現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > う…売れそう… スズキ新型軽「ワゴンRスマイル」は売れ筋ど真ん中を狙ってきた!!

ここから本文です

う…売れそう… スズキ新型軽「ワゴンRスマイル」は売れ筋ど真ん中を狙ってきた!!

掲載 更新 91
う…売れそう… スズキ新型軽「ワゴンRスマイル」は売れ筋ど真ん中を狙ってきた!!

 2021年9月10日に発売になった新型軽自動車ワゴンRスマイル。どこか愛嬌のある丸みのあるヘッドライトと両側スライドドアが目を引く魅力的なモデルだ。

 そこで早速この注目の新型軽に試乗を行ったのでレポートしよう!

初代と売れ方激変! 新型アクア 発売2か月の通信簿と意外性

文/渡辺陽一郎、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】注目のワゴンRスマイルの高品質な内装と愛嬌のあるエクステリア&両側スライドドアを写真でチェック!

■乗れば思わず笑顔になる!? ワゴンRスマイル登場

2021年9月に発売されたスズキ ワゴンRスマイル。両側に備えたスライドドアが特徴だ

 最近登場した新型車を見ると、ヤリスクロス、カローラクロス、ノートオーラなど、人気車の車名を頭に付けることが多い。ヤリスクロスとカローラクロスはSUVだから、ヤリスやカローラとはまったく違うクルマだ。

 このような流れの中で、スズキからワゴンRスマイルが登場した。これもワゴンRの車名を冠しているが、ボディは大幅に異なる。全高は1695mmだから、ワゴンRに比べて45mm高く、後席側のドアはスライド式にした。

 スズキにはスライドドアを装着した背の高い軽自動車として、以前からスペーシアがある。この全高は1785mmだから、ワゴンRスマイルは90mm背が低い。つまりワゴンRスマイルは、ワゴンRとスペーシアの中間的な位置付けになる。

 ちなみに今日のスライドドアを備えた軽乗用車の多くは、全高が1700mmを超える。1700mm以下でスライドドアを装着するのは、全高が1655mmのムーヴキャンバスのみだ。

 なぜスズキはワゴンRスマイルを開発したのか。車名の由来も含めて、開発者に尋ねると以下のように返答した。

 「ワゴンRのお客様にスライドドアのニーズを尋ねると、約40%の方が欲しいと希望された。またスライドドアは欲しいが、スペーシアほど背の高いボディは不要という意見もある。そこでワゴンRスマイルを開発した。ワゴンRの車名を頭に付けた理由は、ワゴンRに近い全高で、スライドドアを備えるからだ」。

 販売店は以下のように述べた。「お客様から、スズキにはムーヴキャンバスみたいなクルマはないのか、という問い合わせを受けることが多かった。それだけにワゴンRスマイルは販売も好調だ」。

■ムーヴキャンバスを意識して開発! 内装の上質さと居住性はライバルを超えた?

全高1700mm以下でスライドドアを備えるのはこのワゴンRスマイルとダイハツ ムーヴキャンバスのみだ。他にもムーヴキャンバスとの共通点は多い

 ワゴンRのライバル車となるムーヴキャンバスは、2016年に発売され、今でも1か月平均で5000台以上を販売している。ムーヴ全体の約60%をキャンバスが占めており、ワゴンRスマイルの開発も、ムーヴキャンバスの発売後にスタートした。

 そのためかワゴンRスマイルには、全高を1700mm以下に収めたこと以外にも、ムーヴキャンバスとの共通点が多い。フロントマスクは丸みのあるデザインで柔和に仕上げ、エアロパーツを装着したグレードは用意されない。ボディは1種類だけだ。

 ターボを備えたエンジンを設定しないことも、ムーヴキャンバスと共通だ。スズキのターボ比率は、スペーシアが20%、ハスラーは25%だが、ワゴンRは5%以下と少ない。そこでワゴンRスマイルも、ノーマルエンジンに限定した。

 ワゴンRスマイルは、デザインに重点を置いたから内装も上質だ。

 売れ筋のハイブリッドSとハイブリッドXのインパネには、光沢のあるパネルが装着され、色彩は外装色に応じてアイボリーとネイビー(濃いブルー)を選べる。ステッチ(縫い目)風のデザイン処理も施した。ATレバーはインパネの下側に装着され、操作性も良い。

 居住空間は広い。後席のスライド位置を後端まで寄せると、前後席に座る乗員同士の間隔は、ワゴンRと同じ1035mmに広がる。Lサイズセダンでも900~950mmだから、1000mmを超えると後席の足元空間は相当に広い。

 ワゴンRスマイルに身長170cmの大人4名が乗車すると、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ3つ少々に達する。

後席の足元の広さはLサイズセダン以上。渡辺氏も思わずスマイルだ

 しかも後席に座る乗員の足が前席の下側にスッポリと収まるため、後席を前側にスライドさせても座り心地が窮屈になりにくい。後席の膝先空間を握りコブシ2つ分まで詰めても快適で、この状態であれば、後席の後ろ側に十分な荷室を確保できる。

 注意したいのは後席の座り心地だ。座面の前側に丸みを付けたので、大腿部と接する部分が少し短い。座った時に違和感が生じる場合もある。開発者は「スライドドアを備えたクルマでは、ドアを開いた時に、後席座面の側面が良く見える。そこでシートの見栄えにも配慮した」と述べた。

 後席の背もたれを前側に倒すと、座面も連動して下がり、平らな荷室になる。後席のスライドと座面の昇降を伴う折り畳み機能は、両方とも左右独立式だ。ちなみに全高が1700mm以下の軽自動車で、後席のスライドと座面の昇降機能が両方とも左右独立になるのは、ワゴンR、ワゴンRスマイル、ハスラーに限られる。

 なおライバル車のムーヴキャンバスでは、後席の下側に引き出し式の収納設備を装着した。引き出した状態で中敷きを持ち上げるとバスケット状になり、この中に買い袋を収めると走行中に倒れにくい。

 ムーヴキャンバスでは、この「置きラクボックス」が特徴だが、後席の格納機能は単純だ。背もたれを前側に倒すだけなので、広げた荷室の床には段差と傾斜が生じる。

 そのためにムーヴキャンバスの使い勝手は、置きラクボックスを使うか否かで大きく変わるが、ワゴンRスマイルのシートアレンジはワゴンRやスペーシアと同じで一般的だ。特徴や新鮮味は乏しいが、幅広いユーザーにとって使いやすい。

■パワーに余裕が欲しいと感じる場面も

フロントガラスが大きく視点も高めなので視界が良好だ。車幅を把握しやすく、どの方向もよく見える

 次は運転感覚を試す。まず運転席に座って気付くのは、視界が良いことだ。スライドドアの装着もあり、外観は水平基調だから、ボディの四隅が分かりやすい。斜め前側には、縦長のウインドーも装着した。ボンネットは手前が少し視野に入り、車幅も把握しやすい。軽自動車らしく、前後左右ともに良く見える。

 最小回転半径も4.4mだから小回りが利いて運転しやすいが、ステアリング操作は少し忙しい。ステアリングホイールを右側から左側までフルに操舵すると、4.1回転に達する。走行安定性とのバランスを図りながら、ステアリングのギヤ比をもう少しクイックにできると良い。

 グレードはG、ハイブリッドS、ハイブリッドXの3種類が用意され、試乗車は最上級のハイブリッドXであった。動力性能は、最高出力が49馬力(6500回転)、最大トルクは5.9kg-m(5000回転)になる。

 WLTCモード燃費は、マイルドハイブリッドを搭載によって25.1km/Lだ(非搭載のGは23.9km/L)。ワゴンRハイブリッドFZは25.2km/Lだから、0.1km/Lしか悪化しない。

 しかしワゴンRスマイルハイブリッドXの車両重量は870kgだから、ワゴンRを80kg上まわる。街中を普通に走る時にはパワー不足を感じないが、登坂路に差し掛かるともう少し動力性能が欲しいと感じさせる。

 CVTのギヤ比はワゴンRと同じだが、車両重量の増加に応じてトルクコンバーターは変えている。それでもパワー不足を感じる場面はある。現状では最大トルクを5000回転で発生させ、4700回転を超えると加速が活発になるが、最大トルクの発生を4000回転以下に抑えると扱いやすくなる。

試乗したハイブリッドXは最高出力が49馬力(6500回転)、最大トルクは5.9kg-m(5000回転)となる。登坂路ではもう少しパワーが欲しいと感じた

 登坂路ではアクセルペダルを深く踏み込むのでノイズも高まる。フードサイレンサーの装着などによってエンジンの透過音を抑えたが、それでも登坂路では少し耳障りだ。

 この動力性能を踏まえると、ターボを用意した方が好ましいと思うが、前述の通り販売比率は低い。つまり多くのユーザーは、ノーマルエンジンに不満を感じていないが、動力性能に余裕のある上級車種からダウンサイジングする時は、販売店の試乗車などを使って登坂路を走ると良いだろう。

 操舵に対する反応は、背の高い軽自動車らしく穏やかだ。峠道などのカーブでは少し曲がりにくく感じるが、後輪の接地性は高く、走行安定性に不満は生じない。背の高い軽自動車に適したセッティングだ。

 注意したいのは乗り心地で、上下に揺すられる感覚があり、路上の細かなデコボコを伝えやすい。タイヤサイズは14インチ(155/65R14)で、銘柄はダンロップ・エナセーブEC300+だ。

 一般的な銘柄だが、タイヤ本体はワゴンRスマイル用に新開発された。転がり抵抗を抑えて前述の優れた燃費性能を達成しており、コストも抑えたが、乗り心地では不利になっている。

■安全運転支援装備も用意! 幅広いユーザーが満足できる

衝突被害軽減ブレーキやサイド&カーテンエアバッグを全グレードに標準装備。街乗りでは幅広いユーザーにおすすめできる

 装備については安全面に注目したい。衝突被害軽減ブレーキやサイド&カーテンエアバッグは、全グレードに標準装着した。さらに全方位モニター用カメラ装着車には、ドライバーの死角に入る部分を表示する機能、立体的な3Dビュー、新たに「すれ違い支援機能」も採用した。

 すれ違い支援機能は、フロントカメラがすれ違いの状態を認識すると、モニター画面にボディの前側と左側面の映像を自動的に表示する。

 以上のようにワゴンRスマイルは、乗り心地では少し不利だが、街中を移動するにはちょうど良い軽自動車だ。特徴は乏しいが、荷室、シートアレンジ、収納設備などは実用的で、幅広いユーザーが便利に使える。

 特に幼い頃からスライドドアを備えるミニバンに乗って育った比較的若いユーザーには、馴染みやすいだろう。いわゆる若年層のクルマ離れに向けた対策にもなり得る商品だ。

 買い得グレードは、両側のスライドドアに電動機能を装着するなど、装備を充実させたハイブリッドS(147万2900円)になる。

 LEDヘッドランプやパーソナルテーブルなどが欲しいユーザーは、最上級のハイブリッドX(159万2800円)も検討したい。ハイブリッドSに比べると、11万9900円の上乗せで、15万円相当の実用的な装備が加わるので割安だ。

【画像ギャラリー】注目のワゴンRスマイルの高品質な内装と愛嬌のあるエクステリア&両側スライドドアを写真でチェック!

こんな記事も読まれています

【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
くるまのニュース
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
AUTOCAR JAPAN
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
Auto Messe Web
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
Auto Messe Web
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
AUTOSPORT web
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
くるまのニュース
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
レスポンス
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
AUTOSPORT web
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
motorsport.com 日本版
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

91件
  • 返ってキャンバスのデザインが評価されそう。
  • 直球ど真ん中どころか、スズキの悪い癖が出たような?
    おい!そっちじゃねーよ!!的なヤツ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.2147.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.6236.0万円

中古車を検索
ワゴンRスマイルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.2147.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.6236.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村