現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型フォード・エクスプローラー 欧州発表 次世代EV「アメリカン・スピリット」強調

ここから本文です

新型フォード・エクスプローラー 欧州発表 次世代EV「アメリカン・スピリット」強調

掲載 5
新型フォード・エクスプローラー 欧州発表 次世代EV「アメリカン・スピリット」強調

欧州フォードの新時代を開拓

フォードの新しい時代が始まった。新型「エクスプローラー(Explorer)」は、フォードのアメリカンスピリットを受け継ぎながら、欧州市場向けに、欧州で設計・製造される電動SUVなのだ。

【画像】米国発SUVエクスプローラーが大モデルチェンジ【新型フォード・エクスプローラーを写真でじっくり見る】 全38枚

2023年半ばから、ドイツのケルン工場(現在はフィエスタを生産)で生産が開始される予定だ。全長4460mmと、クラスとしてはコンパクトSUVとミドルサイズSUVのほぼ中間に位置しており、ジープ・アベンジャーやミニ・エースマン、ヒョンデ・アイオニック5、スコダ・エンヤクiVまで、あらゆる車種と競合することなる。

欧州における重要な新製品であり、これまでのフィエスタ、フォーカス、モンデオとは一線を画す「アメリカンネス(American-ness、米国らしさ)」をコンセプトに、新しい設計を取り入れた乗用EVである。

欧州フォードの責任者であり、EV部門「モデルE」の責任者も務めるマーティン・サンダー氏は、「フォードの真のDNAにもう少し傾注し、そのルーツに立ち返れば、フォードは欧州でビジネスを続けている唯一の米国の象徴的な自動車会社です。ブランドを再ポジショニングし、このDNAを軸に新しい体験の世界を創造する大きなチャンスがあると思います」と話す。

エクスプローラーは、フォルクスワーゲンのEV用プラットフォーム「MEB」をフォードとして初めて採用したEVである。フォードによると、フォルクスワーゲンのID.3とID.4の中間に位置するサイズを選択したのは、この2車と直接競合することを避けるための意識的な決定だったという。

最もパワフルな仕様では、前後にモーターを搭載して四輪駆動とし、合計出力340psと55.5kg-mのトルクを発揮する。

また、後輪駆動モデルでは170psと286psの2種類のパワーオプションが用意されている。バッテリーについてはまだ詳細が明らかにされていないが、最も脚の長い「マックス」仕様で最大500kmの航続距離を目標としている。予想としては、エントリーモデル向けの52kWhバッテリーと、アウディQ4 eトロンで508kmを謳う77kWhバッテリー(いずれも170kWの速度で充電可能)が用意されるのではないかと思われる。

欧州向けに「米国らしさ」を強調

フォルクスワーゲン・グループのプラットフォームを使用するものの、エクスプローラーは「米国ブランド」を前面に押し出している。エクステリアデザイン・マネージャーのジョーダン・デムキウ氏は、「わたし達は米国企業であり、そのことを強調したい」と語っている。

デザインの点では、エクスプローラーは欧州フォードの新時代の旗手である。欧州デザインスタジオの責任者であるアムコ・リーナーツ氏は現在、欧州市場向けの全車種のデザインを見直そうとしている。

乗用車はまず、「アドベンチャラス・スピリット」の旗印の下に規定された4つのデザインの柱に従って分類されることになった。ブロンコのようなオフロード車は「アルティメット・アウトドア」、マスタングのシリーズは「ワイルド・パフォーマンス」、都市部に特化したプーマは「アーバン・エスケープ」、そしてクーガやエクスプローラーのような家族向けSUVは「アクティブ・アドベンチャー」に振り分けられる。

リーナーツ氏はAUTOCARの取材に対し、新型エクスプローラーは従来のエクスプローラーとは明らかに異なる製品であるが、同じキャラクターを体現することが重要である、と語った。「アドベンチャラス・スピリット(冒険心)を表現する最初のクルマであることは、驚くことではないと思います。このクルマは、フォードの冒険的な精神を伝えるのに適したポジショニングを持っています」

さらに、フォードは他の歴史的な車名を再展開し、新製品にブランドのレガシーを付与していくことを検討中だという。「一般的に、新しい領域にネームプレートを持ち込むことは、世間一般に好まれていると思います」

「それが目標です。顧客のニーズを考慮しながら、よりクリエイティブな方法でそれらのネームプレートを拡張することができるのです。そして率直に言って、マスタングにはそれができましたし、エクスプローラーにも可能であることが証明されました。これから出てくる他のネームプレートにも、拡張できると感じるものがあります」

しかし、リーナ―ツ氏はどの車名が使われることになるのか具体的な言及は避けた。今回のエクスプローラーだけでなく、プーマやマスタング・マッハE、ブロンコなど、すでに多くの「銘板」が復活を遂げている。

使い勝手を重視したインテリア設計

新型エクスプローラーのミニマムでアップライトな2ボックスシルエットは、人気の高いブロンコやF-150を意識したものであることは明らかだが、シニアデザイナーのリヴィウ・テュドラン氏は「あらゆる技法」を駆使して、空力的に効率がよく、室内空間もできるだけ広くなるようにしたと言う。

テュドラン氏によれば、新しいエンブレムを持つフロントエンド、車両全体を包み込むベルトライン、「寛大」なホイールアーチ、ブラックのピラーでコントラストを効かせたフローティングルーフなどが、新型車の特徴であるとのことだ。

MEBプラットフォームのフラットフロアとモジュール性により、比較的コンパクトなボディサイズで「大型車」のクオリティを実現できると、デザインチームはアピールしている。

ボンネットの下には収納がないが、プーマと同様、トランクフロアの下に「秘密」のロードベイを備えており、フロントシートの間にある容量17Lの「メガコンソール」は、市販車では最大級の収納だ。トランク容量はマスタング・マッハEよりも大きい450Lで、シートを倒せば1400Lに拡大できる。

15.0インチのポートレート型タッチスクリーン(標準装備)は、フォードのインフォテインメント・プラットフォーム「Sync」の最新版を搭載し、角度を変えることが可能だ。スクリーンを傾けると、センターコンソールに肘をついて、よりリラックスした姿勢で使用できるという。

ほとんどの主要機能はスクリーンで制御し、使用頻度の高いクライメートコントロールのインターフェースは常時表示される。また、バイブレーション機能を持つボリューム調整用タッチスライダーなど、使いやすさに配慮した物理・触覚コントロールが装備されている。

こんな記事も読まれています

なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
くるまのニュース
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
AUTOSPORT web
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ベストカーWeb
スズキ「アルト」が200台以上集結! 希少なスライドドア仕様や「ハッスル」の姿もあった「あると祭2024」とは
スズキ「アルト」が200台以上集結! 希少なスライドドア仕様や「ハッスル」の姿もあった「あると祭2024」とは
Auto Messe Web
「C」のつく環状の高速道路、全部いえるかな? Cの路線番号は首都圏だけじゃない!【知らなかった! 道路のトリビア】
「C」のつく環状の高速道路、全部いえるかな? Cの路線番号は首都圏だけじゃない!【知らなかった! 道路のトリビア】
くるくら
スーパーGTマシンを彷彿とさせるトムスのエアロで、プリウスをよりアグレッシブに仕上げる
スーパーGTマシンを彷彿とさせるトムスのエアロで、プリウスをよりアグレッシブに仕上げる
Webモーターマガジン
ほぼ200万円! イチバン安い「国産ミニバン」はどんなモデル? 国産車では“ダントツの安さ”でも「十分すぎる装備」のクルマとは
ほぼ200万円! イチバン安い「国産ミニバン」はどんなモデル? 国産車では“ダントツの安さ”でも「十分すぎる装備」のクルマとは
くるまのニュース
[car audio newcomer]日産 サニー(石原怜さん)by Warps 後編
[car audio newcomer]日産 サニー(石原怜さん)by Warps 後編
レスポンス
子どもと読みたいキャンプ絵本!「テントーむし」が6/19発売!
子どもと読みたいキャンプ絵本!「テントーむし」が6/19発売!
バイクブロス
新型[GR86]は300馬力超えのハイブリッドに!! 新型[LFA]も登場なるか!? 2025年登場予定のスポーツカー6選
新型[GR86]は300馬力超えのハイブリッドに!! 新型[LFA]も登場なるか!? 2025年登場予定のスポーツカー6選
ベストカーWeb
超画期[ぶつけられても安心]なウレタンボディ採用!! 200台限定の[C4カクタス]が運転にコツがいる理由とは?
超画期[ぶつけられても安心]なウレタンボディ採用!! 200台限定の[C4カクタス]が運転にコツがいる理由とは?
ベストカーWeb
「愛車がゲームボーイで盗まれました。」 深夜に「トヨタ・ランクル300」姿消すも… 24時間後には発見、なぜ? 盗難後すぐやるコトは?
「愛車がゲームボーイで盗まれました。」 深夜に「トヨタ・ランクル300」姿消すも… 24時間後には発見、なぜ? 盗難後すぐやるコトは?
くるまのニュース
クルマに「味の素、入ってる」ってマジ? 半導体なくして成り立たない現代の自動車に使われる「味の素」の技術とは
クルマに「味の素、入ってる」ってマジ? 半導体なくして成り立たない現代の自動車に使われる「味の素」の技術とは
WEB CARTOP
レバー&ステップバーのお得な4点セット!「ブースターキット」がアクティブから発売
レバー&ステップバーのお得な4点セット!「ブースターキット」がアクティブから発売
バイクブロス
ヤマハ、走行性能と質感向上を図った『MT-09 SP ABS』2024年モデルを7月24日から発売
ヤマハ、走行性能と質感向上を図った『MT-09 SP ABS』2024年モデルを7月24日から発売
AUTOSPORT web
職場の人間関係が面倒! そんな人にとって、一匹狼の「タクシードライバー」は理想的な仕事なのだろうか?
職場の人間関係が面倒! そんな人にとって、一匹狼の「タクシードライバー」は理想的な仕事なのだろうか?
Merkmal
ジャガーのスポーツカー『Fタイプ』、最後の1台を「ヘリテージコレクション」に収蔵へ
ジャガーのスポーツカー『Fタイプ』、最後の1台を「ヘリテージコレクション」に収蔵へ
レスポンス

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索
エクスプローラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村