現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 41】欧州トヨタのフラッグシップ、アベンシスが日本にやって来た!

ここから本文です

【懐かしの国産車 41】欧州トヨタのフラッグシップ、アベンシスが日本にやって来た!

掲載 更新 13
【懐かしの国産車 41】欧州トヨタのフラッグシップ、アベンシスが日本にやって来た!

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「トヨタ アベンシス」だ。

トヨタ アベンシス(2003年)
ヤリス(日本名ヴィッツ)、カローラと並び、ヨーロッパ トヨタの3本柱を形成するのがアベンシスだ。いわゆるDセグメントに属し、セダン/ワゴン/5ドアハッチバックのボディバリエーションがある。ライバルはVW パサート、フォード モンデオ、ルノー ラグナなど。現行型は今年(編集部註:2003年)のジュネーブ モーターショーでデビューし、すでにヨーロッパでは人気が高まりつつある。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

そんなアベンシスが、早くも日本にやって来た。といってもヨーロッパ仕様の先行試乗会なのだが、この試乗会での反響をフィードバックさせて日本仕様を秋には発表させるという。試乗車を10台以上も用意したトヨタのやる気と底力を感じさせられた。

マークIIより100mmほど短いが20mm高く、車幅は同じ。フランスのニースにあるヨーロッパ デザインスタジオで手がけられたスタイル(オリジナルスケッチはヨーロッパ人デザイナー)は、フロントグリルのマークがなければトヨタ車とは思えない。ボンネットからグリルを経てバンパーに連なるラインは、なかなか力強い。全体的に骨太な印象だ。

インテリアは必要以上に高級感はないが、上質で落ち着いた雰囲気のあるものだ。試乗車は中間グレードのSOLというモデルだったが、ウッド調パネルや本革巻きステアリングも採用し、ステアリングのトヨタマークがなければドイツ製サルーンかと思えてしまう。シートはヨーロッパ仕様そのままなので、平均的日本人には少し大ぶりで、座面の圧力も強めに感じられる。マークIIよりホイールベースは80mm短いが、前後シート間の距離(カップルディスタンス)は935mmと25mm長い。リアシートは、このクラスとしてはヘッド&フットスペースとも十分だ。トランクルームもライバルたちより広い。

今回の試乗車は、セダンとワゴン。エンジンは1.6/1.8/2Lのガソリンと2Lのディーゼルが設定されているが、今回の試乗車は2Lの直噴ガソリンで、ミッションはマニュアルモード付きの4速AT。基本的にはヨーロッパ仕様のままだが、日本での試乗用にスピードメーターを180km/hスケールに、ナビやオーディオも日本用に変更されている。

試乗日はあいにくの雨だったが、2Lの直噴エンジンは市街地から高速まで十分なパワーを発揮し、常用域でのハンドリングも素直だ。先代セルシオ並みに抑えられたという静粛性で、雨の日でもアイドリングはもとより高速域でも静かだ。形状にこだわったというドアミラーの風切り音も皆無に近い。17インチタイヤを履いているにもかかわらず乗り心地は悪くなく、スタイルに見合ったしっかりした乗り味だ。

60~70km/hくらいで不整路面を走っていると、フロア振動が少し気になったこと。ラチェット式マニュアル操作のシートリクライニングが使い難いこと。また前述のようにシートの座感が体重の軽い(?)日本人にはフィットしにくいなどの気になる面も少々あったが、日本仕様にはフィードバックされて改善されるに違いない。

気になる価格は、250万円くらいになるだろうか? Dセグメントのヨーロピアン サルーン&ワゴンの購入を検討しているなら、アベンシスが登場する秋まで待った方がいいかもしれない。

■トヨタ アヴェンシス セダン(欧州仕様) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4630×1760×1480mm
●ホイールベース:2700mm
●車重:1360-1405kg
●エンジン形式:直4・4バルブDOHC・横置きFF
●排気量:1998cc
●最高出力:108kw(147ps)/5700rpm
●最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm
●ミッション:4速AT(マニュアルモード付き)
●タイヤ:215/45R17

[ アルバム : トヨタ アベンシス はオリジナルサイトでご覧ください ]

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

キャンピングカー人気ランキング発表、軽キャンパーが上位独占…キャンピングカーランキング 6月
キャンピングカー人気ランキング発表、軽キャンパーが上位独占…キャンピングカーランキング 6月
レスポンス
WECサンパウロでフロントロウ独占! トヨタ小林可夢偉代表「ここまでは良い流れ」。一方でF1関与の噂については「知らないんですよ」
WECサンパウロでフロントロウ独占! トヨタ小林可夢偉代表「ここまでは良い流れ」。一方でF1関与の噂については「知らないんですよ」
motorsport.com 日本版
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
くるまのニュース
ライダーには嬉しい「二輪車定率割引」! その目的とは
ライダーには嬉しい「二輪車定率割引」! その目的とは
バイクのニュース
車とアクションカメラ「GoPro」をセットで借りる!…オリックスレンタカーとGOOPASS
車とアクションカメラ「GoPro」をセットで借りる!…オリックスレンタカーとGOOPASS
レスポンス
トライトンが全力でラリーに挑む!! 北海道の大自然に4WDマシンが映えるぜ CX-5やハイラックスの活躍も見逃すな!!!
トライトンが全力でラリーに挑む!! 北海道の大自然に4WDマシンが映えるぜ CX-5やハイラックスの活躍も見逃すな!!!
ベストカーWeb
ポルシェ、環境負荷を低減させたアルミ素材の使用拡大へ…ハイドロ社と協力
ポルシェ、環境負荷を低減させたアルミ素材の使用拡大へ…ハイドロ社と協力
レスポンス
「誰のクルマ…?」 “無断駐車”されたらどうすればいい? 気になる対処法と予防策は?
「誰のクルマ…?」 “無断駐車”されたらどうすればいい? 気になる対処法と予防策は?
くるまのニュース
バイクは思っているよりも小さい!? 走行時に気をつけたいこと
バイクは思っているよりも小さい!? 走行時に気をつけたいこと
バイクのニュース
レッドブルとは違うんで。マクラーレン、絶対王者とのF1タイトルマッチで“勝利至上主義”は採らず「真っ向勝負で戦う」
レッドブルとは違うんで。マクラーレン、絶対王者とのF1タイトルマッチで“勝利至上主義”は採らず「真っ向勝負で戦う」
motorsport.com 日本版
アウディ『A5』新型、7月16日発表へ…新モデル20車種の先陣に
アウディ『A5』新型、7月16日発表へ…新モデル20車種の先陣に
レスポンス
日本で一番売れているSUV! ホンダ新型「ヴェゼル」はなぜ人気? 全長4.3mのコンパクトSUVの“他にない魅力”とは
日本で一番売れているSUV! ホンダ新型「ヴェゼル」はなぜ人気? 全長4.3mのコンパクトSUVの“他にない魅力”とは
VAGUE
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
ベストカーWeb
ミシュランタイヤ4種類を雨の中で一挙にテスト! 試乗の中で体感した「サステナブル性能」とは?
ミシュランタイヤ4種類を雨の中で一挙にテスト! 試乗の中で体感した「サステナブル性能」とは?
くるまのニュース
2024年前半戦も苦戦のホンダ、待たれる大幅アップデートは後半戦のいつ?/MotoGP第9戦ドイツGP
2024年前半戦も苦戦のホンダ、待たれる大幅アップデートは後半戦のいつ?/MotoGP第9戦ドイツGP
AUTOSPORT web
約110万円! 三菱の新型「軽トラック」発表に大反響! “5MT”&オシャグリーン設定アリ! 「みのり」も用意の「ミニキャブトラック」が販売店でも話題に
約110万円! 三菱の新型「軽トラック」発表に大反響! “5MT”&オシャグリーン設定アリ! 「みのり」も用意の「ミニキャブトラック」が販売店でも話題に
くるまのニュース
ヒストリックカーで八ヶ岳を望む爽快ツーリング…THE清里RUN エシカルミーティング2024夏
ヒストリックカーで八ヶ岳を望む爽快ツーリング…THE清里RUN エシカルミーティング2024夏
レスポンス
コンビニでのトイレだけ利用はマナー違反? アメリカはむしろ逆だったドライブ中のトイレ問題
コンビニでのトイレだけ利用はマナー違反? アメリカはむしろ逆だったドライブ中のトイレ問題
WEB CARTOP

みんなのコメント

13件
  • Dセグで250万円位って、トヨタも苦労してたんだな。バブル崩壊後。
  • 欧州トヨタのフラッグシップではあるが、
    日本ではビスタの後継としてリリースされた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1347.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.879.0万円

中古車を検索
アベンシスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1347.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.879.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村