現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブームに乗って登場したけど……結果は残念! 「いぶし銀すぎた」三菱リベロというステーションワゴン

ここから本文です

ブームに乗って登場したけど……結果は残念! 「いぶし銀すぎた」三菱リベロというステーションワゴン

掲載 34
ブームに乗って登場したけど……結果は残念! 「いぶし銀すぎた」三菱リベロというステーションワゴン

 この記事をまとめると

■三菱からかつて「リベロ」という車名を持ったステーションワゴンが販売されていた

ぶっちゃけトラックなんて普通の人が買って「何に使える」? 三菱トライトンの登場で注目のピックアップの活用法

■4ナンバーモデルも同時に販売していたことでイメージがあまりよくなかった

■のちに「GT」というグレードを持つ俊足モデルも設定された

 名前のとおりまさに万能だった三菱のワゴン

 いまではすっかりクロスオーバーSUVの影に隠れてしまった印象のあるステーションワゴン。しかし、1990年代にはステーションワゴンブームと呼ばれるものが存在し、そのきっかけとなったレガシィツーリングワゴンに代表される俊足ワゴンが高い人気を誇っていた時代があった。

 そんなステーションワゴンブームに乗ろうと、1992年5月に三菱がリリースしたのが、リベロと名付けられたモデルだった。

 三菱としては、それまでランサー/ミラージュのワゴンモデルを販売していたが、一世代前のモデルをベースとし、1985年にデビューしたものを細々と販売していたこともあり、4代目ランサー/ミラージュをベースとしたワゴンモデルを新たにリベロという名前で販売し、イメージを一新しようという狙いもあったのかもしれない。

 そんな車名を一新して登場したリベロではあったが、フロントマスクはほぼランサーのままとなっており、2リッターモデルが主流だったライバル車に対して、1.6~1.8リッターエンジンが主流ということもあってやや地味な印象になってしまったほか、レガシィなどは乗用専売モデルだったのに対し、リベロは4ナンバー登録となるバンモデルも併売していたことも、ややマイナスイメージとなってしまった点は否めなかった。

 そこで三菱は、1994年1月の一部改良のタイミングでランサーGSRに搭載されていた1.8リッターターボと4WDシステムを搭載したホットモデルの「GT」グレードを追加。さらに、1995年9月のマイナーチェンジではターボエンジンにインタークーラーを追加して+10馬力の215馬力にパワーアップを果たしたほか、フロントマスクをランサーエボリューション(初代)と同様のものへ変更し、よりスポーティな装いに改めた。

 また、同じタイミングでグリルガードを備え、ハイルーフボディとなったRVテイストを強めた「モンテ」という新グレードも追加するが、同時期にベースのランサーがフルモデルチェンジを果たしたことで古さが否めなくなってしまった。

 結局リベロは2000年11月に後継車種となるランサーセディアワゴンが登場するまで継続販売が続けられ(商用モデルは2003年のランサーカーゴ登場まで販売)、1世代のみで姿を消すこととなったのだった。

こんな記事も読まれています

車のボディに「謎の“木”」!? なぜ“ウッドパネル”必要だった? オシャレすぎる「高級感アイテム」の発祥と衰退と再生とは
車のボディに「謎の“木”」!? なぜ“ウッドパネル”必要だった? オシャレすぎる「高級感アイテム」の発祥と衰退と再生とは
くるまのニュース
3度目の制覇狙う琢磨、最終“カーブデイ”は14番手に。決勝は「なるべく早く前に出たい」/インディ500
3度目の制覇狙う琢磨、最終“カーブデイ”は14番手に。決勝は「なるべく早く前に出たい」/インディ500
AUTOSPORT web
地元パン屋の個性的なパンが500個以上!…沼津三菱自動車「春のパン祭り」 5月26日
地元パン屋の個性的なパンが500個以上!…沼津三菱自動車「春のパン祭り」 5月26日
レスポンス
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
ベストカーWeb
日本限定は4165万円で10台のみ! ベントレー最後のエンジン車「コンチネンタルGTアズール ラスト オブ ライン」はマストバイです
日本限定は4165万円で10台のみ! ベントレー最後のエンジン車「コンチネンタルGTアズール ラスト オブ ライン」はマストバイです
Auto Messe Web
【MotoGP】「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
【MotoGP】「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
motorsport.com 日本版
【MotoGP】スプリント勝利目前に”まさか”の転倒を喫したバニャイヤ、摩訶不思議なクラッシュに憤り「完璧だったのに」
【MotoGP】スプリント勝利目前に”まさか”の転倒を喫したバニャイヤ、摩訶不思議なクラッシュに憤り「完璧だったのに」
motorsport.com 日本版
【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」
【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」
AUTOSPORT web
[Pro Shop インストール・レビュー]VW ザ・ビートル(山本大地さん)by custom&car Audio PARADA 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]VW ザ・ビートル(山本大地さん)by custom&car Audio PARADA 後編
レスポンス
マツダの軽トラックが一部改良を実施して機能装備を拡充
マツダの軽トラックが一部改良を実施して機能装備を拡充
カー・アンド・ドライバー
ホンダ:暑さと黄旗に翻弄される。ミル「コンディションは難しかったが明日は良くなる」/第6戦カタルーニャGP初日
ホンダ:暑さと黄旗に翻弄される。ミル「コンディションは難しかったが明日は良くなる」/第6戦カタルーニャGP初日
AUTOSPORT web
ヤマハ:リンスがダイレクトQ2進出。新型エアロは「期待通りに機能している」とクアルタラロ/第6戦カタルーニャGP初日
ヤマハ:リンスがダイレクトQ2進出。新型エアロは「期待通りに機能している」とクアルタラロ/第6戦カタルーニャGP初日
AUTOSPORT web
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
くるまのニュース
アウディの元イタリア王者がポール・トゥ・ウイン。ダンプ路面でFL5型シビックも初優勝/TCRヨーロッパ第2戦
アウディの元イタリア王者がポール・トゥ・ウイン。ダンプ路面でFL5型シビックも初優勝/TCRヨーロッパ第2戦
AUTOSPORT web
ディクソンが復調のトップスピード。琢磨は14番手に/【第108回インディ500】カーブデイ総合結果
ディクソンが復調のトップスピード。琢磨は14番手に/【第108回インディ500】カーブデイ総合結果
AUTOSPORT web
アルファロメオ、新コレクション発表…情熱あふれる3つの個性
アルファロメオ、新コレクション発表…情熱あふれる3つの個性
レスポンス
中古で買っても期限内なら「新車保証」は継続可! 保証継承のために「12カ月点検」が重要だった
中古で買っても期限内なら「新車保証」は継続可! 保証継承のために「12カ月点検」が重要だった
WEB CARTOP
愛車が大変身「カーラッピング」の世界! 10年代“痛車”文化で注目も、価格ネックの現実 今後広まる?
愛車が大変身「カーラッピング」の世界! 10年代“痛車”文化で注目も、価格ネックの現実 今後広まる?
Merkmal

みんなのコメント

34件
  • ライバルはどちらかというとカローラワゴンやサニーカリフォルニア、その意味ではヒトクラス上のモデル。そしてレガシーのライバルは後に登場するレグナムだろう。いい加減な記事書いてはダメ。
  • >リベロは4ナンバー登録となるバンモデルも併売していたことも、ややマイナスイメージとなってしまった点は否めなかった。

    ウイングロードに謝れ!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村