが、メンテナンスが難しくなったため手放してしまいました。  そのため、このようなメーカーのパーツを使って色々なバイクを再び復活させることができれば、それはどんなに素晴らしいことだろうと思います。

 また時代に合わせて、このような社外パーツをエンジンに使っても大丈夫というレギュレーションも、今後はレースの中で必要かもしれません。

 最後はイタリアのパーツメーカーで、「MAXISCOOT」というスクーターのパーツをメインに製造しているメーカーです。

 イタリアでは意外と2ストロークのスクーターが街中を現役で走っているのをよく見かけますが、このようなパーツメーカーは縁の下の力持ちになっているような気がします。

 オリジナルスクーターチャンバーやドラックレースで使用していたと思われるバイクも展示してありました。スクーターではありますが、見た目が普通のバイクのような形をしたものもあり、なかなか面白いブースとなっていました。

 次回でEICMAに関する記事は最後になりますが、再び気になったバイクメーカーをご紹介できたらと思います。

こんな記事も読まれています

特許取得! 左右専用ドライブレコーダー「WHSR-S100」が日本初登場
特許取得! 左右専用ドライブレコーダー「WHSR-S100」が日本初登場
レスポンス
【究極の1台を探せ!エンジン編】いま希少なICEモデルの中で大谷達也が選ぶ。求めたいのは”官能性”か? それとも”パフォーマンス”か?
【究極の1台を探せ!エンジン編】いま希少なICEモデルの中で大谷達也が選ぶ。求めたいのは”官能性”か? それとも”パフォーマンス”か?
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長約5m! マツダが新型「ラージSUV」世界初公開へ! 「CX-8後継車」4月18日に欧州でお披露目!
全長約5m! マツダが新型「ラージSUV」世界初公開へ! 「CX-8後継車」4月18日に欧州でお披露目!
くるまのニュース
GT500は36号車au TOMS、GT300は61号車SUBARUが最速|スーパーGT開幕戦岡山:公式練習タイム結果
GT500は36号車au TOMS、GT300は61号車SUBARUが最速|スーパーGT開幕戦岡山:公式練習タイム結果
motorsport.com 日本版
SUBARU フォレスターに特別仕様車を設定
SUBARU フォレスターに特別仕様車を設定
Auto Prove
路線バスを諦めるな! 車両や営業所の「空きスペース」を有効活用すれば、稼ぐチャンスはまだまだある
路線バスを諦めるな! 車両や営業所の「空きスペース」を有効活用すれば、稼ぐチャンスはまだまだある
Merkmal
ギャランやパジェロなどの名車が集結。ミツビシ、篠塚建次郎氏の追悼展示をオートモビルカウンシルで実施へ
ギャランやパジェロなどの名車が集結。ミツビシ、篠塚建次郎氏の追悼展示をオートモビルカウンシルで実施へ
AUTOSPORT web
スバル“最新”「レガシィ」登場! 全長4.8m級ボディにめちゃ「スポーティデザイン」がカッコイイ! 「レガシィ セダン」米展示に反響
スバル“最新”「レガシィ」登場! 全長4.8m級ボディにめちゃ「スポーティデザイン」がカッコイイ! 「レガシィ セダン」米展示に反響
くるまのニュース
バイクに乗る際の必要書類とは? 万一に備えてスマホで撮って保存!
バイクに乗る際の必要書類とは? 万一に備えてスマホで撮って保存!
バイクのニュース
【MotoGP】マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
【MotoGP】マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版
アルピーヌ、F1日本GPで“一歩後退”。オコン「レースで戦えないという感覚。他マシンは別カテゴリーにいた」
アルピーヌ、F1日本GPで“一歩後退”。オコン「レースで戦えないという感覚。他マシンは別カテゴリーにいた」
motorsport.com 日本版
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
ベストカーWeb
ガソリンエンジンの重要部品だけどディーゼルには不要! 「スパークプラグ」って何?
ガソリンエンジンの重要部品だけどディーゼルには不要! 「スパークプラグ」って何?
WEB CARTOP
『レンジローバー・スポーツ』が2025年モデルに刷新。ダークトーンで統一したステルスパックも導入
『レンジローバー・スポーツ』が2025年モデルに刷新。ダークトーンで統一したステルスパックも導入
AUTOSPORT web
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円 焦点は規制当局の判断へ
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円 焦点は規制当局の判断へ
日刊自動車新聞
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
バイクのニュース

みんなのコメント

1件
  • 藍流頓瀬奈
    旧車愛好、また愛車を長く乗りたいならば実際のところメーカー純正に拘っていても在庫枯渇、生産中止は避けがたい問題。
    こういうジェネリックパーツや流用部品に頼らざるを得ないことも。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村