現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 実質モーターショー?? 改造車の祭典!! オートサロンでお披露目された名車を解説!! 

ここから本文です

実質モーターショー?? 改造車の祭典!! オートサロンでお披露目された名車を解説!! 

掲載 1
実質モーターショー?? 改造車の祭典!! オートサロンでお披露目された名車を解説!! 

 改造車ばかりではない!?!? オートサロンは新車発表の場でもあるらしい!?!? 過去に発表された車好きが思わず欲しくなる名車とは!?!? 大ブームのあの車もあるらしい!! 

文:西川昇吾/写真:ベストカー編集部

実質モーターショー?? 改造車の祭典!! オートサロンでお披露目された名車を解説!! 

[amazonjs asin="4065349648" locale="JP" tmpl="Small" title="カスタムカースペシャル2024 (別冊ベストカー)"] 

■東京オートサロンでのお披露目とは!?!? 

 クルマ好きにとって年明けの大イベントと言えば東京オートサロンだ。

 1983年に「東京エキサイティングカーショー」として始まったこのイベントは、当初改造車の展示といった具合で「改造文化元年」ともアナウンスされていた。

 しかし、今や社会的にも認められ各自動車メーカーも参加するようになり、ここで初披露となるクルマも存在するほどだ。

 今回は、オートサロンで初披露や発表となったクルマたちを振り返ってみよう。

■ここから始まった!! スカイラインGT−R

R33型スカイラインGT-R

 まず歴史のターニングポイントと言える1台がR33型のスカイラインGT-Rだ

 1995年1月の東京オートサロンで正式発表されたのだ。

 自動車メーカーの市販車がこのオートサロンで発表されるということは、このスカイラインGT-Rが初めてのことであり、大きな話題となった。

 その背景には先代R32がチューニングシーンで活躍してきたこと、そしてこの年から改造の規制緩和によりチューニングやカスタマイズがしやすくなったことなどもあるだろう。

 このR33 GT-Rのオートサロンでの発表は、日産がオートサロンとチューニングを認めたことが分かるエピソードとも言えるが、

 その後継モデルであるR34 GT-Rでは更に凄いことが起きた。

 正式発表の場がオートサロンであったのは当然で、なんと事前にチューニングパーツメーカーやショップにGT-Rが納車されており、新車発表と同時にチューニングされたGT-Rがオートサロンを彩っていたのだ。

■WRCの息吹を感じる!? GRヤリス

 記憶に新しいモデルで言えば2020年に初公開されたGRヤリスだ。

 この年のオートサロンはコロナ禍の影響を受ける直前の開催であったが、ショーの中でも最も話題となっていた。

 チューニングやカスタムに興味がある人々が集まるイベントなだけに、クルマ単体はもちろんどのようなパーツが装着されているか、

 どのようなエアロ造形になっているかといった部分を細かに見ている人が多かった印象だ。

 また、WRCマシンと並べて展示されていて、この場で2020年のWRC参戦体制を発表するといったこともあった。

 GRヤリスの東京オートサロンお披露目は、ラリーとの親和性を思わせる実車公開であった。

■カルチャーとしてのカスタムカー!! bB

 オートサロンと言えばスポーツカーをベースにチューニングしたクルマが多いイメージかもしれないが、カスタマイズのジャンルは時代と共に発展し、トレンドも変化し続けている。

 オートサロンで発表された中で、そんな時代の変化を印象付ける1台がbBだ。

 若者をターゲットに、幅広いシーンでの使いやすさとカスタマイズベースの発展性を考慮して開発された初代bB。

 記者発表は2000年2月であったが、その1か月前のオートサロンで初披露となった。そして驚くのが、このオートサロンでは実に11台のカスタマイズされたbBが展示されていたということだ。

 しかもトヨタ系のモデリスタなどにとどまらず、アフターパーツメーカーがカスタマイズしたbBも並べられていたのだ。このエピソードも自動車メーカーがオートサロンを認め始めていた様子が見受けられる。

 今や自動車メーカーにとって大切な披露の場となっている東京オートサロン。それは輸入車メーカーも同じで、国内初披露の場に東京オートサロンを用いることが増えてきた。

 次回の東京オートサロンの足音も聞こえてきたが、各メーカーがどんなモデルを出すのかにも注目したいところだ。

[amazonjs asin="4065349648" locale="JP" tmpl="Small" title="カスタムカースペシャル2024 (別冊ベストカー)"]

こんな記事も読まれています

「ミウラ」「カウンタック」「ストラトス」はガンディーニの作でした! オートモビルカウンシル2024で「追悼展示」が急遽開催
「ミウラ」「カウンタック」「ストラトス」はガンディーニの作でした! オートモビルカウンシル2024で「追悼展示」が急遽開催
Auto Messe Web
クルマの買取もグーネットアプリにおまかせ!相場価格がわかる新サービス、3つの便利なポイント
クルマの買取もグーネットアプリにおまかせ!相場価格がわかる新サービス、3つの便利なポイント
グーネット
「お金なさすぎて家賃払えなくて…」大阪出身“売れっ子芸人”が高級SUV「Gクラス」を納車! 東京で“人生初”の車購入「盛山さんがベンツ購入って感慨深い」「夢あるなー」と反響
「お金なさすぎて家賃払えなくて…」大阪出身“売れっ子芸人”が高級SUV「Gクラス」を納車! 東京で“人生初”の車購入「盛山さんがベンツ購入って感慨深い」「夢あるなー」と反響
くるまのニュース
キドニー・グリルからキンクまで 「BMWらしいデザイン」とは何か 8つの特徴を紹介
キドニー・グリルからキンクまで 「BMWらしいデザイン」とは何か 8つの特徴を紹介
AUTOCAR JAPAN
3/4サイズの「セブン」は50ccの原付きカー! ワンオフで製作してナンバー取得済み。左足アクセル仕様の理由とは【マイクロカー図鑑】
3/4サイズの「セブン」は50ccの原付きカー! ワンオフで製作してナンバー取得済み。左足アクセル仕様の理由とは【マイクロカー図鑑】
Auto Messe Web
「しっとり」と「猛烈」の共存 BMW i5 M60 xドライブ 電動の旗艦が見せた幅広い守備範囲に脱帽
「しっとり」と「猛烈」の共存 BMW i5 M60 xドライブ 電動の旗艦が見せた幅広い守備範囲に脱帽
AUTOCAR JAPAN
自動車のカタログ好きは集まれ! ACC・JAPANが東京交歓会を開催
自動車のカタログ好きは集まれ! ACC・JAPANが東京交歓会を開催
driver@web
B-Max Racing Teamが厚木基地の日米親善春祭りにレースカーを展示。乗車体験やサイン会で盛り上がる
B-Max Racing Teamが厚木基地の日米親善春祭りにレースカーを展示。乗車体験やサイン会で盛り上がる
AUTOSPORT web
ホンダ「ヴェゼル」マイナーチェンジ!アウトドアスタイルの新パッケージ「HuNT」登場!
ホンダ「ヴェゼル」マイナーチェンジ!アウトドアスタイルの新パッケージ「HuNT」登場!
グーネット
メルセデスベンツ『Gクラス』にEV誕生、4モーターで587馬力…北京モーターショー2024
メルセデスベンツ『Gクラス』にEV誕生、4モーターで587馬力…北京モーターショー2024
レスポンス
マルチクラッシュ決着を突破したタイラー・レディックが今季初勝利。MJも現地で祝福/NASCAR第10戦
マルチクラッシュ決着を突破したタイラー・レディックが今季初勝利。MJも現地で祝福/NASCAR第10戦
AUTOSPORT web
藤原慎也、2026年にダカールラリー挑戦へ「自分史上最大のプロジェクト。果てしない過酷な道を走破したい」
藤原慎也、2026年にダカールラリー挑戦へ「自分史上最大のプロジェクト。果てしない過酷な道を走破したい」
AUTOSPORT web
“6速MT”もある新型「トルネオ」!? SUV風デザインが超カッコイイ! 日本でも”最高にちょうどいい“「コンパクトミニバン」とは
“6速MT”もある新型「トルネオ」!? SUV風デザインが超カッコイイ! 日本でも”最高にちょうどいい“「コンパクトミニバン」とは
くるまのニュース
ホンダアクセス、新型ヴェゼル用・純正アクセサリーを発売開始
ホンダアクセス、新型ヴェゼル用・純正アクセサリーを発売開始
月刊自家用車WEB
これからの物流の要となる小型EVトラック普及の鍵! EV充電スポットが「小型EVトラック」にも開放された
これからの物流の要となる小型EVトラック普及の鍵! EV充電スポットが「小型EVトラック」にも開放された
WEB CARTOP
横浜ゴム「GEOLANDAR X-CV」「GEOLANDAR A/T G31」がトヨタ 新型「ランドクルーザー250」に新車装着
横浜ゴム「GEOLANDAR X-CV」「GEOLANDAR A/T G31」がトヨタ 新型「ランドクルーザー250」に新車装着
くるまのニュース
スフィアライトから「純正LEDフォグパワーアップバルブ」が発売
スフィアライトから「純正LEDフォグパワーアップバルブ」が発売
レスポンス
明るい話題だけではやっていけない。メルセデスF1代表、終わらない苦戦から「チームが一歩踏み出す必要がある」
明るい話題だけではやっていけない。メルセデスF1代表、終わらない苦戦から「チームが一歩踏み出す必要がある」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
  • motorider
    昭和時代は改造=違法でした。主に◯◯◯◯族と呼ばれた方々のクルマやバイクがそうでした。今でもその頃のバイクやクルマを見かける事があります。先輩から引き継ぎを頼まれた? 平成の頃から改造はカスタムと呼ぶ様になりました。カスタムの方がカッコイイですね。昭和時代はドアミラーに替えただけでも違法だった。今は規制緩和で自由になりました。先日、ペッタペッタに車高を落し、4輪オーバーフェンダー、大型のリヤスポイラー、爆音マフラーにカスタムしたR35が爆音を響かせながら煽り運転を指摘のを目撃。仕掛けられたクルマは左に避けて進路を譲っていました。あんな高いクルマをあそこまでカスタム出来るのに驚き。下取りが下がる事なんて微塵も思っていないのでしょう。しかし、何処のお店がやってくれたのだろう。まさか自分でやったのかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5193.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.0158.0万円

中古車を検索
bBの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5193.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.0158.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村