現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レバー・ペダル・ボタン…「パーキングブレーキ」、結局何が違う? 「最近電動多い」には納得の利点が

ここから本文です

レバー・ペダル・ボタン…「パーキングブレーキ」、結局何が違う? 「最近電動多い」には納得の利点が

掲載 13
レバー・ペダル・ボタン…「パーキングブレーキ」、結局何が違う? 「最近電動多い」には納得の利点が

ワイヤー→モーターに

 一般的に自動車には、シフトレバーの「P」レンジに加え、駐車時などにクルマが動かないように「パーキングブレーキ」が備わっています。このパーキングブレーキ、運転席横のレバーを引き上げる「サイドブレーキ」タイプのもの、ペダルを踏み込むタイプのものがあります。最近ではボタンなどの電動式も増えているものの、それぞれ何が違うのでしょうか。

「やけに赤信号に捕まる…」には理由あり ドライバーが気づかない信号の仕組み

 サイドブレーキはかんたんに言うと、レバーを引きワイヤーを引っ張ることで、おもに後輪にブレーキをかける機構が一般的です。ペダルを踏みこむタイプのものも、一般的にサイドブレーキのバーがペダルに変わっただけで、その後はほぼ同じメカニズムといえるでしょう。

 一方、近年増えているのがボタン式、あるいはシフトレバーをPレンジに入れると自動で作動する電動パーキングブレーキを採用する車種です。これはケーブルの代わりにモーターを通じてオンオフをコントロールしており、ブレーキがかかるとモーターが動き、後輪のブレーキキャリパー(ブレーキパッドを車輪とともに回転する円盤型のディスクに押し当てるパーツ)にロックがかかるというものです。

 従来式のワイヤー式の場合、車種により引く強さが変わり、場合によってはあまりに固すぎてブレーキを解除できなかったり、使っているうちにワイヤーが伸びることから、定期的に締め直す必要があるなどのデメリットがありました。後者の場合、ボタン一つで操作ができることから「引く強さ」に悩まされることはありません。その場の傾斜などを検知して、ブレーキ力も自動的に制御する車種もあります。

 また、電動パーキングブレーキはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などの自動運転技術の利便性を高めるのにも相性がよいとされています。自動運転技術が徐々に多くのクルマへ実装されていくにつれ、電動パーキングブレーキ採用も増えてきています。

関連タグ

こんな記事も読まれています

スズキ新型「軽トラック」発表 オシャ青&意外な”進化点”に驚きの声も!? 新型「キャリイ/スーパーキャリイ」登場に反響多数
スズキ新型「軽トラック」発表 オシャ青&意外な”進化点”に驚きの声も!? 新型「キャリイ/スーパーキャリイ」登場に反響多数
くるまのニュース
政府がイチャモン! アルファロメオがたった5日で車名変更? ポーランド製なんだからミラノって名前はだめ!
政府がイチャモン! アルファロメオがたった5日で車名変更? ポーランド製なんだからミラノって名前はだめ!
ベストカーWeb
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
WEB CARTOP
レクサス版新型ランドクルーザー250[新型GX]今秋日本発売!! の前にランクル250ZXより500万円高の1235万円の限定車6月デビュー!! 
レクサス版新型ランドクルーザー250[新型GX]今秋日本発売!! の前にランクル250ZXより500万円高の1235万円の限定車6月デビュー!! 
ベストカーWeb
【面白ストーリー】クラシック911を新車に生まれ変わらせる「Singer(シンガー)」のエリート向けポルシェ964とは?
【面白ストーリー】クラシック911を新車に生まれ変わらせる「Singer(シンガー)」のエリート向けポルシェ964とは?
AutoBild Japan
トヨタ「新クラウン」初公開! 斬新デザイン&オシャレ豪華内装採用! “セダン×SUV”の新タイプ刷新で反響は? 4月発売
トヨタ「新クラウン」初公開! 斬新デザイン&オシャレ豪華内装採用! “セダン×SUV”の新タイプ刷新で反響は? 4月発売
くるまのニュース
トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
レスポンス
堅実なパフォーマンス見せるペレス、好調の鍵は「フェルスタッペンを気にしなくなったこと」?
堅実なパフォーマンス見せるペレス、好調の鍵は「フェルスタッペンを気にしなくなったこと」?
motorsport.com 日本版
ヤマハ RZ250を21世紀に走らせる「2ストならではのピーキーな特性。だがレプリカほど先鋭化し過ぎていないバランスの良さ」
ヤマハ RZ250を21世紀に走らせる「2ストならではのピーキーな特性。だがレプリカほど先鋭化し過ぎていないバランスの良さ」
モーサイ
「マジで無理」初心者ドライバーが恐怖する「高速道路の合流」どう克服!? 大型連休でビビらないための「準備」とは
「マジで無理」初心者ドライバーが恐怖する「高速道路の合流」どう克服!? 大型連休でビビらないための「準備」とは
くるまのニュース
免許不要で乗れる電動モビリティ「ChatBike/ChatKart」 POP UP試乗会を開催
免許不要で乗れる電動モビリティ「ChatBike/ChatKart」 POP UP試乗会を開催
バイクのニュース
グリップを極めるならこれ! タイヤ選びのポイント解説~カスタムHOW TO~
グリップを極めるならこれ! タイヤ選びのポイント解説~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】第6世代のメルセデス・ベンツ SLに、ライバルはいなかったのか?
【10年ひと昔の新車】第6世代のメルセデス・ベンツ SLに、ライバルはいなかったのか?
Webモーターマガジン
蘇れカジバ伝説! MVアグスタ「エンデューロ ヴェローチェ」誕生
蘇れカジバ伝説! MVアグスタ「エンデューロ ヴェローチェ」誕生
WEBヤングマシン
WECイモラ初日最速はフォコが駆る50号車フェラーリ。トヨタは平川亮組の8号車が4番手に
WECイモラ初日最速はフォコが駆る50号車フェラーリ。トヨタは平川亮組の8号車が4番手に
AUTOSPORT web
クルマのサブスクのKINTO、ランドクルーザー"250"の取扱いを開始
クルマのサブスクのKINTO、ランドクルーザー"250"の取扱いを開始
カー・アンド・ドライバー
開幕から白熱タイムバトル勃発。エバンスとヌービルが0秒差の総合首位タイに/WRCクロアチア
開幕から白熱タイムバトル勃発。エバンスとヌービルが0秒差の総合首位タイに/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」の「究極仕様」爆誕! ド迫力エアロが超カッコイイ! 「シビック タイプR」無限パーツ発売
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」の「究極仕様」爆誕! ド迫力エアロが超カッコイイ! 「シビック タイプR」無限パーツ発売
くるまのニュース

みんなのコメント

13件
  • ***********
    手引きサイド一択!
  • ran********
    電動化することによりトラブル時の修理代がべらぼうに高くなる。
    ワイヤー式ならほぼほぼワイヤー交換で治るのに、ブレーキコントロールバルブASSY交換しないと修理できないシステムは勘弁してほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村