サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動化と脱セダンの波 変わる世界のタクシー事情

ここから本文です

電動化と脱セダンの波 変わる世界のタクシー事情

 「タクシーはその国の顔」とも言われる。日本ではJPNタクシー登場までの約60年間、車名だけで見れば”クラウン”が顔。そのタクシー事情が世界で変わりつつあり、電動化と脱セダンの波が押し寄せている。世界を3つのエリアに分け、レポート!

文/小林敦志
※ベストカー2021年5月10日号より転載

さすがに日本じゃデカすぎ!? 魅惑の海外専売超大型SUV&ミニバン 5選

【画像ギャラリー】ニューヨーク、アジア、東南アジアで走るタクシーはコレだ

■ニューヨーク 多数派は今でもセダン

フォードエスケープ。SUVタクシーは乗り降りが大変

 かつては、チェッカー社のタクシー専用セダンも走っていたニューヨーク。やがてGM、フォード、クライスラーなどのアメリカン・フルサイズセダンに取って代わられるようになり、さらに、フォードが最後のアメリカン・フルサイズセダンである、クラウンビクトリアの生産を終了するタイミングで、プリウスが幅を利かすようになった。

RAV4。そもそもHEVのラインナップが多いこともあり、さまざまなトヨタ車がタクシーとして走っている

 ニューヨークタクシー組合では、タクシー車両としての推奨車種をリスト化している。その多くはHEV(ハイブリッド車)となり、プリウス系(含む日本名α)、カムリ、RAV4などのトヨタのほか、日産やフォードなどのハイブリッド車もラインナップされている。そのなかで、現状はカムリがメインとなっている。

トヨタカムリ(手前)。今やNYの顔か!?

 バイデン政権は電動車普及を進めるようだが、アメリカではガソリン価格が安めで安定していることもあり、HEVが自家用としてはなかなか売れず、ニューヨークに在庫が流れて、タクシーになっているともいわれている。クルマのタイプはセダンのほか、SUVやミニバンなどボディタイプは多彩なものとなっている。

トヨタシエナ。スライドドアに慣れていないニューヨークっ子も目立つ

 ほかの全米主要都市ではタクシーの主流はプリウスとなっており(一部カムリ)、セダンは多い。これはニューヨーク市で使ったものが中古として流れているとの話もあるが、電動化は全米レベルでも進んでいるといえよう。

■アジア 中国は中華系メーカー車に一気にシフト

 中国では“脱セダン”の前に、EV(純電動車)タクシーの普及により、中華系メーカー車に一気にシフトした。

広州汽車のMPV型EVタクシーは、乗務員証までデジタルデータ化されていて驚いた

 かつて北京では、北京ヒュンダイ、東風シトロエン、一汽VW(フォルクスワーゲン)、上海では、上海VWなど外資系がメインとなり、中国全土でも上海VWや北京ヒュンダイ車が圧倒的に多かった。

 しかし、今では、上海汽車や広州汽車、BYDなど中華系が増え、リチウムイオン電池を脱着して充電する、北京汽車のEVセダンタクシーが華南地区の広州市でも目立つようになっている。深セン市はBYD、広州市は広州汽車など、地元メーカー車と並び普及が進んでいる。

 現状もセダンがメインだが、MPV(多目的車)や、ステーションワゴンなどのEVタクシーも走っている。

 台湾は’40年までに「販売車両を電動車のみにする」と発表。タクシー車両は、“トヨタウィッシュを世界一愛する地域”とされていた台湾なので、かつてはほぼウィッシュだらけ。台湾でのノックダウン生産が終了すると、さまざまな車種がタクシーとして登場したが、メインはシエンタになろうとしているようだ。ただ、路線バスではすでに中華系BYDのEVバスが台北市内などを走っている。

ウィッシュはラゲッジが広く使い勝手もいい。愛される理由だ

 日本車のタクシーではEV化はなかなか進まないので、この先日本車が排除される可能性も考えられる。

シエンタも走るが、EV化が進まないので中華系に代わるかも!?

 韓国もソウル市内ではEV路線バスが目立っており、EVタクシーも走っている。EV路線バスでは中華系車両が走り出しているようなので、EVタクシーも目立ってくるかもしれない。もともとセダン型がメインで、中華系EVタクシーもセダンメインなので、“脱セダン化”は進まないかもしれない。ヒュンダイがあるのだが、コストの前には中華系に頼らざるを得ないともいわれている。

日本ではクラウンに代わりメインになりつつあるJPNタクシー。電動化と脱セダンを推し進める

■東南アジア トヨタ車、危うし!?中華系BYDのMPV型EVタクシーが増殖中

 まずはタイ。バンコク市内のタクシーはほぼカローラアルティスとなっている。現行モデルはHEVがメインなのだが、タクシー向けのリモというグレードは1・6Lガソリンエンジン車となっている。

カローラアルティス(2台とも)

 このまま、カローラの天下が続くと思ったが、市内では中華系BYDのEVタクシー(MPVタイプ)が走り出している。上海汽車が現地生産も行っているので、タイ政府、そして中国の出方次第ではBYDも含め、タクシー車両の日本車排除も絵空事ではなさそうだ。

BYD製EVタクシー

 ベトナムは地域によってバラつきがあるようだが、ホーチミン市ではトヨタイノーバというミニバンがタクシーとして走っている。東南アジアのほかの国でもそうだが、イノーバは社用車として運転手付きで現地駐在員の移動用に使われることが多く、見かけによらずステイタスが高い。“脱セダン”とはなっているが、電動化という部分ではまだこれからで、未知数となっている。

ホーチミン市のトヨタイノーバ

 インドネシアはもともとトヨタリモというセダン型タクシーがほとんど。しかし、ライドシェア車ではMPVが多く、荷室が広く便利というのが人気の理由。その後トヨタはトランスムーバーというMPV型タクシー専用車を投入した。最近は最大手のタクシー会社がBYD製EVタクシー(MPV型)を導入して走らせている。

ヴィオス・ベースのトヨタリモのタクシー

 東南アジア、全体的には、トヨタに対抗する側からすれば、車両電動化は“脱日本車”を加速させる好機と捉えているようだ。携わる日本人からすれば不安が大いに残る。

インドネシアでは、タイ同様、中華系BYD製EVタクシーも走る

【画像ギャラリー】ニューヨーク、アジア、東南アジアで走るタクシーはコレだ

 「電動化と脱セダンの波 変わる世界のタクシー事情」は4月9日発売『ベストカー』(2021年5月10日号)からの転載です。雑誌では、各国の街並みの写真や欧州事情を紹介したミニコラムも掲載。雑誌もぜひお楽しみください。

 2021年5月10日号では、ほかにも気になる記事が盛りだくさん。スクープ「SUZUKIジムニー5ドア BC版完全カタログ」をはじめ、集中BIG特集「新型86/BRZ 日本仕様初公開!!FRスポーツ血風録」や、全力特集「100年に一度の大変革期 クルマ界の新風」、新入社員に贈る「新卒社会人に捧げる地獄の特訓『これを買ってクルマ好きになれえ!』」、人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」など幅広い世代が楽しめる読み物を掲載しています。

『ベストカー』(2021年5月10日号)の購入はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します