サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JR貨物が次世代バイオディーゼル燃料の使用開始 越谷貨物ターミナル駅での使用をユーグレナと合意

ここから本文です
 ユーグレナと日本貨物鉄道(JR貨物)は13日、越谷貨物ターミナル駅(埼玉県越谷市)構内のコンテナ移送トラックで、ユーグレナが製造、販売する次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用することで合意したと発表した。10月1日より使用を開始しており、年間調達量は2388リットルを見込む。

 JR貨物が使用するバイオディーゼル燃料は、使用済み食用油とユーグレナ(ミドリムシ)を原料として製造されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン