現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友ゴム スマホアプリ対応のタイヤ摩耗検知システムを村田製作所と共同開発

ここから本文です
住友ゴム スマホアプリ対応のタイヤ摩耗検知システムを村田製作所と共同開発
写真を全て見る(2枚)

住友ゴムは2024年4月10日、 タイヤ形状を三次元でとらえて摩耗を検知し、ユーザーへデータでフィードバックするタイヤ摩耗検知システムを村田製作所と共同開発していることを発表した。このシステムは、2025年から順次ダンロップ直営店(タイヤランド)で実証を開始する予定だ。

タイヤの摩耗を確認するためには、従来、専用のツールを用いて人が主溝の深さを計測するため、緻密な計測値を要する場合では計測条件等により誤差が発生することがある。またタイヤの偏摩耗については、主に目視で判断し、作業者の熟練の程度により正確性を高めていた。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

モルフォ、AI活用の走行キャリブレーション技術を提供開始…人とくるまのテクノロジー展 2024に出展予定
モルフォ、AI活用の走行キャリブレーション技術を提供開始…人とくるまのテクノロジー展 2024に出展予定
レスポンス
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
Auto Prove
走行中でも純正ナビでテレビ視聴! データシステムのTV-KITにレクサス『LBX』の適合が追加
走行中でも純正ナビでテレビ視聴! データシステムのTV-KITにレクサス『LBX』の適合が追加
レスポンス
【人とクルマのテクノロジー展2024】SUBARU 持続可能な社会に向けての取り組みをコンセプトに出展
【人とクルマのテクノロジー展2024】SUBARU 持続可能な社会に向けての取り組みをコンセプトに出展
Auto Prove
ボルグワーナー LFPバッテリーの供給と電動化主要最新コンポーネントを公開
ボルグワーナー LFPバッテリーの供給と電動化主要最新コンポーネントを公開
Auto Prove
グッドイヤー ウルトラハイパフォーマンスのEAGLE F1 ASYMMETRIC 6のサイズ拡大で、旧車スポーツにも対応
グッドイヤー ウルトラハイパフォーマンスのEAGLE F1 ASYMMETRIC 6のサイズ拡大で、旧車スポーツにも対応
Auto Prove
【人とくるまのテクノロジー展2024】スズキ 牛糞からのバイオ・メタンガスを使った環境対応車を展示
【人とくるまのテクノロジー展2024】スズキ 牛糞からのバイオ・メタンガスを使った環境対応車を展示
Auto Prove
〈人テク展2024横浜〉住友電工、自動運転可能な電動小型モビリティを初公開
〈人テク展2024横浜〉住友電工、自動運転可能な電動小型モビリティを初公開
日刊自動車新聞
ホンダ 電動化を機に四輪収益体質改善の「2024ビジネスアップデート」を説明
ホンダ 電動化を機に四輪収益体質改善の「2024ビジネスアップデート」を説明
Auto Prove
トヨタ シエンタの一部改良でコネクティビティや外部給電などより便利に
トヨタ シエンタの一部改良でコネクティビティや外部給電などより便利に
Auto Prove
ティアフォーがロボットタクシーの実証を開始
ティアフォーがロボットタクシーの実証を開始
レスポンス
グッドイヤー WEC LMGT3用タイヤに投入するサスティナビリティへの取り組みを発表
グッドイヤー WEC LMGT3用タイヤに投入するサスティナビリティへの取り組みを発表
Auto Prove
スマホの冷却と充電が同時にできる! 冷却機能付き車載ホルダーが登場
スマホの冷却と充電が同時にできる! 冷却機能付き車載ホルダーが登場
月刊自家用車WEB
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
THE EV TIMES
ついにEV“充電レス”!? 世界初の「次世代ソーラーEV」実証開始 電池は“超極薄”
ついにEV“充電レス”!? 世界初の「次世代ソーラーEV」実証開始 電池は“超極薄”
乗りものニュース
キャタピラーがCSPI-EXPO 2024に出展…オペレータをリスクの高い作業環境から回避
キャタピラーがCSPI-EXPO 2024に出展…オペレータをリスクの高い作業環境から回避
レスポンス
トヨタ 改良された液体水素燃料車のカローラH2コンセプトで富士24時間レースに出場
トヨタ 改良された液体水素燃料車のカローラH2コンセプトで富士24時間レースに出場
Auto Prove
グーグルマップが狭い道をルート案内してしまうのはなぜ? 人気ナンバーワン「無料地図アプリ」の“泣き所”とは?
グーグルマップが狭い道をルート案内してしまうのはなぜ? 人気ナンバーワン「無料地図アプリ」の“泣き所”とは?
VAGUE

みんなのコメント

1件
  • ********
    これぞ、日本の技術力って感じだな。
    こんなことばっかやってっから、中国に追い抜かれたんだよ。
    ばっかじゃねーの。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村