サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【日産が実証実験に参画】乗合型移送サービス「とみおかーと」実証実験が10月11日よりスタート。実用化へ向けた検証始まる|日産・京急・横浜市・横浜国立大学の産学官連携

ここから本文です

京急電鉄(京浜急行電鉄)および横浜国立大学、横浜市が2018年より行っている、神奈川県横浜市金沢区富岡エリアにおける「地域交通課題解消に向けた 乗合型移送サービスの実証実験」に、新たに日産自動車が加わり、2020年10月11日から今年度の実証実験が開始される。従来よりもサービス品質を改善し、実用化へ向けた有償サービスの検証も実施する。

 

【なんで“新型”がおつまみなの?】日産がついに異業種参入!?「新型カキノタネ」開発の深層に迫る|その1|

急な坂道、高齢化……。地域活性化に向けた実験横浜市の南部に位置する金沢区の富岡エリア(富岡西・能見台)は、都心などへの通勤圏にあることから、京急電鉄が開発したいわゆるニュータウンである。

おすすめのニュース

サイトトップへ