サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 時代に翻弄されたマツダ5チャンネル 痛恨の失敗とバブルの真相とは

ここから本文です
 かつて「モノを作れば売れる」時代があった。1986年頃に始まるバブル経済を背景に、国内の各自動車メーカーは販売台数を伸ばすため、ディーラーの多チャンネル化を推し進めた。しかし、やがてバブルが崩壊し、特にマツダはその影響を強く受け、経営危機に陥ることになる。今回は、時代に翻弄された当時のマツダの状況と、その背景となった経済のマクロ的な流れをご紹介したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ