サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「プラグインハイブリッド研究」トヨタRAV4・PHVデビュー後、あらためて見る三菱アウトランダーPHEVの完成度

ここから本文です

「プラグインハイブリッド研究」トヨタRAV4・PHVデビュー後、あらためて見る三菱アウトランダーPHEVの完成度

プラグインハイブリッドのパイオニア。2018年秋に各部を大幅改良

 アウトランダーPHEVは、2012年末に発売されたロングライフモデルである。2018年秋に駆動用バッテリーの容量を増すとともに、リアモーター出力を10%以上アップ。組み合わせるエンジンを2リッターから2.4リッターユニットに変更するなどの大幅なリファインを実施した。メカニズムの大幅刷新にまで踏み込んだ積極的な改良で、現在でも高い商品性をキープしている。日本におけるプラグインハイブリッドのパイオニアであり、ベストセラーだ。

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」4輪駆動力制御搭載。三菱エクリプスクロスのソリッドな走り、そのこだわり

 満充電時のEV走行可能距離は57.6km。日常領域で洗練されたパフォーマンスが味わえ、4輪の駆動力を緻密に制御したハンドリングの完成度も高い。日本のSUVの中でトップレベルの「ドライバーズカー」である。

EVの一種として開発。アウトランダーは急速充電に対応

 トヨタと異なって「PHEV」を名乗るのは、「EVの一種」というイメージを強調する狙いがあるからだ。また、RAV4とは異なり急速充電に対応している。これはピュアEVのi-MiEVの導入を計画した三菱自動車が、チャデモ方式の急速充電規格の普及を強力に推進したという経緯も関係しているのだろう。

 動力性能面を筆頭にEV航続距離や燃費性能は、さすがに最新モデルのRAV4に対して劣勢は否めない。
 価格という点ではアドバンテージを持つものの、各部のリファインではなく、「完全な刷新」への期待が高まる時期を迎えている、といえそうだ。

(注:RAV4・PHVは現在受注ストップ中、再開は未定です)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します