サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダの「タイプS」10年ぶり復活へ! 伝統のスポーティグレードを2モデル発売か

ここから本文です

ホンダの「タイプS」10年ぶり復活へ! 伝統のスポーティグレードを2モデル発売か

■スポーティさが楽しめる! 「タイプS」ってどんなクルマ?

 ホンダが、北米で展開するプレミアムブランド「アキュラ」は、LAオートショー2019にてコンセプトモデル「タイプS コンセプト」をお披露目しました。

ホンダ新型「アコード」ちょいワルセダンにフルモデルチェンジ! 2020年初めに国内発売へ

 これは、2019年8月にアメリカ・西海岸で開催されたカーイベント「モントレー・カーウィーク」において初公開されたものです。アキュラとして10年ぶりに復活するタイプSとは、どのようなモデルなのでしょうか。

 タイプSとは、アキュラブランドのスポーティモデルに与えられる称号で、ホンダの頂点に立つスポーツモデルがタイプRとなり、タイプSはその下に位置する仕様です。

 いずれも走りの楽しさを強調するスポーツモデルですが、両者が大きく異なるのは想定しているステージ。サスペンションの設定などでタイプRにはサーキットを限界走行するためのメカニズムを与えられているのに対し、タイプSは日常からワインディングロードなどを楽しく運転できるように味付けられています。

 ハードな体育会系でははく、快適性など日常も考えたスポーツモデルといえます。タイプSは、現在のホンダのラインナップにはありませんが、日本でもかつて展開されていました。

 最初に登場したのは「プレリュード」で、デビューは1996年。専用チューニングの高出力エンジンや左右トルク配分機構が搭載されたスポーツモデルです。

 その後、初代「NSX」、「インテグラ」、「S2000」、「アコード」に設定。運転する喜びを引き上げつつも、タイプRに比べると快適で日常生活でも一般のグレードと同じように使える間口の広さが最大の魅力でした。

 今回のタイプS コンセプトは、今後発売するモデルを示唆しています。

■気になる「タイプS コンセプト」の中身とは?

 実車を見て印象的なのは、ロングノーズでキャビンがかなり後方へ配置されているということ。ボディサイズは公表されていませんが堂々とした風格で、しかしながら室内空間を広げるというよりもスポーティなフォルムを実現することを目指してパッケージングが作られていることが理解できます。

 そんなプロポーションからは後輪駆動を採用しているようにも見えますが、現時点で駆動方式に関するアナウンスはありません。

 しかし、ホンダは現時点でガソリン車向けのフロントエンジン・リヤドライブのプラットフォームを持っておらず、特定の車種のために専用開発するとも考えにくいため、前輪駆動もしくはそれをベースとした4WDと考えられます。

 積極的に左右輪のトルク配分をコントロールする「SH-AWD」を採用すると考えるのが自然です。

 足回りには、4輪すべてに4ピストンキャリパーを備えた高性能なブレンボ製ブレーキが装備され、十分な制動力とスポーティな外観を両立しています。

 また、ボディカラーにはタイプSコンセプト用に作られた「ダブルアペックスブルーパール」が用いられていますが、これは、タイプSの伝統ともいえる青色を採用することで、歴代モデルに敬意を表すものだといいます。

 ちなみに昨今は、マツダ「マツダ6」やアウディ「A4/A6」、そしてボルボ「S90/V90」など前輪駆動ベースであっても美しく見せるためにAピラーを後退させてボンネットを長く見せるスタイルが増えています。

 アキュラの担当者は、「タイプS コンセプトは『TLX』の2代目に大きな影響を与えるモデル」といいます。TLXとはミドルサイズのセダンで、車体サイズはホンダでいうとアコードクラスです。

 日本で販売されていませんが、3.2リッター6気筒エンジンやSH-AWDを備えるグレードも展開します。さらに「今後2年間で2車種の『タイプS』をデビューさせる」(同・担当者)と説明しています。

 また、アキュラの担当者は「タイプSの復活によりアキュラのパフォーマンス性はさらに向上する」と説明。同ブランドにとって10年ぶりにタイプSが戻ってくることとなりますが、ぜひとも日本のホンダ車にも復活することを期待したいところです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します