サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【絶滅寸前!?それとも生き残れるか!??】「四角いクルマ」の生きる道

ここから本文です

 豆腐、角刈り、スマホ……。世の中を見渡すと「四角いカタチ」は浸透している。が、自動車業界ではそのカタチがどうにも根付かないかもしれない。

 先日明るみになった「日産キューブ、2019年12月末で生産終了(販売は来年春まで」の報。これを耳にした時「またか」と思い、「まさか」とも感じた。振り返ると、四角いカタチのクルマが誕生しては消えていく。これが日本車の歴史の一端だ。

【こんな車もう出ない!?】驚くほどの超個性派!! エポックメイキングな軽自動車 5選

 日産キューブも「またか」の一台に加わるわけだが、「まさか」という衝撃もある。キューブは現行日本車の「四角いクルマの雄」といっていいからだ。