サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > イタリアと日本を結ぶ思いを伝統の“水引”に込めて フィアット500に189万円の特別仕様車が登場

ここから本文です

イタリアと日本を結ぶ思いを伝統の“水引”に込めて フィアット500に189万円の特別仕様車が登場

有償ボディカラーも含めた3色を設定

 FCAジャパンは、フィアット500(チンクエチェント)に日本伝統の“水引”をモチーフに取り入れた限定車「500 Super Pop Giappone(スーパーポップ・ジャポーネ)」を設定。2月15日(土)より全国のフィアット正規ディーラーにて200台限定で販売する。メーカー希望小売価格は189万円(消費税込)というバーゲンプライスだ。

アバルト創立70周年記念イベント「ABARTH DAYS2019」にファン垂涎の希少モデル集結!

 今回の企画には「日本とイタリアの融合」に加えて「フィアットとお客様を結ぶ」という思いが込められている。その思いを日本伝統の“水引”と重ね合わせたのが、「500スーパーポップ・ジャポーネ」だ。専用装備となるステッカーは、日本では古くからお祝いの場面や装飾として親しまれている“水引”をモチーフとしてデザイン。そしてモデル名のGiappone(ジャポーネ)は、イタリア語で日本を意味している。

 ベースモデルの500はご存知の通り、愛らしい内外装デザインが特徴。それに加えて今回の限定車では、車体の前方側面(フロントフェンダー)とインストルメントパネルに、白/赤/緑からなるトリコローレカラーの水引をデザインしたステッカーが貼付され、デザインのワンポイントとなっている。

 ベースとなった「500 1.2 Pop」は、アイドリング中にエンジンを停止するスタート&ストップ機構付きの1.2リッターエンジンを搭載し、19.4km/L(JC08モード)という低燃費を実現。7インチタッチパネルモニターを搭載したApple CarPlay/Android Auto対応のオーディオプレイヤー(Uconnect ®)やキーレスエントリーも標準装備されている。

「500スーパーポップ・ジャポーネ」のメーカー希望小売価格は189万円(消費税込、以下同)。ボディカラーならびに販売台数は、ボサノバ・ホワイトが限定120台、パソドブレ・レッドが限定40台、ミント・グリーンが限定40台という3色が設定され、このうち通常は有償色となるボディカラー(パソドブレ・レッドとミント・グリーンは5.5万円高)も限定車では同価格にて提供される。ちなみベース車の「500 1.2 Pop」は200万円なので、11万円から16.5万円もお得な価格設定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します