現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 冬は「バッテリーの突然死」にご注意! 寒さでクルマのトラブル発生しがち? 不具合を防ぐ方法は?

ここから本文です

冬は「バッテリーの突然死」にご注意! 寒さでクルマのトラブル発生しがち? 不具合を防ぐ方法は?

掲載 4
冬は「バッテリーの突然死」にご注意! 寒さでクルマのトラブル発生しがち? 不具合を防ぐ方法は?

■寒さに弱い「バッテリー」冬は消費量も増加してトラブル発生も

 夏の猛暑ではクルマのトラブルが起きやすいと言われていますが、冬の寒さもトラブルを誘発する原因になりやすいのです。
 
 冬にはどのようなトラブルが起こりがちなのでしょうか。冬に起こりやすい不具合や注意すべきポイントを、千葉県の整備工場に務めるI整備士に聞いてみました。

【画像】「えっ…!」やっちゃダメ!? クルマの寿命が縮む「NG行為」画像で見る(15枚)

「冬ならではのトラブルとしては、やはりバッテリー関連が多いと想定されます。冬は夏同様にエアコンをフル稼働させるケースも多いうえに、気温低下によってバッテリー自体の放電力が弱くなってしまうことも影響しています」

 スマホなどもそうですが、バッテリーを使用している機器は、気温低下によって放電力の低下が見られるといいます。

 クルマのバッテリーは、エンジンを始動させたりライトやメーター、エアコンなど様々な電装品へ電力を供給することから、バッテリー上がりを起こしてしまうと「なすすべ無し」という事態に陥るのです。

「日没が早まり、エアコンやライトなど電装系の使用時間が長くなることによる影響もあるでしょう。急に冷え込みが厳しくなると、さらにバッテリーには厳しい状況が続いていると想定されます。

 エンジンの始動でセルモーター(スターター)の回転がにぶいと感じる場合は、早めにバッテリーの状態をチェックするか、新品に交換することをお勧めします」(I整備士)

 また、寒い冬であっても、意外にもクルマがオーバーヒート気味になることもあるようです。

 I整備士いわく、夏に酷使した冷却水(クーラント)が減少していることがあり、リザーブタンクをチェックもしてほしいとのことです。

 さらには、冷却水には不凍液など添加物が含まれていますが、ごく稀に濃度が薄くなって凍結してしまうこともあります。

 そうなるとラジエーター内の冷却水が冷えず、エンジンの放熱効率が低下。結果として、オーバーヒートの症状を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

 液体類では、ウォッシャー液も出にくくなっている可能性があります。氷点下に近い温度まで下がる地域では、ウォッシャーノズルが凍結してしまい出にくくなることも。出ないからといって無理矢理作動させると、今度はワイパーを傷める原因にもなってしまいます。

「可能なら、冬の間だけでも濃度を高くしたり凍結しにくい寒冷地用のウォッシャー液に交換すると良いでしょう。

 特にウインタースポーツなどで雪山などに行かれる予定がある人は、スタッドレスタイヤを装着するだけでなく、液体類の量や状態をチェックして、細かいトラブルを減らすよう事前に準備しましょう」(I整備士)

 加えて、エンジンオイルも寒くなると硬くなる傾向があるようです。一般的なクルマは「5W-30」程度の粘度のオイルを使用しているケースが多いとされていますが、交換するならどのようなオイルが適しているのでしょうか。

「『○W』は低温時の使用可能な温度(粘度)を表し、数字が小さいほど低温でも柔らかさをキープしてくれるということになります。

 後半の2桁は高温時の粘度を表し、数字が大きいほど高温時でも性能の劣化が少ない、つまり暑さに強いオイルということになります。

 エンジンオイルの劣化は燃費や回転フィーリングにも大きく影響するので、小まめな点検と定期的な交換がおすすめです。

 入れ替えるとしても、よほどの豪雪地帯でなければ『10W-30』程度の粘度を選べば問題ないでしょう」(I整備士)

 クルマの冬対策としては、気温の低下がもたらす影響をどれだけ減らせるかがポイントになりそうです。

※ ※ ※

 ほかにも、見逃しがちですが、ゴム製の保安部品(ウェザーストリップなど)も傷みやすい箇所です。寒いと硬化しやすく、状況によっては割れたり裂けたりしてしまうこともあります。

 事前にゴム製品用の保護材などを塗布して、ゴム製パーツの劣化を遅らせるのも冬対策としては意外に効果が高いです。

関連タグ

こんな記事も読まれています

Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web

みんなのコメント

4件
  • ********
    突然死、経験したことがある。
    ショッピングセンターで動かなくなった。
    JAFではなくロードサービス業者が来てくれたが、
    新車で付いている韓国製バッテリーは充電しても復活しませんよ。
    と言ってバッテリー交換を勧めていた。
    それはお断りして30分以上かけて遠回りして家に帰り、エンジンを止め、再始動しようとした。が、ウンともスンともいわなかった。
    冬ではなく春だった。
  • 葛葉恭次
    エンジン車はオルタネーターからの電力でエンジン停止までは一応何とかなるけど…

    EVは突然死からいきなり即死するん?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村