現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつて憧れたぜ! 100台限定の日産「パルサーエクサコンバーチブル」は北米仕様の内装がオシャレすぎた!!

ここから本文です

かつて憧れたぜ! 100台限定の日産「パルサーエクサコンバーチブル」は北米仕様の内装がオシャレすぎた!!

掲載
かつて憧れたぜ! 100台限定の日産「パルサーエクサコンバーチブル」は北米仕様の内装がオシャレすぎた!!

 かつて身近なクルマをベースにしたスペシャルティクーペは、若者たちの憧れの存在だった。第11回目となる日産ヘリテージ連載は、初代パルサーエクサの限定車として設定された「パルサーエクサコンバーチブル」を紹介しよう。

文/大音安弘、写真/池之平昌信、日産

かつて憧れたぜ! 100台限定の日産「パルサーエクサコンバーチブル」は北米仕様の内装がオシャレすぎた!!

■リトラクタブルライトが与えられたパルサーエクサ

リトラクタブルライトが特徴的なパルサーエクサコンバーチブル。座間の日産ヘリテージコレクションに今も収蔵されている

 チェリーの系譜を初代パルサークーペから受け継いだ初代パルサーエクサには驚きの特別仕様車が存在し、現在も日産ヘリテージコレクションに収蔵されている。

 パルサーエクサの歴史は、パルサーが2代目にフルモデルチェンジを果たした1982年(昭和57年)4月27日に始まる。2代目パルサーは、主力となる3ドア及び5ドアハッチバックに加え、独立したトランクを備える2ドアノッチバッククーペを設定。このクーペにはパルサークーペではなく、新たにパルサーエクサの名が与えられた。

幌を付けた状態のパルサーエクサコンバーチブル

 スペシャルティクーペらしい専用デザインとなるスポーティなフォルムを与えられたパルサーエクサは、スーパーカーを彷彿させるリトラクタブルヘッドライトを備えたスラントノーズが印象的だ。

 このリトラクタブルヘッドライトは、世界初のワンタッチ式パッシング機構を備えたもので、1000~1500ccクラス初かつ日産車初のリトラクタブルヘッドライトを搭載したモデルであった。

 ボディパネルもベースのパルサーとはまったく異なっており、その結果、空気抵抗係数(Cd値)を0.37まで高めていた。ただし、インテリアはパルサーと共通であるため細やかな差別化に留められており、スペシャルティ感はやや薄めであった。

[articlelink]

■直4、1.5LSOHCエンジンのみの設定

シングルキャブレーター仕様の1.5L直4SOHCエンジン車のみを設定。ベースは最高出力85ps/5600rpm、最大トルク12.3kgm/3600rpmを発揮

 エクサは基本構造を共有するが、新パルサーシリーズのイメージリーダーの役目もあり、上位グレード向けの自然吸気仕様の1.5L直4SOHCエンジン車のみを設定。ベースグレードは、シングルキャブレター仕様とし、最高出力85ps/5600rpm、最大トルク12.3kgm/3600rpmを発揮。トランスミッションは5速MTと3速ATを用意した。

 最上位となる「E」グレードでは、インジェクション式となり、最高出力95ps/6000rpm、最大トルク12.5kgm/3600rpmまで向上させ、5速MTのみの組み合わせとした。

 発売当時の東京地区価格は、117万5000円(ベース、5MT車)~128万5000円(E、5MT車)であり、同エンジンを搭載するパルサーよりも10万円前後割高であった。

■車名の「エクサ」は天文学や原子物理学の国際単位に由来

パルサーエクサの名、EXAは天文学や原子物理学の国際単位に由来している

 聞きなれない「エクサ」という名の由来だが、当時の広報資料には、「エクサ(EXA)は、天文学、原子物理学などの分野で使われる国際単位のひとつ、1018(10の18乗)を意味する最大限の単位のこと。スポーティで先進的なイメージを凝縮し、従来のクーペの概念を超える無限の魅力を秘めた新型パルサーのクーペにふさわしいネーミングとして採用した」と説明されている。

 ちなみに、発表当時は最もエクサが大きな単位であったが、現在ではより大きなものが存在している。

 1983年(昭和58年)5月6日には、パルサー系兄弟車に高性能なターボエンジンを追加し、「エクサターボ」も登場。エクステリアの各部には、「TURBO」の文字が踊り、スポーティさを強調。

 さらに、ドアミラーやTURBOロゴ入りバケットシート、ブースト計付き5連メーターパネル、前後ディスクブレーキなどが専用装備として与えられていた。注目のターボエンジンは、インジェクション仕様の1.5L直4OHCエンジンをベースに、ターボチャージャーを組み合わせたもので最高出力115ps/5600rpm、最大トルク17.0kgm/3200rpmを発揮。トランスミッションは5速MTのみが用意された。当時の東京地区価格は、137万円であった。

 1984年(昭和59年)3月29日に、マイナーチェンジを実施。エクサの内外装は小変更に留められているが、ドアミラーの標準化に加え、バケットシート採用グレードの拡大や一部グレードでの電動ガラスサンルーフの標準化などを行っている。

 そして、1986年(昭和61年)5月にパルサーが3代目へとフルモデルチェンジを果たした後となる同年10月に、2代目モデルが独立した車種となる「エクサ」としてデビューを果たしている。

■日産チェリー販売店15周年記念の100台限定車として誕生!

パルサーエクサコンバーチブルは日産チェリー系販売会社創立15周年を記念した限定車として企画され、1985年に全国で100台限定で販売

 さて、今回の主役パルサーエクサコンバーチブルを紹介しよう。1985年(昭和60年)3月29日に発表された。日産チェリー系販売会社創立15周年を記念した限定車として企画され、全国で100台限定とされた。

 販売グループの15周年企画として、メーカー自ら限定車を開発してしまうというのは、かなり大胆な企画だ。しかもカタログモデルにないオープンにしてしまうという発想にも驚かされる。

 ベース車には、マイチェン後の「ベースグレード」を採用。エンジンがシングルキャブとなるエントリーモデルだ。トランスミッションは5速MTのみであった。ルーフ部は3層構造の手動式ソフトトップとし、オープン化のボディ剛性低下とロールオーバー時の安全性を確保するロールバーを装備。

 リアウィンドウとリアサイドウィンドウは割れにくく、耐老化性に優れるなどの特徴を持つ有機ガラスに変更していた。

パルサーエクサコンバーチブルの内装。赤を基調とした内装色は北米仕様と同じものを採用しているという

 標準車との違いは何もコンバーチブルであることだけではない。なんと内装にも秘密があり、赤を基調としたシートは北米仕様のジャガード織りの生地を流用したもの。ドアトリムやスポーツタイプの3本スポークステアリングなども同様である。

 それを裏付けるのが、シート表面の「PULSAR NX」の文字だ。これは北米名が「パルサーNX」であったため、パーツが流用された証拠なのだ。また、クーペでは5名乗車仕様であったが、コンバーチブル化に際して4名乗車仕様に改められている。ボディカラーは内装同様に赤だけが用意されていたようだ。

 驚くべきは、その価格。なんとベース車の1.7倍ほどとなる198万円を掲げていたが、その希少性と製造の手間を考慮すればお買い得だったのかもしれない。オープン化と北米仕様の内装を取り入れ、アメリカナイズされたパルサーエクサという個性は、オーナーたちの自慢だったに違いない。

 今では、クーペのパルサーエクサに出合うことする難しくなっている。そして、エクサコンバーチブルにはメーカー純正というクォリティや強いこだわりも見て取れる。日産ヘリテージコレクションを訪ねた際は、ぜひチェックしてみて欲しい一台だ。

こんな記事も読まれています

「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
Merkmal
イモラ用の性能調整でハイパーカーが軒並み減量&パワーアップ。例外はウイング付き新型プジョー9X8
イモラ用の性能調整でハイパーカーが軒並み減量&パワーアップ。例外はウイング付き新型プジョー9X8
AUTOSPORT web
バスの乗客が転んだら誰の責任? 現実は「運転士&会社のせい」… 危険を避けるためでもなぜ「バス側」が悪い? 運転士“なり手不足”原因のひとつか
バスの乗客が転んだら誰の責任? 現実は「運転士&会社のせい」… 危険を避けるためでもなぜ「バス側」が悪い? 運転士“なり手不足”原因のひとつか
くるまのニュース
三浦市『味の旬彩 てん心』で特大黄金鯵のアジフライを堪能!
三浦市『味の旬彩 てん心』で特大黄金鯵のアジフライを堪能!
バイクのニュース
【SUPER GT速報】いくらなんでも1400kgは重すぎる 56号車GT-Rにはキビシー週末だったけど……!!?
【SUPER GT速報】いくらなんでも1400kgは重すぎる 56号車GT-Rにはキビシー週末だったけど……!!?
ベストカーWeb
セド/グロvsクラウン プレリュードvsセリカ エルグラvsアル/ヴェル…… 熾烈な競争の中でトヨタが認めて追随した技術アレコレ
セド/グロvsクラウン プレリュードvsセリカ エルグラvsアル/ヴェル…… 熾烈な競争の中でトヨタが認めて追随した技術アレコレ
ベストカーWeb
こんなに走りやすいのに30キロって遅くね? 道路の「最高速度」の決め方を知れば「守らなきゃ」の意識が芽生える!
こんなに走りやすいのに30キロって遅くね? 道路の「最高速度」の決め方を知れば「守らなきゃ」の意識が芽生える!
WEB CARTOP
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」にアクティブなイメージを高めるガイザーブルーのボディカラーを設定
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」にアクティブなイメージを高めるガイザーブルーのボディカラーを設定
カー・アンド・ドライバー
トヨタ紡織、北京モーターショー2024に出展
トヨタ紡織、北京モーターショー2024に出展
日刊自動車新聞
琵琶湖をめぐるツーリングラリー「CBTR 2024」の開催概要が発表! 5/14よりエントリー開始
琵琶湖をめぐるツーリングラリー「CBTR 2024」の開催概要が発表! 5/14よりエントリー開始
バイクブロス
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
ベストカーWeb
【20世紀名車ギャラリー】GT性能を磨いたV8スーパースポーツ、1980年式マセラティ・カムシンの肖像
【20世紀名車ギャラリー】GT性能を磨いたV8スーパースポーツ、1980年式マセラティ・カムシンの肖像
カー・アンド・ドライバー
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
AUTOCAR JAPAN
ハースの元代表シュタイナーがF1チーム買収を画策か。RBには高いハードル
ハースの元代表シュタイナーがF1チーム買収を画策か。RBには高いハードル
AUTOSPORT web
スズキ新型「最上級コンパクトミニバン」公開! 新ハイブリッド採用&MT設定もアリ! 専用エアロも超カッコイイ「エルティガ クルーズ」尼での登場に反響も
スズキ新型「最上級コンパクトミニバン」公開! 新ハイブリッド採用&MT設定もアリ! 専用エアロも超カッコイイ「エルティガ クルーズ」尼での登場に反響も
くるまのニュース
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
AUTOCAR JAPAN
ガテン系トヨタ「ハイエース」の効率的な収納方法とは? オバフェン&ローダウンのクールな見た目に似合わない男の現場仕様車を紹介します
ガテン系トヨタ「ハイエース」の効率的な収納方法とは? オバフェン&ローダウンのクールな見た目に似合わない男の現場仕様車を紹介します
Auto Messe Web
チャットGPTのオープンAI、東京オフィス開設へ 自動車業界でも導入広がる生成AI
チャットGPTのオープンAI、東京オフィス開設へ 自動車業界でも導入広がる生成AI
日刊自動車新聞

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.9181.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

136.3359.0万円

中古車を検索
パルサーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.9181.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

136.3359.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村